ラオニッチvsチリッチ試合結果詳細:「TEB BNPパリバ イスタンブール・オープン」2017年決勝

2017年5月7日、イスタンブールTEB BNPパリバ イスタンブール・オープン(ATP250)」では決勝戦が行われ、大会前世界ランキング6位ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と同8位マリン・チリッチ(クロアチア)が対戦した。

両者はいずれも強力なサーブの持ち主。
ビッグサーバーはクレーコートが苦手と言われるが、トップ選手である両者も例外ではない。

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)はクレーコートでの優勝経験がなく、マリン・チリッチ(クロアチア)はキャリア16タイトルのうちクレーコートでの優勝は1回のみ。

変化に富むクレーの舞台、コートを味方につけることができるか、後のマドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」、ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」、そしてグランドスラム「全仏オープン」に向け、両者のパフォーマンスが注目される。

両者は過去に2回対戦しており、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)1勝、マリン・チリッチ(クロアチア)1勝とイーブンの結果。

直近では、2013年のインディアンウェルズBNPパリバ・オープン(ATP1000)」で対戦。この時はフルセットの末にミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が勝利した。

今回の決勝戦が4年振りの対決となる。

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)vs. マリン・チリッチ(クロアチア)、イスタンブールTEB BNPパリバ イスタンブール・オープン(ATP250)」決勝戦の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

M. ラオニッチのサーブで試合開始。M. ラオニッチにダブルフォルト。ジュースとなるが、M. ラオニッチがエースを決めアドバンテージを獲得。M. ラオニッチ、キープ。

第2ゲーム

M. チリッチ、キープ。

第3ゲーム

M. ラオニッチのサービス。M. チリッチがブレイクポイントを獲得。M. ラオニッチが時速225 km のサーブでセーブし、ジュースへ持ち込む。計3度のジュースの末、M. ラオニッチがゲームキープ。

第4ゲーム

M. チリッチのサービス。M. ラオニッチが2ブレイクポイントを獲得するが、1ポイント目をM. チリッチが時速228 km のサーブでセーブ。ジュースとなり、M. ラオニッチが再度ブレイクポイントを獲得も、M. チリッチがセーブし再びジュース。
計4度のジュースの末、M. チリッチがサービスゲームをキープ。(スコア:M. ラオニッチ 2-2 M. チリッチ)

第5ゲーム

M. ラオニッチがキープ。M. ラオニッチ、ゲームポイントでエースを決める。(スコア:M. ラオニッチ 3-2 M. チリッチ)

第6ゲーム

M. チリッチ、キープ。(スコア:M. ラオニッチ 3-3 M. チリッチ)

第7ゲーム

M. ラオニッチのサービス。ジュースの末、M. ラオニッチがゲームキープ。(スコア:M. ラオニッチ 4-3 M. チリッチ)

第8ゲーム

M. チリッチ、ラブゲームでキープ。(スコア:M. ラオニッチ 4-4 M. チリッチ)

第9ゲーム

M. ラオニッチ、キープ。(スコア:M. ラオニッチ 5-4 M. チリッチ)

第10ゲーム

M. チリッチ、キープ。(スコア:M. ラオニッチ 5-5 M. チリッチ)

第11ゲーム

M. ラオニッチ、キープ。(スコア:M. ラオニッチ 6-5 M. チリッチ)

M. ラオニッチが肘の不調を訴え、治療のためメディカルタイムアウトを取得。

第12ゲーム

M. チリッチ、キープ。(スコア:M. ラオニッチ s-s M. チリッチ)

第1セットは両者譲らず、試合はタイブレイクへ突入。

タイブレイク

M. ラオニッチ – M. チリッチ 太字:ミニブレイク

0-1, 1-1 2-1, 2-2 2-3, 2-4 2-5, 2-6 3-6, 3-7

タイブレイクをM. チリッチが制し第1セットを獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

M. チリッチのサーブで試合再開。M. チリッチ、キープ。

第2ゲーム

M. ラオニッチのサービス。M. チリッチがブレイクポイントを獲得。M. ラオニッチの強力なサーブでジュースとなる。
M. チリッチが再度ブレイクポイントを獲得も、M. ラオニッチがセーブし再びジュース。
M. チリッチ、3度目のブレイクポイントを獲得するが、M. ラオニッチがエースでセーブ。M. ラオニッチがサービスゲームをキープ。(スコア:M. ラオニッチ 1-1 M. チリッチ)

第3ゲーム

M. チリッチ、ラブゲームでキープ。(スコア:M. ラオニッチ 1-2 M. チリッチ)

第4ゲーム

M. ラオニッチのサービス。M. ラオニッチのダブルフォルトでM. チリッチが2ブレイクポイントを獲得、ブレイクに成功。(スコア:M. ラオニッチ 1-3 M. チリッチ)

第5ゲーム

M. チリッチのサービス。M. ラオニッチが3ブレイクポイントを獲得。M. チリッチのセーブでジュースとなる。M. ラオニッチが再度ブレイクポイントを獲得するが、続くM. ラオニッチのリターンはラインを外れ、再びジュース。
M. チリッチにダブルフォルトがあり5度目のジュース。
M. チリッチ、ゲームポイントでエースを決め、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:M. ラオニッチ 1-4 M. チリッチ)

第6ゲーム

M. ラオニッチ、キープ。(スコア:M. ラオニッチ 2-4 M. チリッチ)

第7ゲーム

M. チリッチ、キープ。M. チリッチ、ゲームポイントでエースを決める。(スコア:M. ラオニッチ 2-5 M. チリッチ)

第8ゲーム

M. ラオニッチのサービス。ジュースの末、M. ラオニッチがキープ。(スコア:M. ラオニッチ 3-5 M. チリッチ)

第9ゲーム

M. チリッチのサービス for the チャンピオンシップ。M. チリッチ、キープ。(スコア:M. ラオニッチ 3-6 M. チリッチ)

第2セットもM. チリッチがが獲得、ストレートで試合に勝利(M. チリッチ – M. ラオニッチ:7-63 6-3)。2時間0分で試合終了。

マリン・チリッチ(クロアチア)がTEB BNPパリバ イスタンブール・オープン」に優勝!を果たした。

トーナメント表(ドロー)

「TEB BNPパリバ イスタンブール・オープン」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:ラオニッチ出場
2017年5月1日~7日(現地時間)、トルコ イスタンブールで開催される、イスタンブール「TEB BNPパリバ イスタンブール・オー...

ラオニッチvs. ナダル試合結果詳細:ブリスベン国際2017年準々決勝

ラオニッチvs ナダル試合結果詳細:ブリスベン国際2017年準々決勝
「ブリスベン国際(ATP250)」は2017年1月6日、準々決勝を開催し、世界ランキング3位で前回優勝者であるミロシュ・ラオニッチ(...

Summary

M. ラオニッチ 63-7 3-6 M. チリッチ
8本 エース 9本
n ウィナー n
3 ダブルフォルト 1
n Unforced エラー n
69 %
(56/81)
第1サーブ 率 65 %
(51/79)
70 %
(39/56)
第1サーブ ポイント
獲得率
82 %
(42/51)
32 %
(8/25)
第2サーブ ポイント
獲得率
50 %
(14/25)
0 %
(0/7)
ブレイクポイント
成功率
20 %
(1/5)
29 %
(23/79)
リターンポイント
成功率
42 %
(34/81)
70 ポイント獲得合計 90

最新世界ランキング

【最新】ATP世界ランキングTOP 50:テニス男子シングルス
※ 毎週更新 2018年6月18日付のATP世界ランキングが発表された。シングルスの最新世界ランキングを紹介する。 ランキン...