【最新】ATPランキングレースTOP20:世界テニス男子シングルス

※ イズナー、出場権獲得!ナダルが欠場
※ 錦織圭、出場権獲得!デルポトロは欠場
※ 2018年最終発表

ATPワールドツアー・ファイナルに向けた「レース」である、ATPランキングレースのTOP 20 を紹介する。
ランキング表へのジャンプ

ATP ランキング「レース」は、その年の活躍を評価するランキング。
今シーズンどれだけのポイントを獲得したか、で順位が決定される。年初※に過去のポイントはリセットされ、全ての選手がポイントゼロからスタートする。

そして、シーズン終わりにロンドンで開催されるATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)の出場者は、この「ATP ランキングレース」の上位8名が選出される。
ただし、「ATP ランキングレース」9~20位にその年のグランドスラム優勝者がいた場合、「ATP ランキングレース」上位7名と、グランドスラム優勝者が出場権を獲得する。

※ 正確には、シーズン末に開催される「パリ・マスターズ(ATP1000)」終了後のランキングが発表された翌週、ポイントがリセットされる。ポイントの仕組みはこちら

2018年、最初にATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場権を獲得したのは、ラファエル・ナダル(スペイン)!

ラファエル・ナダル(スペイン)の出場権獲得は14年連続。2018年も、昨年に続き一番手でロンドンへのチケットを手にした。

ラファエル・ナダル(スペイン)は、2018年シーズン初盤は怪我のため一部の大会への欠場を余儀なくされたが、4月に復帰。
ATPツアー復帰戦となったモンテカルロRolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」大会史上初の11回目の優勝を獲得、その後もバルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」優勝ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」優勝
さらにグランドスラム「全仏オープン」11回目の優勝を果たし、再度、最多優勝記録を更新した。

グラス(芝)コート大会へはグランドスラム「ウィンブルドン」のみの出場となるが、グランドスラム「ウィンブルドン」で準決勝に進出。
そして、8月に入り、トロントロジャーズカップ(ATP1000)」に出場。大会優勝を果たし、誰よりも早くATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場を決めた。

意外にも、ラファエル・ナダル(スペイン)は、過去、「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」優勝の経験がない。2018年は念願の初タイトル獲得となるのか。
残りシーズン、ラファエル・ナダル(スペイン)の更なる活躍が期待される。
※ ラファエル・ナダル(スペイン)は、その後、腹部の故障そして右足首の手術のため、ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」の欠場を余儀なくされた。

そして、2018年9月8日(日本時間)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)とロジャー・フェデラー(スイス)が2018年ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場権を獲得!

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は怪我からの復帰となった2018年、シーズン初盤は回復に苦しみ手首の手術も受けるが、グラス(芝)コートシーズンで復活。
グランドスラム「ウィンブルドン」優勝を果たし、その後、シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」で優勝。男子テニス史上初となるキャリア・ゴールデンマスターズを達成した。
続けて、グランドスラム「全米オープン」で決勝進出を決め、2年振りとなる「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場権を獲得した。
※ その後、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)はグランドスラム「全米オープン」優勝を果たした。

ロジャー・フェデラー(スイス)は、2018年、グランドスラム「全豪オープン」優勝
そして、2018年2月19日には世界ランキング1位に復活。自身の有する世界1位の史上最長期間を更新した。
(その後はラファエル・ナダル(スペイン)が世界1位を奪還)
グランドスラム「全米オープン」では第4回戦(ベスト16)において、まさかの敗退となるが、昨年に引き続き、ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場権を手にした。

2018年10月3日、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が、北京チャイナ・オープン(ATP500)」で第2回戦(ベスト16)に勝利、準々決勝への進出を決め、ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場権を確定させた。
※ その後、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は北京チャイナ・オープン(ATP500)」準優勝を果たした。

フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、2018年、インディアンウェルズBNPパリバ・オープン(ATP1000)」優勝グランドスラム「全米オープン」でも9年振りに決勝の舞台に進出。
世界ランキングにおいても、2018年8月13日、8年振りに自己ベストを更新、世界3位に上り詰めた。

フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、「ATP ワールドツアー・ファイナル」に、過去、2008年、2009年、2012年、2013年と出場。2009年には決勝へ進出した。
2018年は、5年振り、自身5度目の出場となる。
怪我から復活したヒーロー、更なる活躍が期待される。

しかし、2018年10月14日(現地時間)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が右膝蓋骨を骨折、2018年シーズンは終了するとの報道があった。
フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、上海マスターズ(ATP1000)」第3回戦(ベスト16)で転倒、試合途中での棄権を余儀なくされていた。報道によると、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、「非常に悲しい。再度リハビリのことを考えるのは非常に難しい。こんなことが起こると思っていなかった。」とコメント。
手首の怪我から復帰して以降、5年振りのATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」を獲得したが、出場は危ぶまれる状況である。

幾度もの怪我に悩まされたヒーロー、再度の怪我は非常に痛々しい。回復を待ち望みたい。
参考:デルポトロ、ひざ骨折によりシーズン終了(英語)

※ その後、マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)はATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への欠場を発表(後述)。5年振りの出場は叶わなかった。

さらに、2018年10月12日、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)が上海マスターズ(ATP1000)」で準々決勝に勝利、5人目となるATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」出場権を手にした。

アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)の出場は、2年連続、2度目。初出場の昨年は、ラウンドロビンで、マリン・チリッチ(クロアチア)に対し1勝をあげた

次世代テニス界を担う21才の若手、グランドスラムのはまだないが、ATPワールドツアー・マスターズ1000 では、既にキャリアで3回優勝。
更なる飛躍を目指し、2018年は、アンディ・マレー(イギリス)の元コーチ、イワン・レンドル(アメリカ)をチームに招聘した。

ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」にて次なるブレイクスルーとなるか、活躍が注目される。

2018年10月28日(現地時間)、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)がウィーンエルステ・バンク・オープン500(ATP500)」に優勝。
自身初となる、ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」の出場権を獲得した。

ケビン・アンダーソン(南アフリカ)は、2016年~2017年にかけて、足首、左ひざ、右肩、股の付け根、臀部、左太ももなど多くの怪我に悩まされるが、復帰後の2017年、グランドスラム「全米オープン」準優勝を獲得
その後、2018年も、グランドスラム「ウィンブルドン」で準優勝を獲得、世界ランキングにおいては世界5位に達するなど、順調な活躍を披露。トップ選手の常連となった。

そして、2018年は6人目となるATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場権を獲得。
32才、”遅咲き”のビッグサーバー。引き続きの活躍、そして更なる飛躍が期待される。

そして、2018年11月2日(日本時間11月3日)、マリン・チリッチ(クロアチア)、ドミニク・ティエム(オーストリア)の両選手が出場権を獲得した。

マリン・チリッチ(クロアチア)は、パリ・マスターズ(ATP1000)」準々決勝に進出、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦し敗戦となるが、出場枠獲得の可能性があったレ-ス9位、錦織圭(日本)も準々決勝敗退となったため、マリン・チリッチ(クロアチア)がレース8位以上となることが確定した。

ドミニク・ティエム(オーストリア)は、パリ・マスターズ(ATP1000)」準々決勝に勝利、準決勝進出を決め、同じくレース8位以上を確定させた。

マリン・チリッチ(クロアチア)は、ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」4回目の出場、ドミニク・ティエム(オーストリア)は3回目の出場。
両者ともに、2016年から3年連続での出場となる。
決勝トーナメントへの出場はまだない。2018年は初進出となるのか、活躍が期待される。

その後、2018年11月3日(日本時間11月4日)、既に出場権を獲得していたマルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)がひざの怪我のため、ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への欠場を発表。
繰り上がりで、錦織圭(日本)が出場権を獲得した。

錦織圭(日本)の出場は、2016年以来4回目。
2018年は、右手首の怪我からの復帰、チャレンジャーツアーで初戦敗退など苦しんだが、シーズン終盤はパフォーマンスを上げ、順調なプレーを披露。そして、「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」出場権獲得にまで至った。

錦織圭(日本)の完全復活、活躍を期待したい。

2018年11月5日(日本時間11月6日)、ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」ドロー発表の直前、ラファエル・ナダル(スペイン)が腹部の故障と右足首の手術のため、大会欠場を決めた。
ラファエル・ナダル(スペイン)は2018年シーズン、グランドスラム「全米オープン」での途中棄権以降、ひざの怪我、腹部の怪我、そして右足首の怪我のため、全ての大会を欠場することとなった。

これにより、繰り上がりでジョン・イズナー(アメリカ)が出場権を獲得。

ジョン・イズナー(アメリカ)、33才。初めてのATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」出場となる。

2018年「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」は、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ロジャー・フェデラー(スイス)、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)、マリン・チリッチ(クロアチア)、ドミニク・ティエム(オーストリア)、錦織圭(日本)、ジョン・イズナー(アメリカ)の8選手が出場権を獲得した。
※ ラファエル・ナダル(スペイン)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は欠場となった。

欠場者が出た場合の代役選手は、例年2名が選出される。2018年は、カレン・カチャノフ(ロシア)とボルナ・チョリッチ(クロアチア)に確定した。

2018年シーズン最後はどのような展開となるのか。各選手の活躍が注目される。

最新、そして2018年シーズン最終の「ATP ランキングレース」TOP 20 は以下の通り。

※ ATP Ranking Race to London。NextGen のATP Ranking Race to “Milan” とは異なる。

スポンサーリンク

ATPランキングレース TOP 20【最新】
テニス男子シングルス

更新日:2018年11月5日(2018年シーズン最終)
※ 2018年11月6日、ジョン・イズナー(アメリカ)の出場権獲得を反映

今回
順位
前回
順位
選手名国籍ポイント大会数
12ノバク・ジョコビッチ セルビア804516
(2)(1)ラファエル・ナダルスペイン748013
33ロジャー・フェデラー スイス602016
(4)(4)(フアン マルティン・デル ポトロ)アルゼンチン530018
55アレクサンダー・ズべレフ ドイツ508520
66ケビン・アンダーソン 南アフリカ431019
77マリン・チリッチ クロアチア405018
88ドミニク・ティエム オーストリア389524
99錦織圭 日本339023
1010ジョン・イズナー アメリカ315522
1116カレン・カチャノフロシア283525
1211ボルナ・チョリッチクロアチア248020
1312ファビオ・フォニーニイタリア231525
1413カイル・エドマンドイギリス215023
1514ステファノス・ティティパスギリシャ209530
1615ダニール・メドベデフロシア197727
1719ディエゴ・シュワルツマンアルゼンチン188026
1817ミロシュ・ラオニッチカナダ185520
1922グリゴール・ディミトロフブルガリア183520
2018マルコ・チェッキナートイタリア181931

ラファエル・ナダル(スペイン)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は欠場となった。

最新のATP世界ランキングはこちら↓

【最新】ATP世界ランキングTOP 50:テニス男子シングルス
※ 毎週更新 2018年11月12日付のATP世界ランキングが発表された。シングルスの最新世界ランキングを紹介する。 ランキ...

2017年最終ATPランキングレースは、次のページへ