「NextGenファイナル」2017年ドロー結果あり:ルブレフ・カチャノフ・シャポバロフ他出場

21才以下のファイナルである「NextGen ATP ファイナル」がいよいよ2017年11月7日より開催される。

大会出場者は「ATPワールドツアー・ファイナル」同様に、ATPランキングレースto Milan の上位7名と、ワイルドカード1名が選出される。2017年の出場資格は、1996年以降の生まれ(男子)。

テニス界の次世代を担う若手が対戦する。

2017年出場者はシード順に、アンドレイ・ルブレフ(ロシア)、カレン・カチャノフ(ロシア)、デニス・シャポバロフ(カナダ)、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)、ジャレド・ドナルドソン(アメリカ)、ヒョン・チョン(韓国)、ダニール・メドベデフ(ロシア)、そしてイタリア若手選手のトーナメントを勝ち抜いたワイルドカードジャンルイジ・クインティ(イタリア)。

カレン・カチャノフ(ロシア)、ジャレド・ドナルドソン(アメリカ)、ヒョン・チョン(韓国)、ダニール・メドベデフ(ロシア)は1996年生まれであり、(来年も21才以下の開催であれば)2017年の今回が最後の出場となる。

アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)はATPランキングレースto Milan 第1位であり出場資格を満たすが、翌週に開催される「ATPワールドツアー・ファイナル」に専念するため、今大会は欠場となった。「ATPワールドツアー・ファイナル」自身初の出場であり、期待がかかる。

大会は、8名の選手が4名ずつの2つのグループに分かれ、ラウンドロビン(総当たり戦)が行われた後、各グループの上位2名が決勝トーナメントで対戦する。
また、「NextGen ATP ファイナル」では、試験的に特別なルールが適用される。新ルールはこちら(ページ下部)

若手同士の最終戦!「NextGen ATP ファイナル」2017年のドローは、以下の通り。

スポンサーリンク

「NextGen ATP ファイナル」2017年ドロー

開催期間:2017年11月7日~11日 ※現地時間

開催地:イタリア ミラノ

決勝トーナメント

決勝

開催日:2017年11月11日 (日本時間11月12日)

(6)ヒョン・チョン韓国35-4 4-32 4-2 4-2
(1)アンドレイ・ルブレフロシア

3位決定戦

開催日:2017年11月11日 (日本時間11月12日)

ダニール・メドベデフ(ロシア) vs. ボルナ・チョリッチ(クロアチア):W/O

ボルナ・チョリッチ(クロアチア)の棄権により、3位ダニール・メドベデフ(ロシア)となった。

準決勝

開催日:2017年11月10日(日本時間11月11日)

(6)ヒョン・チョン韓国4-1 4-1 4-34 1-4 4-0
(7)ダニール・メドベデフロシア
(4)ボルナ・チョリッチクロアチア4-1 4-36 4-1
(1)アンドレイ・ルブレフロシア

ラウンドロビン(総当たり戦)

開催日:2017年11月7日、8日、9日 ※ 現地時間

グループA

  • アンドレイ・ルブレフ(ロシア):2勝1敗、グループ2位 準決勝進出
  • デニス・シャポバロフ(カナダ):1勝2敗
  • ヒョン・チョン(韓国):3勝0敗、グループ1位 準決勝進出
  • ジャンルイジ・クインティ(イタリア):0勝3敗
試合日   スコア
11/9アンドレイ・ルブレフ vs. デニス・シャポバロフ: 4-1 38-4 4-32 0-4 4-33
11/8ヒョン・チョン vs. アンドレイ・ルブレフ: 4-0 4-2 4-31
11/7アンドレイ・ルブレフ vs. ジャンルイジ・クインティ: 1-4 4-0 4-33 0-4 4-33
11/7ヒョン・チョン vs. デニス・シャポバロフ: 1-4 4-35 4-34 4-1
11/8デニス・シャポバロフ vs. ジャンルイジ・クインティ: 4-1 4-1 35-4 4-35
11/9ヒョン・チョン vs. ジャンルイジ・クインティ: 1-4 4-1 4-2 36-4 4-33

グループB

  • カレン・カチャノフ(ロシア):1勝2敗
  • ボルナ・チョリッチ(クロアチア):3勝0敗、グループ1位 準決勝進出
  • ジャレド・ドナルドソン(アメリカ):0勝3敗
  • ダニール・メドベデフ(ロシア):2勝1敗、グループ2位 準決勝進出
試合日   スコア
11/9ボルナ・チョリッチ vs. カレン・カチャノフ: 33-4 2-4 4-2 4-0 4-2
11/8カレン・カチャノフ vs. ジャレド・ドナルドソン: 4-1 4-33 4-2
11/7ダニール・メドベデフ vs. カレン・カチャノフ: 2-4 4-36 4-33 4-2
11/7ボルナ・チョリッチ vs. ジャレド・ドナルドソン: 4-32 4-1 4-35
11/8ボルナ・チョリッチ vs. ダニール・メドベデフ: 4-35 2-4 4-1 4-2
11/9ダニール・メドベデフ vs. ジャレド・ドナルドソン: 33-4 4-2 4-31 4-0

最新世界ランキング

【最新】ATP世界ランキングTOP 50:テニス男子シングルス
※ 毎週更新 2018年8月13日付のATP世界ランキングが発表された。シングルスの最新世界ランキングを紹介する。 ランキン...

「NextGen ATP ファイナル」2017年
フォーマット・ルール

大会は、8名の選手が4名ずつの2つのグループに分かれ、ラウンドロビン(総当たり戦)が行われた後、各グループの上位2名が決勝トーナメントで対戦する。

各試合は5セットマッチ
各セットは4ゲーム先取、3ゲームオール(セットカウント3-3)でタイブレイクに入る。

その他、一部試験的に特別なルールが適用される。主な新ルールは次の通り。

  • “ホークアイ”ライブ
    • ゲーム中の判定は”ホークアイ”(コンピューターによる画像処理システム)が自動で行い、線審なし。審判は主審のみ。
    • チャレンジなし。ただし、フットフォルト(サーブ時のベースライン侵入)のみチャレンジ可能で、ベースラインに設置されたカメラのリプレイで確認される。
  • レットなし
    • サーブがネットに触れてもやり直し(レット)なしでプレー続行。
  • アドバンテージなし
    • ジュース(ポイント40-40)となっても、1ポイントでゲーム獲得が決まる。ただし、レシーブ側がサーブ側の打つサイドを選択する。
  •  オンコートコーチング
    • 1セットにつき1回、コーチから助言を受けられる。ただし、特定のポイント時のみ認められる予定。
  • サーブ時間制限の厳格化
    • 前のポイントからサーブまで25秒(カウントダウンクロック)
  • ウォーミングアップの時間を短縮
  • メディカルタイムアウトは試合につき1回のみ
  • 観客が動いていても試合は続行される