A. マレーvs ラモス ビノラス試合結果詳細:「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」2017年準々決勝

2017年4月28日、「バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」では準々決勝(ベスト8)の試合が行われ、大会第1シード アンディ・マレー(イギリス)はアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)と対戦した。

両者は、直前の大会である「モンテカルロRolexマスターズ(ATP1000)」ベスト16でも対戦したばかり。両者は同い年であるが、公式試合初めての対戦であった。

そして、初対戦にて、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)がアンディ・マレー(イギリス)に勝利。世界ランキング1位がまさかのベスト16での敗退となった。その後、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)は大会準優勝を果たしている。

アンディ・マレー(イギリス)は敗戦の翌日、今大会「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」への出場を発表。シード・エントリー時は出場予定でなかったため、急遽、ワイルドカードでの出場権を獲得した。

アンディ・マレー(イギリス)は大会開催前のインタビューに対し、”クレーコートでの仕上がりはこれまでになく良い” と今大会への意気込みを語っている。

アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)は開催地であるバルセロナの出身。地元での更なる活躍に期待がかかる。

アンディ・マレー(イギリス)vs. アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)、「バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」準々決勝の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

A マレーのサーブで試合開始。A マレー、ラブゲームで初めのサービスゲームをキープ。

第2ゲーム

A. ラモス ビノラス、キープ。(スコア:A. マレー 1-1 A. ラモス ビノラス)

第3ゲーム

A マレーのサービス。A. マレーのダブルフォルトで、A. ラモス ビノラスが2ブレイクポイントを獲得。
1ポイントはA. マレーがセーブするが、続くラリーでA. マレーのショットがラインを越え、A. ラモス ビノラスがブレイクに成功。(スコア:A. マレー 1-2 A. ラモス ビノラス)

第4ゲーム

A. ラモス ビノラス、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:A. マレー 1-3 A. ラモス ビノラス)

第5ゲーム

A マレーのサービス。A. マレーのダブルフォルトでジュースとなる。
A. マレーのドロップショットはネットに阻まれ、A. ラモス ビノラスがブレイクポイントを獲得。ラリーでA. マレーのショットがラインを越え、A. ラモス ビノラスが再度のブレイクに成功。(スコア:A. マレー 1-4 A. ラモス ビノラス)

第6ゲーム

A. ラモス ビノラスのサービス。A. マレーがブレイクポイントを獲得。A. ラモス ビノラスのセーブでジュースとなり、A. ラモス ビノラスがサービスゲームをキープ。(スコア:A. マレー 1-5 A. ラモス ビノラス)

第7ゲーム

A マレーのサービス。ジュースとなるが、A. マレーが試合2度目のエースを決めアドバンテージを獲得。A. マレーがゲームキープ。(スコア:A. マレー 2-5 A. ラモス ビノラス)

第8ゲーム

A. ラモス ビノラスのサービス for the セット。A. ラモス ビノラス、キープ。(スコア:A. マレー 2-6 A. ラモス ビノラス)

第1セットをA. ラモス ビノラスが獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

A マレーのサーブで試合再開。A. マレー、キープ。

第2ゲーム

A. ラモス ビノラス、キープ。

第3ゲーム

A マレー、キープ。ゲーム中、A. ラモス ビノラスのショットがアウトの判定となるも、A. マレーがIN であったと指摘し、審判が確認。判定はINに訂正されA. ラモス ビノラスがポイントを獲得。A. マレーのフェア・プレーに会場から拍手が送られる。

第4ゲーム

A. ラモス ビノラス、キープ。A. ラモス ビノラス、スーパーショットのダウン・ザ・ラインを2度決める。(スコア:A. マレー 2-2 A. ラモス ビノラス)

第5ゲーム

A マレー、キープ。(スコア:A. マレー 3-2 A. ラモス ビノラス)

第6ゲーム

A. ラモス ビノラス、キープ。(スコア:A. マレー 3-3 A. ラモス ビノラス)

第7ゲーム

A マレーのサービス。A. マレーにダブルフォルトがあり、A. ラモス ビノラスが2ブレイクポイントを獲得。A. マレーのセーブ、A. ラモス ビノラスのミスでジュースとなる。A. マレーがフォアファンド・ウィナーを決め、サービスゲームをキープ。(スコア:A. マレー 4-3 A. ラモス ビノラス)

第8ゲーム

A. ラモス ビノラス、キープ。(スコア:A. マレー 4-4 A. ラモス ビノラス)

第9ゲーム

A マレーのサービス。A. ラモス ビノラスが3ブレイクポイントを獲得。A. マレーがリスクを冒し、ネット際へ出る積極的なプレーを展開。A. マレーがスーパープレーを連発しセーブ、ジュースとなる。A. マレー、サービスゲームをキープ。(スコア:A. マレー 5-4 A. ラモス ビノラス)

第10ゲーム

A. ラモス ビノラスのサービス。A. マレーがブレイクポイント(セットポイント)を獲得、続いてネットプレーを制し、ブレイクに成功。(スコア:A. マレー 6-4 A. ラモス ビノラス)

第2セットはA. マレーが獲得、試合は最終第3セットへ。

Set 3

第1ゲーム

A マレーのサーブで試合再開。A. ラモス ビノラスがブレイクポイントを獲得。A. マレーがセーブしジュースとなる。A. ラモス ビノラスが再度ブレイクポイントを獲得、第3セット早々のブレイクに成功。(スコア:A. マレー 0-1 A. ラモス ビノラス)

第2ゲーム

A. ラモス ビノラスのサービス。A. ラモス ビノラスが3ゲームポイントを迎えるが、その後にミスがあり、ジュースとなる。A. ラモス ビノラスがブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:A. マレー 0-2 A. ラモス ビノラス)

第3ゲーム

A マレー、キープ。(スコア:A. マレー 1-2 A. ラモス ビノラス)

休憩中、A. ラモス ビノラスが足裏の治療に入り、メディカルタイムアウトを取得。

第4ゲーム

A. ラモス ビノラスのサービス。A. マレーが3ブレイクポイントを獲得、ブレイクバックに成功。(スコア:A. マレー 2-2 A. ラモス ビノラス)

第5ゲーム

A マレー、キープ。(スコア:A. マレー 3-2 A. ラモス ビノラス)

第6ゲーム

A. ラモス ビノラス、キープ。(スコア:A. マレー 3-3 A. ラモス ビノラス)

第7ゲーム

A マレー、キープ。(スコア:A. マレー 4-3 A. ラモス ビノラス)

第8ゲーム

A. ラモス ビノラス、キープ。(スコア:A. マレー 4-4 A. ラモス ビノラス)

第9ゲーム

A マレーのサービス。A. ラモス ビノラスがブレイクポイントを獲得、ブレイクに成功。(スコア:A. マレー 4-5 A. ラモス ビノラス)

第10ゲーム

A. ラモス ビノラスのサービス for the マッチ。A. マレーが2ブレイクポイントを獲得。続くA. ラモス ビノラスのショットはラインを越え、A. マレーがブレイクバックに成功。(スコア:A. マレー 5-5 A. ラモス ビノラス)

第11ゲーム

A マレー、キープ。(スコア:A. マレー 6-5 A. ラモス ビノラス)

第12ゲーム

A. ラモス ビノラス、キープ。(スコア:A. マレー 6-6 A. ラモス ビノラス)

第3セットは両者譲らず、試合はタイブレイクに突入。

タイブレイク

スコア:A. マレー – A. ラモス ビノラス 太字:ミニブレイク

1-0, 2-0 3-0, 4-0 4-1, 4-2 4-3, 5-3 6-3, 6-4 7-4

タイブレイクをA. マレーが制し第3セットを獲得、試合に勝利(2-6 6-4 7-64)。3時間0分で試合終了。

アンディ・マレー(イギリス)は準決勝に進出し、ドミニク・ティエム(オーストリア)と対戦する。
ドミニク・ティエム(オーストリア)は、準々決勝で杉田祐一(日本)と対戦し勝利している。

準々決勝 他の試合結果

ナダルvs ラモス ビノラス試合結果詳細:「モンテカルロRolexマスターズ」2017年決勝

ナダルvs ラモス ビノラス試合結果詳細:「モンテカルロRolexマスターズ」2017年決勝
2017年4月23日、「モンテカルロRolexマスターズ(ATP1000)」決勝戦が行われ、ラファエル・ナダル(スペイン)と...

Summary

A. マレー 2-6 6-4 7-64 A. ラモス ビノラス
2本 エース 2本
36 ウィナー 23
6 ダブルフォルト 1
52 Unforced エラー 34
46 % 第1サーブ 率 61 %
72 % 第1サーブ ポイント
獲得率
63 %
51 % 第2サーブ ポイント
獲得率
54 %
100 % ブレイクポイント
成功率
36 %
100 ポイント獲得合計 96

トーナメント表(ドロー)

同時期開催の他の大会