ジョコビッチvs A. ズベレフ試合結果詳細:ローマ「BNLイタリア国際」2017年決勝

2017年5月21日、ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」では遂に決勝戦が開催され、第2シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と若干20才のアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)が対戦した。両者は今回が初めての対戦。注目の試合結果詳細をお伝えする。

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は前回ローマBNLイタリア国際」に準優勝、2014年、2015年は連続優勝、2008年、2011年にも優勝を果たしている。

グランドスラム「全仏オープン」の前哨戦とも呼ばれる今大会にて、5度目の優勝を目指す。

なお、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、ATP ワールドツアー・マーターズ1000 の優勝回数30回と、ラファエル・ナダル(スペイン)とともに最多優勝記録を保持する。今回勝利すると、31回、単独の最多優勝記録となる。

ローマBNLイタリア国際では、大本命とも思われたラファエル・ナダル(スペイン)が準々決勝でドミニク・ティエム(オーストリア)に敗退。
世界ランキング1位で前回覇者のアンディ・マレー(イギリス)も第2回戦の初戦での敗退となった。

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は準決勝でドミニク・ティエム(オーストリア)にストレート勝ち。素晴らしいプレーを終始披露し、わずか59分で勝利を収め、決勝へと進出した。

アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)はATP ワールドツアー・マーターズ1000 の大会での決勝進出は今回が初めて。

今シーズン、モンペリエ南フランス・オープン(ATP250)」に優勝、地元ミュンヘンBMWオープン(ATP250)」でも優勝を果たし、順調に成績を伸ばしている。期待の若手であり、現在世界ランキングは自己ベストの17位までに上昇させている。
大舞台での成果も期待される。

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)vs. アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」決勝戦の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

ジョコビッチのサーブで試合開始。ジョコビッチ、最初のサーブはダブルフォルトとなりズベレフがポイントを獲得。
ズベレフが3ブレイクポイントを獲得。ズベレフのショットはラインを越え、ジョコビッチが1ポイントをセーブ。
しかし、その後のズベレフのクロスコート・ショットに対するジョコビッチのリターンはネットへ。
ズベレフが試合開始早々のブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 0-1 ズベレフ)

第2ゲーム

ズベレフ、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 0-2 ズベレフ)

第3ゲーム

ジョコビッチ、キープ。(スコア:ジョコビッチ 1-2 ズベレフ)

第4ゲーム

ズベレフ、キープ。(スコア:ジョコビッチ 1-3 ズベレフ)

第5ゲーム

ジョコビッチ、ラブゲームでキープ。(スコア:ジョコビッチ 2-3 ズベレフ)

第6ゲーム

ズベレフ、キープ。ズべレフ、最初のサーブでエースを決める。(スコア:ジョコビッチ 2-4 ズベレフ)

第7ゲーム

ジョコビッチのサービス。ジョコビッチのゲームポイントで、ジョコビッチのショットがラインを越え、ジュースとなる。ジョコビッチがサービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 3-4 ズベレフ)

第8ゲーム

ズベレフの最初のサーブはダブルフォルトとなりジョコビッチが獲得。ズベレフがゲームキープ。(スコア:ジョコビッチ 3-5 ズベレフ)

第9ゲーム

ジョコビッチ、キープ。(スコア:ジョコビッチ 4-5 ズベレフ)

第10ゲーム

ズベレフのサービス for the セット。ズベレフ、2連続でエースを決める。ズベレフがキープ。(スコア:ジョコビッチ 4-6 ズベレフ)

第1セットをズベレフが獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

ジョコビッチのサーブで試合再開。ジョコビッチ、キープ。

第2ゲーム

ズベレフ、キープ。(スコア:ジョコビッチ 1-1 ズベレフ)

第3ゲーム

ジョコビッチのサービス。ズベレフがブレイクポイントを獲得。ジョコビッチのショットはミスとなり、ズベレフがブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 1-2 ズベレフ)

第4ゲーム

ズベレフ、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 1-3 ズベレフ)

第5ゲーム

ジョコビッチのサービス。ジュースの末、ジョコビッチがゲームキープ。(スコア:ジョコビッチ 2-3 ズベレフ)

第6ゲーム

ズベレフ、キープ。ズベレフ、ゲームポイントでエースを決める。(スコア:ジョコビッチ 2-4 ズベレフ)

第7ゲーム

ジョコビッチのサービス。ズベレフがブレイクポイントを獲得も、続くラリーはジョコビッチが制しジュースとなる。
2度のジュースの末、ジョコビッチがサービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 3-4 ズベレフ)

第8ゲーム

会場に「ノール(ノバク・ジョコビッチの愛称)」コールが沸き起こる。

ズベレフ、ラブゲームでキープ。(スコア:ジョコビッチ 3-5 ズベレフ)

第9ゲーム

ジョコビッチのサービス。ジュースとなり、ジョコビッチがアドバンテージを獲得するが、続くジョコビッチのショットはネットに当たりラインの外へ。再びジュースとなる。
ジョコビッチのダブルフォルトで、ズベレフがブレイクポイント(チャンピオンシップポイント)を獲得。
ジョコビッチのショットはラインを越え、ズベレフが再度のブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 3-6 ズベレフ)

第2セットもズベレフが獲得しストレートで試合に勝利(ズベレフ – ジョコビッチ:6-4 6-3)。1時間21分で試合終了。

アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)がローマBNLイタリア国際(ATP1000)」優勝!を果たした。

Summary

ジョコビッチ 4-6 3-6 ズベレフ
1本 エース 7本
11 ウィナー 16
2 ダブルフォルト 3
27 Unforced エラー 14
64 %
(43/67)
第1サーブ 率 71 %
(32/45)
70 %
(30/43)
第1サーブ ポイント
獲得率
84 %
(27/32)
38 %
(9/24)
第2サーブ ポイント
獲得率
69 %
(9/13)
– %
(0/0)
ブレイクポイント
成功率
60 %
(3/5)
20 %
(28/67)
リターンポイント
成功率
42 %
(28/67)
48 ポイント獲得合計 64

トーナメント表(ドロー)

ローマ「BNLイタリア国際」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・マレー・ジョコ・ナダル他出場
ローマ「BNLイタリア国際(ATP1000)」のトーナメント表(ドロー)が発表された。2017年5月14日~21日(現地時間)、イタ...

2017年6月 トップ選手大会出場予定

トップ選手大会出場予定【2017年6月】:錦織圭・マレー・フェデラー・ナダル他
2017年6月開催の世界テニス男子シングルス、各大会へのトップ選手出場予定を紹介する。 5月28日~6月11日までにか...

ローマBNLイタリア国際後の大会