A. マレーvsポスピシル試合結果詳細:インディアンウェルズ「BNPパリバ・オープン」2017年第2回戦

photo credit: Marianne Bevis IMG_8364 via photopin (license)

2017年3月11日(日本時間3月12日)、インディアンウェルズ「BNPパリバ・オープン(ATP1000)」第2回戦が開催された。

大会第1シード、世界ランキング第1位のアンディ・マレー(イギリス)は第2回戦からの出場。予選通過者のバセク・ポスピシル(カナダ)と対戦した。

バセク・ポスピシル(カナダ)は26才、シングルスの大会前世界ランキング129位、自己ベストは25位(2014年1月)。ダブルスでは、世界ランキング自己ベスト4位、2014年にはグランドスラム「ウィンブルドン」優勝を果たしている。

大会前、アンディ・マレー(イギリス)とバセク・ポスピシル(カナダ)はシングルスで過去に4回対戦しており、アンディ・マレーの全勝

第5のグランドスラムとも呼ばれるインディアンウェルズ「BNPパリバ・オープン」アンディ・マレーは、Big 4 の中で唯一優勝経験がない。他のBig 4アンディ・マレーノバク・ジョコビッチラファエル・ナダルロジャー・フェデラー)はいずれも複数の優勝を獲得している。
アンディ・マレーの初タイトルが期待される。

アンディ・マレー(イギリス)vs. バセク・ポスピシル(カナダ)、インディアンウェルズ「BNPパリバ・オープン(ATP1000)」第2回戦の試合結果詳細は以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

A. マレーのサーブで試合開始。A. マレーにダブルフォルトがあり、V. ポスピシルが2ブレイクポイントを獲得。A. マレーがセーブしジュースとなる。V. ポスピシルがボレーを決めアドバンテージ、再度のブレイクポイントを獲得。22ショットのラリーをA. マレーが制し再度ジュース。A. マレー、キープ。

第2ゲーム

V. ポスピシルのサービス。ジュースの末、V. ポスピシルがゲームキープ。(スコア:A. マレー 1-1 V. ポスピシル)

第3ゲーム

A. マレー、ラブゲームでキープ。(スコア:A. マレー 2-1 V. ポスピシル)

第4ゲーム

V. ポスピシルのサービス。A. マレーが3ブレイクポイントを獲得、ブレイクに成功。(スコア:A. マレー 3-1 V. ポスピシル)

第5ゲーム

A. マレーのサービス。V. ポスピシルが2ブレイクポイントを獲得。ブレイクバックに成功。(スコア:A. マレー 3-2 V. ポスピシル)

第6ゲーム

V. ポスピシルのサービス。V. ポスピシルはサーブ直後のボレーを狙うなど、ネット際に出て積極的なプレーを展開するが、A. マレーがV. ポスピシルの頭上を越えるスーパーショットを決める。
A. マレーが3ブレイクポイントを獲得、ブレイクに成功。(スコア:A. マレー 4-2 V. ポスピシル)

第7ゲーム

A. マレーのサービス。V. ポスピシルが2ブレイクポイントを獲得、再度のブレイクバックに成功。(スコア:A. マレー 4-3 V. ポスピシル)

第8ゲーム

V. ポスピシル、キープ。(スコア:A. マレー 4-4 V. ポスピシル)

第9ゲーム

A. マレーのサービス。A. マレーに2度のダブルフォルトがあり、V. ポスピシルがブレイクポイントを獲得、ブレイクに成功。(スコア:A. マレー 4-5 V. ポスピシル)

第10ゲーム

V. ポスピシルのサービス for the セット。V. ポスピシル、キープ。(スコア:A. マレー 4-6 V. ポスピシル)

第1セットをV. ポスピシルが獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

A. マレーのサーブで試合再開。V. ポスピシルがブレイクポイントを獲得、ネットプレーを制し、早々のブレイクに成功。(スコア:A. マレー 0-1 V. ポスピシル)

第2ゲーム

V. ポスピシル、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:A. マレー 0-2 V. ポスピシル)

第3ゲーム

A. マレーのサービス。A. マレーに2度のダブルフォルトがあり、V. ポスピシルが2ブレイクポイントを獲得。A. マレーがセーブし、ジュースとなる。A. マレー、ゲームキープ。(スコア:A. マレー 1-2 V. ポスピシル)

第4ゲーム

V. ポスピシルのサービス。A. マレーがブレイクポイントを獲得、ブレイクバックに成功。(スコア:A. マレー 2-2 V. ポスピシル)

第5ゲーム

A. マレー、キープ。(スコア:A. マレー 3-2 V. ポスピシル)

第6ゲーム

V. ポスピシル、キープ。(スコア:A. マレー 3-3 V. ポスピシル)

第7ゲーム

A. マレー、キープ。ゲームポイントをエースで決める。(スコア:A. マレー 4-3 V. ポスピシル)

第8ゲーム

V. ポスピシル、ラブゲームでキープ。(スコア:A. マレー 4-4 V. ポスピシル)

第9ゲーム

A. マレー、ラブゲームでキープ。(スコア:A. マレー 5-4 V. ポスピシル)

第10ゲーム

V. ポスピシルのサービス。ジュースの末、V. ポスピシルがゲームキープ。(スコア:A. マレー 5-5 V. ポスピシル)

第11ゲーム

A. マレー、キープ。(スコア:A. マレー 6-5 V. ポスピシル)

第12ゲーム

V. ポスピシル、キープ。(スコア:A. マレー 6-6 V. ポスピシル)
試合はタイブレイクへ。

タイブレイク

A. マレー – V. ポスピシル 太字:ミニブレイク

1-0, 1-1, 1-2, 1-3, 2-3, 2-4, 2-5, 2-6, 3-6, 4-6, 5-6, 5-7

タイブレイクをV. ポスピシルが制し、第2セットも獲得、ストレートで試合に勝利(V. ポスピシル – A. マレー:6-4 7-65)。1時間50分で試合終了。

バセク・ポスピシル(カナダ)は試合を通し、サーブ&ボレーなどネット際前面に出て積極的な試合を展開。世界ランキング1位のアンディ・マレー(イギリス)を敗退に追い込んだ。

バセク・ポスピシル(カナダ)は第3回戦に進出し、2017年3月13日(日本時間3月14日)、ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)と対戦する。
ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)は、第2回戦で第30シード、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)を下している。

インディアンウェルズ「BNPパリバ・オープン(ATP1000)」、第1シードであり優勝候補のアンディ・マレー(イギリス)は、初戦(第2回戦)でまさかの敗退となった。

アンディ・マレー(イギリス)は、試合後の大会公式インタビューに答え、
「なぜこうなったか自分でもわからない。練習では上手くいっていた。ベストのプレーをできなかった。」
と当惑した様子を見せている。

第2回戦 他の試合結果(ドロー)

Summary

A. マレー 4-6 6-7 V. ポスピシル
3本 エース 5本
22 ウィナー 27
7 ダブルフォルト 2
21 Unforced エラー 27
63 %
(45/72)
第1サーブ 率 68 %
(48/71)
67 %
(30/45)
第1サーブ ポイント
獲得率
71 %
(34/48)
41 %
(11/27)
第2サーブ ポイント
獲得率
35 %
(8/23)
60 %
(3/5)
ブレイクポイント
成功率
40 %
(4/10)
41 %
(29/71)
リターンポイント
成功率
43 %
(31/72)
70 ポイント獲得合計 73

トーナメント表

インディアンウェルズ「BNPパリバ・オープン」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭、フェデラー他トップ選手集結
インディアンウェルズ「BNPパリバ・オープン(ATP1000)」トーナメント表(ドロー)を紹介する。2017年3月9日~3月...