【ロジャー・フェデラーの軌跡2】プロデビュー~グランドスラム初優勝

ロジャー・フェデラー(スイス)は、1998年にジュニア世界チャンピオンとなり、同年17才でプロに転向した。

ジュニア時代、1998年7月にスイス グスタード開催の「スイス・オープン・グスタード」でATPツアー(現在のATPワールド・ツアー)デビューを実現するが、初戦敗退。
バーゼル「スイス・インドアーズ・バーゼル」では第1回戦でアンドレ・アガシ(アメリカ)と対戦し敗退する。

そしてプロ転向後の1999年1月、ATPワールド・ツアーの下位ツアーであるATP チャレンジャー・ツアーの1つ、ドイツ ハイルブロンの大会の予選を突破し出場。準決勝に進出した。

翌月には、フランス マルセイユ「オープン13」にワイルドカードとして出場の機会を得る。

【ロジャー・フェデラーの軌跡1】幼少期~ジュニア時代 はこちら

スポンサーリンク

1999年 モヤに勝利、世界ランキング64位へ

1999年2月、ロジャー・フェデラー(スイス)はフランス マルセイユ「オープン13」にワイルドカードとして出場。

第1回戦の対戦相手は、第1シードであり翌月には世界ランキング1位を獲得する、カルロス・モヤ(スペイン)であった。

そして第1回戦、第1セットをタイブレイクの末にロジャー・フェデラーが獲得。
フルセット、1時間53分に及ぶ接戦となり、17才のロジャー・フェデラーがカルロス・モヤに勝利
さらにロジャー・フェデラーはその後、準々決勝(ベスト8)進出を果たした。

ロジャー・フェデラーは続くロッテルダム「ABN AMRO ワールド・テニス」では予選を突破し本選に出場、2大会連続で準々決勝に進出した。

1999年は、全仏オープン、ウィンブルドンに出場しグランドスラム(4大大会)デビューも果たすが、いずれも初戦敗退。

しかし、着々と実績を積み上げ、1999年9月には、世界ランキング100位以内に浮上。1999年末世界ランキングを64位で終えた。

ロジャー・フェデラー 1999年成績

 大会 ・開催地 成績 サーフェスカテゴリ開催国
2月マルセイユベスト8/32ハード-フランス
2月ロッテルダムベスト8/32カーペット-オランダ
3月マイアミR128/96ハードATP Super 9アメリカ
4月モンテカルロR64/56クレーATP Super 9モナコ
5月全仏オープンR128/128クレーグランドスラムフランス
6月ロンドン・クイーンズクラブR64/56-イギリス
6月ウィンブルドンR128/128グランドスラムイギリス
7月グスタードR32/32クレー-スイス
8月ワシントンDCR64/56ハード-アメリカ
9月タシュケントR16/32ハード-ウズベキスタン
9月トゥールーズR16/32ハード-フランス
10月バーゼルベスト8/32カーペット-スイス
10月ウィーンベスト4/32ハード-オーストリア
10月リヨンR32/48カーペット-フランス

2000年 期待されるが優勝なし 世界ランキングは29位へ

ロジャー・フェデラー(スイス)は2000年、マルセイユの大会に再度出場、決勝まで進出し、決勝戦でスイスの同胞マルク・ロセに敗北するが、準優勝を獲得した。

続くロンドン大会でも、準々決勝に進出するが、マルセイユ決勝戦と同じマルク・ロセ(スイス)に敗れた。

当時、スイステニス協会は内紛にあり、選手たちはストライキするか否かの状況にあった。
マルク・ロセ(スイス)は、ロジャー・フェデラーの先輩であり、混乱を共に戦った同士でもあった。

その後、コペンハーゲン大会でも準決勝進出を果たしたロジャー・フェデラーは、2000年4月、スイス・テニス協会から独立する。
同時期、オールドボーイズ時代(「オールドボーイズ」はロジャー・フェデラー幼少期に所属していたテニスクラブ)から長年指導を仰いだコーチ、ピーター・カーターから離れることとなる。

ロジャー・フェデラーは、シドニーオリンピックにスイス代表として出場。男子シングルスで1セットも失うことなく準決勝に進出し、メダル獲得が期待される。
しかし、準決勝でトミー・ハース(ドイツ)に敗れ、3位決定戦ではアルノー・ディ・パスカル(フランス)に敗北、4位に終わる。

この2000年シドニーオリンピックがきっかけで、スイスのテニス女子代表、「ミルカ」ことミロスラヴァ・ヴァヴリネックとの交際を開始。
ミルカは後の2009年、ロジャー・フェデラーと結婚する。

10月には、地元バーゼル開催の「スイス・インドアーズ・バーゼル」に再度出場し、準決勝で当時世界ランキング9位のレイトン・ヒューイット(オーストラリア)を下すが、決勝戦で同6位であったトーマス・エンクビスト(スウェーデン)に敗れ、準優勝を獲得する。

2000年末、ロジャー・フェデラーは世界ランキングを29位で終えた。

ロジャー・フェデラー 2000年成績

 大会 ・開催地 成績 サーフェスカテゴリ開催国
1月アデレードR16/32ハード-オーストラリア
1月オークランドR32/32ハード-ニュージーランド
1月全豪オープンR32/128ハードグランドスラムオーストラリア
2月マルセイユ準優勝/32ハード-フランス
2月ロンドンベスト8/32ハード-イギリス
2月コペンハーゲンベスト4/32ハード-デンマーク
3月マイアミR64/96ハードマスターズアメリカ
4月モンテカルロR64/64クレーマスターズモナコ
4月バルセロナR64/56クレー-スペイン
5月ローマR64/64クレーマスターズイタリア
5月ハンブルグR64/64クレーマスターズドイツ
5月ザンクト・ペルテンR32/32クレー-オーストリア
5月全仏オープンR16/128クレーグランドスラムフランス
6月ハレベスト8/32-ドイツ
6月ノッティンガムR32/32-イギリス
6月ウィンブルドンR128/128グランドスラムイギリス
7月グスタードR32/32クレー-スイス
7月トロントR64/64ハードマスターズカナダ
8月シンシナティR64/64ハードマスターズアメリカ
8月インディアナポリスR64/56ハード-アメリカ
8月全米オープンR32/128ハードグランドスラムアメリカ
9月シドニーオリンピック4位/64ハード-オーストラリア
10月ウィーンベスト4/32ハード-オーストリア
10月バーゼル準優勝/32カーペット-スイス
10月シュトゥットガルトR32/48ハードマスターズドイツ
11月リヨンR16/32カーペット-フランス
11月パリR64/48カーペットマスターズフランス
11月ストックホルムR16/32ハード-スウェーデン

2001年 初タイトル獲得 世界ランキングTOP 10入り

2001年初め、ロジャー・フェデラー(スイス)はミラノ大会で初優勝を獲得する。
準決勝・決勝はフルセットの試合となり、決勝戦では2時間20分に及ぶ接戦の末、勝利。念願の初タイトルを獲得した。

続くマルセイユ大会でも準決勝に進出、ロッテルダム大会では準優勝を果たした。

当時グランドスラムに次ぐ大会であったマイアミ テニス・マスターズ(現在のATP ワールド・ツアー・マスターズ1000)では準々決勝に進出。

遂に世界ランキングTOP 10 に躍り出た。

そして、グランドスラム「全仏オープン」で準々決勝に進出

グランドスラム「ウィンブルドン」では、第4回戦で大会第1シード ピート・サンプラス(アメリカ)と対戦した。

ピート・サンプラス(アメリカ)は、ウィンブルドン計7回優勝しており、当時4連覇中(1997年~2000年連続優勝)であった。
更に、ロジャー・フェデラーとの試合前まで31試合連続勝利を記録していた。

両者は初対戦の大舞台で、フルセット、3時間41分に及ぶ激戦を繰り広げ、ロジャー・フェデラーが勝利

優勝候補であった大スターに勝利し、ピート・サンプラス(アメリカ)自身がロジャー・フェデラーを「ロジャーは格別」と絶賛したことで、ロジャー・フェデラーはテニス界の注目を集めた。

なお、ロジャー・フェデラーとピート・サンプラス(アメリカ)との対戦は、公式試合ではこの1試合のみとなった。

ロジャー・フェデラーは準々決勝に進出するが、準々決勝でもう一人の優勝候補、ティム・ヘンマン(イギリス)と対戦し敗退する。

ウィンブルドン後、ロジャー・フェデラーは内転筋(内ももの筋肉)を傷め、カナダ・マスターズやシンシナシティ大会を欠場。

バーゼル大会では決勝に進出するが、ウィンブルドンと同じティム・ヘンマン(イギリス)に敗れ、準優勝となる。

2001年末世界ランキングを13位で終えた。

ロジャー・フェデラー 2001年成績

 大会 ・開催地 成績 サーフェスカテゴリ開催国
1月シドニーベスト8/32ハード-オーストラリア
1月全豪オープンR32/128ハードグランドスラムオーストラリア
1月ミラノ優勝/32カーペット-イタリア
2月マルセイユベスト4/32ハード-フランス
2月ロッテルダム準優勝/32ハード-オランダ
3月インディアンウェルズR64/64ハードマスターズアメリカ
3月マイアミベスト8/96ハードマスターズアメリカ
4月モンテカルロベスト8/64クレーマスターズモナコ
5月ローマR16/64クレーマスターズイタリア
5月ハンブルグR64/64クレーマスターズドイツ
5月全仏オープンベスト8/128クレーグランドスラムフランス
6月ハレベスト8/32-ドイツ
6月スヘルトーヘンボスベスト4/32-オランダ
6月ウィンブルドンベスト8/128グランドスラムイギリス
7月グスタードR32/32クレー-スイス
8月全米オープンR16/128ハードグランドスラムアメリカ
10月モスクワR32/32カーペット-ロシア
10月ウィーンベスト8/32ハード-オーストリア
10月シュトゥットガルトR32/48ハードマスターズドイツ
10月バーゼル準優勝/32カーペット-スイス
10月パリR32/48カーペットマスターズフランス

2002年 恩師との別れ、ファイナル初出場

2002年、シドニー大会優勝で新年のスタートを切ったロジャー・フェデラー(スイス)は、前回ウィンブルドンでピート・サンプラス(アメリカ)に勝利したこともあり、続くグランドスラム「全豪オープン」で活躍の期待を一心に背負っていた。

グランドスラム「全豪オープン」第1回戦でマイケル・チャン(アメリカ)にストレートで勝利し、ドローにも恵まれたと見られていたが、第4回戦でトミー・ハース(ドイツ)に敗退を喫する。

天性の才能と恵まれた体格を持つロジャー・フェデラーは、まだ青年であり、溢れるエネルギーを上手くコントロールできずにいた。

2001年5月のハンブルグ大会では、第1回戦で敗れた直後、ラケットを叩き折った。

2002年2月~3月に開催されたドバイ大会では、第2回戦、第1セットを失った後、第2セットを投げやりな様子でプレーし敗北。このときの態度が問題となり、ロジャー・フェデラーは大会から約束されていた報酬の支払いをストップされた。※

※ 交渉により、報酬は、翌年大会にて適切な努力をした場合に支払うという「保留」扱いになった。そして、ロジャー・フェデラーは翌年、ドバイ大会に出場し優勝。”努力”を示し、報酬の支払いを受けた。その後、ロジャー・フェデラーは大会3連覇を収めることとなる。

改心したロジャー・フェデラーは、3月のマイアミ テニス・マスターズにて、宿敵ティム・ヘンマン(イギリス)を下し、準決勝では当時世界ランキング1位であったレイトン・ヒューイット(オーストラリア)に勝利した。

決勝戦ではアンドレ・アガシ(アメリカ)に敗れ準優勝となるが、テニス・マスターズでの決勝進出、世界ランキング1位に勝利したことはロジャー・フェデラーにとって初めての経験であり、大きな自信につながった。

その後、ロジャー・フェデラーは、前年に第1回戦で敗れラケットを折ったハンブルグ大会に再度出場。遂にテニス・マスターズ初優勝!を果たした。

2002年ハンブルグ大会には、第11シードとして出場。決勝戦では、マラト・サフィン(ロシア)と対戦。
マラト・サフィン(ロシア)は、準々決勝でレイトン・ヒューイット(オーストラリア)にストレートで勝利し、その後決勝進出を決めていた。
決勝戦は、5セットマッチ(3セット先取)で行われたが、ロジャー・フェデラーが第1セットを6-1 で奪い試合をリード、計8回のブレイクに成功し、2時間2分、ストレートで勝利。
念願のテニス・マスターズ初タイトルを獲得した。
(Twitter: ハンブルグ大会決勝戦、フェデラー優勝)

しかし、期待されていたグランドスラム「全仏オープン」、「ウインブルドン」に初戦敗退

トロント テニス・マスターズでも初戦敗退となる。

このトロント テニス・マスターズ第1回戦で敗退した直後、ロジャー・フェデラーは、少年時代からの恩師、ピーター・カーターの死亡を聞かされる。
ハネムーン中の自動車事故であった。

ロジャー・フェデラーはピーター・カーターの死を乗り越え、大人になったと言われている。実際、コートで癇癪を起すことがなくなった。

後に、ロジャー・フェデラーは
「ピーターの死は僕のキャリアに大きな影響を与え、人生観も変えた」
と語っている。

シーズン終盤、ロジャー・フェデラーは、ランキング上位8名のみが出場できるマスターズカップ(現在のATP ワールド・ツアー・ファイナル)に初出場し、準決勝進出を果たす

準決勝ではレイトン・ヒューイット(オーストラリア)に敗れたが、準決勝前のラウンドロビン(総当たり戦)で3戦全勝。2002年末世界ランキングを6位で終えた。

ロジャー・フェデラー 2002年成績

 大会 ・開催地 成績 サーフェスカテゴリ開催国
1月シドニー優勝/32ハード-オーストラリア
1月全豪オープンR16/128ハードグランドスラムオーストラリア
1月ミラノ準優勝/32カーペット-イタリア
2月ロッテルダムベスト8/32ハード-オランダ
2月ドバイR16/32ハード-アラブ首長国連邦
3月インディアンウェルズR16/64ハードマスターズアメリカ
3月マイアミ準優勝/96ハードマスターズアメリカ
4月モンテカルロR32/64クレーマスターズモナコ
5月ローマR64/64クレーマスターズイタリア
5月ハンブルグ優勝/64クレーマスターズドイツ
5月全仏オープンR128/128クレーグランドスラムフランス
6月ハレベスト4/32-ドイツ
6月スヘルトーヘンボスベスト8/32-オランダ
6月ウィンブルドンR128/128グランドスラムイギリス
7月グスタードR16/32クレー-スイス
7月トロントR64/64ハードマスターズカナダ
8月シンシナティR64/64ハードマスターズアメリカ
8月ロングアイランドR32/48ハード-アメリカ
8月全米オープンR16/128ハードグランドスラムアメリカ
9月モスクワベスト8/32カーペット-ロシア
10月ウィーン優勝/32ハード-オーストリア
10月マドリッドベスト8/48ハードマスターズスペイン
10月バーゼルベスト4/32カーペット-スイス
10月パリベスト8/48カーペットマスターズフランス
11月マスターズカップベスト4/8ハード--
12月ドーハベスト8/32ハード-カタール

2003年 グランドスラム初優勝

2003年初め、ロジャー・フェデラー(スイス)はマルセイユ大会、ドバイ大会、ミュンヘン大会に優勝、ロッテルダム大会では準決勝に進出、マイアミ大会でも準々決勝に進出し、世界ランキング5位を獲得した。

順調なスタートを切ったと見られ、世界トップの座が期待された矢先、グランドスラム「全仏オープン」に初戦で敗退する。初戦敗退は2年連続となった。

「期待を裏切る天才児」「最高の舞台で活躍する器でない」「天才は大成しない」など、ロジャー・フェデラーの今後を疑問視する声がささやかれ始めた。

グラス(芝)・コート シーズンに入り、ロジャー・フェデラーはウィンブルドン前哨戦とも呼ばれるハレ大会に優勝

そして、グランドスラム「ウィンブルドン」で優勝を果たした

ロジャー・フェデラー 21才、初めてのグランドスラム タイトルであった。

決勝戦に勝利した後、コート上でのインタビューでロジャー・フェデラーは
「子供の頃からの夢を遂に実現できた。そして今ここにいる…」と涙で言葉を詰まらせた。

試合後の記者会見では、
「大きなプレッシャーがあった。やっと期待に応えられて、ホッとしている」

と語った。本心であろう。

こうして、ロジャー・フェデラーの偉業がスタートした。

グランドスラム「全米オープン」はベスト16で敗退するも、ウィーン大会に優勝
年末のマスターズカップではアンドレ・アガシ(アメリカ)に初めて勝利、優勝を果たした。

2003年末世界ランキングをアンディ・ロディック(アメリカ)に次ぐ世界2位で終えた。

ロジャー・フェデラー 2003年成績

 大会 ・開催地 成績 サーフェスカテゴリ開催国
1月シドニーR32/32ハード-オーストラリア
1月全豪オープンR16/128ハードグランドスラムオーストラリア
2月マルセイユ優勝/32ハード-フランス
2月ロッテルダムベスト4/32ハード-オランダ
2月ドバイ優勝/32ハード-アラブ首長国連邦
3月インディアンウェルズR32/64ハードマスターズアメリカ
3月マイアミベスト8/96ハードマスターズアメリカ
4月ミュンヘン優勝/32クレー-ドイツ
5月ローマ準優勝/64クレーマスターズイタリア
5月ハンブルグR16/64クレーマスターズドイツ
5月全仏オープンR128/128クレーグランドスラムフランス
6月ハレ優勝/32-ドイツ
6月ウィンブルドン優勝/128グランドスラムイギリス
7月グスタード準優勝/32クレー-スイス
8月モントリオールベスト4/64ハードマスターズカナダ
8月シンシナティR32/64ハードマスターズアメリカ
8月全米オープンR16/128ハードグランドスラムアメリカ
10月ウィーン優勝/32ハード-オーストリア
10月マドリッドベスト4/48ハードマスターズスペイン
10月バーゼルR16/32カーペット-スイス
10月パリベスト8/48カーペットマスターズフランス
11月マスターズカップ優勝/8ハード--

【ロジャー・フェデラーの軌跡1】幼少期~ジュニア時代 はこちら

【ロジャー・フェデラーの軌跡1】幼少期~ジュニア時代
ロジャー・フェデラー(スイス)は、1981年8月8日、スイス バーゼルで、スイス人の父ローベルト・フェデラーと南アフリカ出身...