A. ズベレフvsキリオス試合結果詳細:モントリオール「ロジャーズ・カップ」2017年ベスト16

2017年8月10日(日本時間8月11日)、モントリオールロジャーズ・カップ(ATP1000)」第3回戦ベスト16 にて、注目の若手同士、20才 アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と22才 ニック・キリオス(オーストラリア)の対戦が行われた。

アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は2017年、ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」優勝を含め、既に4タイトルを獲得。
直前の大会であるワシントンDCシティ・オープン(ATP500)」でも優勝、現在世界ランキングを世界8位にまで上げている。
成長著しく、絶好調の注目の若手である。

一方、ニック・キリオス(オーストラリア)は、2017年、臀部の怪我にも悩まされ、グランドスラム「ウィンブルドン」を含む直近の3大会で途中棄権。
昨年世界13位であった世界ランキングも、現在24位にまで下げている。
しかし、モントリオールロジャーズ・カップでは第1回戦でビクトル・トロイツキ(セルビア)、第2回戦ではパオロ・ロレンチ(イタリア)と対戦し、強豪に対し、いずれもストレート勝ちの快勝を収めた。
本格的な復活が期待される。

両者は過去2回対戦しており、ニック・キリオス(オーストラリア)の2戦全勝
初対戦となった2017年インディアンウェルズBNPパリバ・オープン(ATP1000)」では、ニック・キリオス(オーストラリア)がアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に1度のブレイクポイントも与えず、試合に勝利した。
詳細はこちら

その後の「マイアミ・オープン(ATP1000)」ではニック・キリオス(オーストラリア)がフルセットの末に勝利している。

後に控えるグランドスラム「全米オープン」に向け、両者の活躍が注目される。

モントリオールロジャーズ・カップ(ATP1000)」2017年ベスト16、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)vs. ニック・キリオス(オーストラリア)の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

キリオスのサーブで試合開始。キリオスにダブルフォルト。ズベレフがブレイクポイントを獲得。
キリオス、ドロップショットを決めセーブ。ジュースとなる。
キリオスがセンターへのエースを決め、続いても強力なサーブを決め、サービスゲームをキープ。

第2ゲーム

ズベレフ、ラブゲームでキープ。(スコア:A. ズベレフ 1-1 キリオス)

第3ゲーム

キリオスのサービス。ズベレフが2ブレイクポイントを獲得。
ズベレフ、クロスコートのウィナーを決め、ブレイクに成功。(スコア:A. ズベレフ 2-1 キリオス)

第4ゲーム

ズベレフのサービス。ズベレフのダブルフォルトで、キリオスがブレイクポイントを獲得。
ズベレフがエースを決めセーブ。ジュースとなる。
キリオスが再度ブレイクポイントを獲得。
キリオスのショットがラインを越え、再びジュース。
ズベレフ、時速200 km のエースを決め、アドバンテージを獲得。
キリオスのドロップショットからネット際での打ち合い、キリオスに軍配。3度目のジュース。
ズベレフがコーナーへのウィナーを決め、続いてズベレフのサーブに対するキリオスのリターンがアウト。
ズベレフがブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:A. ズベレフ 3-1 キリオス)

第5ゲーム

キリオス、キープ。キリオス、ダブルフォルト直後にエースを決める。(スコア:A. ズベレフ 3-2 キリオス)

第6ゲーム

ズベレフのサービス。ズベレフのダブルフォルトで、キリオスが2ブレイクポイントを獲得。
ズベレフが強力なサーブを決め、続いてボレー、キリオスが1度は返すがズベレフの2度目のボレーが決まり、ズベレフがセーブ。ジュースとなる。
ネットプレーとなり、ズベレフのショットがラインを外れる。キリオスが再度のブレイクポイントを獲得。
続いてのラリー、キリオスのショットはネットに阻まれ、再びジュース。
今度はズベレフのショットがネットへ。キリオスがゲーム3度目のブレイクポイントを獲得。
ラリーはズベレフに軍配、3度目のジュースとなる。ズベレフがネット際に出てボレーを決め、アドバンテージを獲得。
キリオスがリターンエースを決め、4度目のジュース。
ズベレフが時速212 km のサーブでアドバンテージを獲得。
キリオスのショットはネットに阻まれ、ズベレフがサービスゲームをキープ。(スコア:A. ズベレフ 4-2 キリオス)

第7ゲーム

キリオス、キープ。(スコア:A. ズベレフ 4-3 キリオス)

キリオス、休憩中に治療を受ける。

第8ゲーム

ズベレフ、ラブゲームでキープ。(スコア:A. ズベレフ 5-3 キリオス)

第9ゲーム

キリオス、ラブゲームでキープ。(スコア:A. ズベレフ 5-4 キリオス)

第10ゲーム

ズベレフのサービス for the セット。ズベレフ、キープ。(スコア:A. ズベレフ 6-4 キリオス)

第1セットをズベレフが獲得、試合は第2セットへ。

キリオス、休憩中に再度の治療を受ける。

Set 2

第1ゲーム

キリオスのサーブで試合再開。キリオス、キープ。

第2ゲーム

ズベレフのサービス。ジュースとなり、ズベレフのドロップショットに対しキリオスが股抜きでのリターンを試みるが、わずかにアウト。
続いて、キリオスのクロスコート・ショットはラインを外れ、ズベレフがサービスゲームをキープ。

第3ゲーム

キリオス、ラブゲームでキープ。

第4ゲーム

ズベレフ、キープ。(スコア:A. ズベレフ 2-2 キリオス)

第5ゲーム

キリオスのサービス。ズベレフがブレイクポイントを獲得。
キリオスがサーブ&ボレーを試みるが失敗。ネットに阻まれる。
ズベレフがブレイクに成功。(スコア:A. ズベレフ 3-2 キリオス)

第6ゲーム

ズベレフ、ブレイク直後のサービスゲームをラブゲームでキープ。(スコア:A. ズベレフ 4-2 キリオス)

第7ゲーム

キリオス、キープ。(スコア:A. ズベレフ 4-3 キリオス)

第8ゲーム

ズベレフのサービス。キリオスが2ブレイクポイントを獲得。
キリオスのショットがネットに阻まれ、続いてもキリオスのショットがラインを外れる。
ジュースとなり、ズベレフがエースを決める。
キリオスの股抜きリターン、ズベレフがボレーで返しスマッシュを決める。
ズベレフがゲームキープ。(スコア:A. ズベレフ 5-3 キリオス)

第9ゲーム

キリオスのサービス。ズベレフが3ブレイクポイント(マッチポイント)を獲得。
ネット際に出たキリオスに対し、ズベレフがクロスコート・ウィナーを決める。
ズベレフが再度のブレイクに成功。(スコア:A. ズベレフ 6-3 キリオス)

第2セットもズベレフが獲得、ストレートで試合に勝利(6-4 6-3)。1時間11分で試合終了。

アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)はモントリオールロジャーズ・カップ(ATP1000)」2017年準々決勝進出を決めた。
準々決勝では、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。

ベスト16 他の試合結果(ドロー)

Summary

A. ズベレフ 6-4 6-3 キリオス
6本 エース 5本
24 ウィナー 19
3 ダブルフォルト 4
14 Unforced エラー 21
65 %
(42/65)
第1サーブ 率 65 %
(34/52)
74 %
(31/42)
第1サーブ ポイント
獲得率
71 %
(24/34)
61 %
(14/23)
第2サーブ ポイント
獲得率
44 %
(8/18)
202 km/h 第1サーブ
平均速度
193 km/h
167 km/h 第2サーブ
平均速度
170 km/h
215 km/h 最速サーブ 227 km/h
75 %
(3/4)
ブレイクポイント
成功率
0 %
(0/8)
38 %
(20/52)
リターンポイント
成功率
31 %
(20/65)
65 ポイント獲得合計 52

トーナメント表(ドロー)

モントリオール「ロジャーズ・カップ」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・フェデラー他出場
モントリオール「ロジャーズ・カップ(ATP1000)」が遂に開催。錦織圭(日本)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ロジャー・フェデラ...