ATP ランキング「レース」とは?ランキングの仕組みとポイント表

※ ATPカップ追加

ランキングといっても様々。ここでは、世界テニス男子シングルスの「ATP ランキングレース」について解説する。

ATP ランキングレースは、単にレース、またはATP レースやATP レースランキングとも言われる(正式名称:FedEx ATP Rankings Race to London)。

※ ATP とは、Association of Tennis Professionals(男子プロテニス協会)の略称で、テニス男子プロのツアーを運営する団体である。ATP オフィシャルサイトはこちら(英語)。

参考:ATP 公式ルールブック(英語)、ATP ランキングFAQ(英語)

スポンサーリンク

今年の獲得ポイントでランキング

一般に、テニス男子で「世界ランキング」といえばATP ランキング(正式名称:FedEx ATP Rankings)を指す。

ATP ランキング「レース」は、シーズン1年間、毎年概ね1月1日より11月のシーズン末(「パリ・マスターズ(ATP1000)」終了)まで、どれだけのポイントを獲得したか、で順位が決定される。過去のポイントはリセットされ、年始※に全ての選手がポイントゼロからスタートする。

一方、「ATP ランキング」の集計期間は直近52週間である。(ATP ランキングについての解説はこちら。)このため、前年の成績もポイントに含まれる。

ATP ランキングレースは、その年(シーズン)の活躍を評価するランキングと言える。

※ 正確には、「パリ・マスターズ(ATP1000)」終了後のランキングが発表された翌週(11月初旬)、ポイントがリセットされる。
以降、ATPワールドツアーレベルの大会では「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」が開催されるが、この大会でのポイントはATP ランキング「レース」には加算されない。
チャレンジャーツアー、フューチャーズ・トーナメントでのポイントは加算される。

そして、「Race to London」と言われるように、シーズン終わりにロンドンで開催されるATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)の出場者はこの「ATP ランキングレース」の上位8名が選出される。
ただし、「ATP ランキングレース」9~20位にその年のグランドスラム(4大大会)優勝者がいた場合、「ATP ランキングレース」上位7名と、グランドスラム優勝者が出場権を獲得する。
9~20位にグランドスラム優勝者が2名いた場合は、「ATP ランキングレース」でより上位の選手が8人目の出場権を獲得する。

ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)開催地、ロンドンに向かったレースでもある。

シーズン末には、グランドスラム(4大大会)、ATP マスターズ1000を含む18大会分の「ポイント」で、ATP ランキングレースが決まる。

「ポイント」の加算方法は、ATP ランキングと同じである。
2020年よりATPカップが公式大会に追加され、新たにランキングのポイント対象となった。

各大会のポイント数

「ポイントは」ATPの指定する公式大会・試合に出場すること、勝利することで付与される。獲得ポイント数は、大会、ラウンド(決勝、準決勝、、1回戦など)によって異なる。

各大会で付与されるポイントは以下の通り。

グランドスラム(4大大会)、ATP マスターズ1000、ATP 500、ATP 250

獲得ポイント

W F SF QF R16 R32 R64 R128 Q
グランドスラム 2000 1200  720  360  180 90 45 10 25*0
ATP 1000 1000 600 360 180  90 45 10(25) (10) 25*1
ATP 500 500 300 180 90 45 (20) 20*2
ATP 250 250 150 90 45 20 (5) 12*3

Q: 予選突破者

*1: 本選出場者数56名超の場合は12 ポイント
*2: 本選出場者数32名超の場合は10 ポイント
*3: 本選出場者数56名超の場合は5 ポイント

ATP ワールドツアー・ファイナル

獲得ポイント

W F Round Robbin(総当たり)
ファイナル +500* +400 1勝につき200ポイント

* 最大1500= Round Robbin 3試合勝利で600+準決勝勝利(決勝出場)400+優勝500

※ ダブルスはポイントが異なる

ATPカップ

ATPカップは、選手のランキング、対戦相手のランキングによって獲得ポイントが異なる。

※ ダブルスはポイントが異なる

世界300位以内の選手の場合

獲得ポイント

対戦相手の順位 1-10位 11-20位 21-30位 31-50位 51-100位 101位以下
決勝戦勝利 +250 +200 +150 +105 +75 +50
準決勝勝利 +180 +140 +105 +75 +50 +35
準々決勝勝利 +120 +100 +75 +50 +35 +25
グループステージ勝利 +75 +65 +50 +35 +25 +20

1試合勝利毎に上記ポイントが付与される。グループステージではシングルスの試合に複数回出場可能である。

全試合に出場・勝利した場合、750 ポイントを獲得できる。

世界301位以下の選手の場合

獲得ポイント

対戦相手の順位 1-100位 101位以下
決勝戦勝利 85 55
準決勝勝利 55 35
準々決勝勝利 35 25
グループステージ勝利 25 15

ATP チャレンジャー・ツアー

獲得ポイント

W F SF QF R16 Q
$ 125,000 + H 125 75 45 25 10 5
$ 125,000 110 65 40 20 9 5
$ 100,000 100 60 35 18 8 5
$ 75,000 90 55 33 17 8 5
$ 50,000 80 48 29 15 7 3
$ 40,000 + H 80 48 29 15 6 3

フューチャーズ・トーナメント

獲得ポイント

W F SF QF
$ 25,000 + H 35 20 4 1
$ 25,000 27 15 3 1
$ 10,000 18 10 2 1

※ ダブルスは準決勝(SF)以上でポイント加算

なお、デビスカップ(国別対抗戦)、オリンピックは2016年よりポイント対象外となった。

【最新】ATPランキングレース TOP20

【最新】ATPランキングレースTOP20:世界テニス男子シングルス
※ 2019年最終発表 ATPワールドツアー・ファイナルに向けた「レース」である、ATPランキングレースのTOP 20 を紹介...

「ATP ランキング」の解説はこちら

ATP ランキングとは?ランキングのシステム、計算方法、各大会のポイントを解明
※ ATPカップ追加 世界テニス男子シングルスで最も重視されるランキング、「ATP ランキング」について解説する。 ...