【最新】ATPランキングレースTOP20:世界テニス男子シングルス

※ チチパス、ズベレフ、ATPファイナル出場権獲得!

(ツアー再開後、2020年はレース公表停止)

ATPワールドツアー・ファイナルに向けた「レース」である、ATPランキングレースのTOP 20 を紹介する。

ランキング表へのジャンプ
※ 2020年については、8月24日以降、ATPランキングレースの公表が中止となった。(詳細は後述)

ATP ランキング「レース」は、その年の活躍を評価するランキング。
今シーズンどれだけのポイントを獲得したか、で順位が決定される。年初※に過去のポイントはリセットされ、全ての選手がポイントゼロからスタートする。

2020年は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、ATPツアー及び他の全ての大会は、3月12日以降中止・延期された。

ATPワールドツアーは、8月22日本選開始のシンシナティ(ニューヨーク)「ウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」(8月22日~29日)で再開したが、ATPランキングレースについては、8月24日以降の公表が停止された。

2020年のレース公表停止

2020年7月6日(現地時間)、ATP はツアー再開後のATP世界ランキングの計算方法を発表した。
「ATP ランキングレース」については、ツアー再開後、2021年までランキングが公表されないこととなった。

シーズン終わりにロンドンで開催されるATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)へのシングルスの出場資格は、2020年については、「ATP ランキングレース」ではなく、2020年11月9日付「ATP世界ランキング」の上位8名が選出される。

2020年11月9日付「ATP世界ランキング」は、2019年3月~2020年11月9日まで※のうち最高18大会と2020年ATPカップで獲得したポイントで算出される。
※ 計算期間は2019年3月~2020年12月までの22ヶ月

2020年ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)においては、2019年3月から直近までの成績上位者が頂点を争うこととなる。

ただし、今後も、ツアースケジュール、新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの状況によっては、再度の見直しがあり得る。

2020年ATPファイナル出場者

【2020年8月15日追記】
2020年8月14日(現地時間)、ATPが2020年残りシーズンの大会スケジュールを発表した。
これにより、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ドミニク・ティーム(オーストリア)の2020年「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」出場権獲得が確定!

ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」出場権は、2020年においては、ATPランキングレースではなく、ツアー再開後の「ATP世界ランキング」、つまり過去22ヶ月での成績によって選出される。

昨シーズンを含め、最高の成績を収めた上位3選手、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ドミニク・ティーム(オーストリア)にまずは出場権が渡された。

ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」出場権は、ラファエル・ナダル(スペイン)は16年連続16回目、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は13回目、ドミニク・ティーム(オーストリア)は5年連続5回目の獲得となる。

【2020年9月14日追記】
2020年4番目に「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場権を獲得したのは、ダニール・メドベデフ(ロシア)!

ダニール・メドベデフ(ロシア)は、2020年グランドスラム「全米オープン」で準決勝に進出。
準々決勝までは全てストレートで勝利を収め、独特の攻撃的なプレーで魅了した。
そして、シーズン4人目の2020年「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」出場権を獲得。
ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場は、昨年に続き2度目となる。

なお、2020年はツアー中断を加味した特別ルールが適用されているため、ダニール・メドベデフ(ロシア)のポイントでは、2019年のグランドスラム「全米オープン」準優勝、シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」優勝のポイントが採用となっている。

【2020年10月12日追記】
続けて、ステファノス・チチパス(ギリシャ)とアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)が2020年「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場権を獲得!

ともに「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」の優勝者。
ステファノス・チチパス(ギリシャ)は2019年に、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)は2018年に優勝を果たした。

ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場は、ステファノス・チチパス(ギリシャ)は2年連続2回目、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)は4年連続4回目の出場となる。

若手選手の代表格である両者、2020年も活躍が期待される。

2020年の出場枠は、残り2名
シーズン終盤に向け、各選手の活躍が期待される。

スポンサーリンク

ATPランキングレース/ATP世界ランキング
TOP 20【最新】

以下はATP世界ランキング
※ ATPランキングレースは2020年8月24日以降公表されず、2020年ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)の出場資格は以下のATP世界ランキング順位が採用される。

更新日:2020年10月19日

今回
順位
前回
順位
選手名国籍ポイント次回
ポイント減
11ノバク・ジョコビッチ セルビア11740-
22ラファエル・ナダル スペイン9850-
33ドミニク・ティーム オーストリア9125-
44ロジャー・フェデラースイス6630-
55ステファノス・チチパス ギリシャ5925-
66ダニール・メドベデフ ロシア5890-
77アレクサンダー・ズべレフ ドイツ4855-
810アンドレイ・ルブレフロシア3429-
98ディエゴ・シュワルツマンアルゼンチン3180-
109マッテオ・ベレッティーニイタリア3075-
1111ガエル・モンフィスフランス2860-
1212デニス・シャポバロフカナダ2830-
1313ロベルト・バウティスタ アグートスペイン2710-
1414ダビド・ゴファンベルギー2555-
1515パブロ・カレーニョ ブスタスペイン2400-
1616ファビオ・フォニーニイタリア2400-
1717カレン・カチャノフロシア2245-
1818スタン・ワウリンカスイス2230-
1921ミロシュ・ラオニッチカナダ2220-
2019グリゴール・ディミトロフブルガリア2145-

ロジャー・フェデラー(スイス)は、怪我のため2020年シーズンの欠場を決めている。

ATP世界ランキング TOP50 はこちら↓

【最新】ATP世界ランキングTOP 50:テニス男子シングルス
2020年10月19日付のATP世界ランキングが発表された。シングルスの最新世界ランキングを紹介する。 ランキング表へのジャンプ ...

2019年最終ATPランキングレースは、次のページへ