A. マレーvsワウリンカ試合結果詳細:「全仏オープン」2017年準決勝

2017年6月9日、グランドスラム「全仏オープン」では準決勝の試合が開催され、世界ランキング1位アンディ・マレー(イギリス)と同3位スタン・ワウリンカ(スイス)が対戦した。

両者は昨年「全仏オープン」でも同じく準決勝で対戦しており、1年を経ての再対決となる。昨年の準決勝は、アンディ・マレー(イギリス)がスタン・ワウリンカ(スイス)に勝利した。

2017年「全仏オープンは、準々決勝にて、アンディ・マレー(イギリス)は錦織圭(日本)を下しスタン・ワウリンカ(スイス)はマリン・チリッチ(クロアチア)に勝利しての準決勝進出。

アンディ・マレー(イギリス)は、準々決勝立ち上がりで錦織圭(日本)にリードを許し、錦織圭(日本)が2度のブレイクで第1セットを獲得するなど、試合は完全に錦織圭(日本)支配かに思われた。
しかし、続く第2セットをアンディ・マレー(イギリス)が獲得。錦織圭(日本)はエラーを連発し、勝利は徐々に調子を取り戻したアンディ・マレー(イギリス)のものとなった。

錦織圭 vs. マレー試合結果詳細はこちら

一方のスタン・ワウリンカ(スイス)は、マリン・チリッチ(クロアチア)にストレート勝ちの快勝。
今大会、全てストレートで勝利し準決勝への進出を決めている。

また、世界ランキング2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が準々決勝で敗退。ランキングを世界3位以下に下げることが確定しており、現在世界3位であるスタン・ワウリンカ(スイス)は自身初となる世界2位の座に近付いている。

アンディ・マレー(イギリス)の世界1位キープは確定しており、スタン・ワウリンカ(スイス)と世界2位の座を争うのは、準決勝ドミニク・ティエム(オーストリア)と対戦するクレーキング ラファエル・ナダル(スペイン)。

スタン・ワウリンカ(スイス)が世界2位となるには、

準決勝にて、スタン・ワウリンカ(スイス)勝利 、ラファエル・ナダル(スペイン)敗退
準決勝は両者勝利し、スタン・ワウリンカ(スイス)が優勝

のいずれか。

そして、スタン・ワウリンカ(スイス)は準決勝アンディ・マレー(イギリス)に敗退すると、世界3位から世界4位に転落する。

アンディ・マレー(イギリス)とスタン・ワウリンカ(スイス)の過去の対戦成績は、アンディ・マレー(イギリス)の10勝7敗(勝率59 %)

直近の対戦は昨年「ATPワールドツアー・ファイナル」でのラウンドロビン(総当たり戦)。
この時は、アンディ・マレー(イギリス)がストレートで勝利。その後、アンディ・マレー(イギリス)は「ATPワールドツアー・ファイナル」に優勝。世界ランキング1位でシーズンを終えた。

再度の対戦となったグランドスラム「全仏オープン」2017年準決勝
アンディ・マレー(イギリス)vs. スタン・ワウリンカ(スイス)の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

ワウリンカのサーブで試合開始。ワウリンカ、最初のサーブをエースで決める。ワウリンカがラブゲームでキープ。

第2ゲーム

マレー、キープ。

第3ゲーム

ワウリンカのサービス。マレーがドロップショットを決め、ブレイクポイントを獲得。
ワウリンカのスマッシュをマレーが返すが、2度目のスマッシュに対するマレーのリターンはアウト。ジュースとなる。ワウリンカがアドバンテージを獲得、サービスゲームをキープ。

第4ゲーム

マレーのサービス。マレーが2ゲームポイントを迎えるが、ワウリンカがバックハンドのスーパーショット、続いてリターン・エースを決め、ジュースとなる。マレーが強力なサーブでアドバンテージを獲得し、ゲームキープ。(スコア:マレー 2-2 ワウリンカ)

第5ゲーム

ワウリンカ、ラブゲームでキープ。(スコア:マレー 2-3 ワウリンカ)

第6ゲーム

マレー、ラブゲームでキープ。(スコア:マレー 3-3 ワウリンカ)

第7ゲーム

ワウリンカのサービス。2度のジュースの末、ワウリンカがゲームキープ。(スコア:マレー 3-4 ワウリンカ)

第8ゲーム

マレーのサービス。ジュースとなり、マレーのダブルフォルトでワウリンカがブレイクポイントを獲得。
ワウリンカのショットはネットに当たりアウト。再びジュースとなる。
続くラリー、ワウリンカがフォアファンド・ウィナーを決め、再度のブレイクポイントを獲得。
続いてもワウリンカがフォアファンドのウィナー。ワウリンカがブレイクに成功。(スコア:マレー 3-5 ワウリンカ)

第9ゲーム

ワウリンカのサービス for the セット。マレーがブレイクポイントを獲得。
続いてワウリンカのショットはラインを越え、マレーがブレイクバックに成功。(スコア:マレー 4-5 ワウリンカ)

第10ゲーム

マレー、ラブゲームでキープ。(スコア:マレー 5-5 ワウリンカ)

第11ゲーム

ワウリンカ、キープ。(スコア:マレー 5-6 ワウリンカ)

第12ゲーム

マレー、キープ。(スコア:マレー 6-6 ワウリンカ)

第1セットは両者譲らず、試合はタイブレイクに突入

タイブレイク

マレー – ワウリンカ 太字:ミニブレイク

1-0, 1-1 2-1, 2-2 3-2, 4-2 4-3, 4-4 5-4, 5-5 5-6, 6-6 7-6, 8-6

タイブレイクをマレーが制し第1セットを獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

マレーのサーブで試合再開。マレー、キープ。

第2ゲーム

ワウリンカのサービス。ジュースの末、ワウリンカがゲームキープ。

第3ゲーム

マレー、キープ。

第4ゲーム

ワウリンカ、ラブゲームでキープ。(スコア:マレー 2-2 ワウリンカ)

第5ゲーム

マレーのサービス。ジュースとなり、マレーがアドバンテージを獲得するが、続いてネット際に出たマレーのリターンはネットへ。
2度目のジュースでもマレーがアドバンテージを獲得。ワウリンカがフォアファンド・ウィナーを決め、3度目のジュースに突入。
今度はワウリンカがブレイクポイントを獲得。マレーが強力な第1サーブを決めセーブ。4度目のジュースへ。
マレーがサービスゲームをキープ。(スコア:マレー 3-2 ワウリンカ)

第6ゲーム

ワウリンカ、キープ。(スコア:マレー 3-3 ワウリンカ)

第7ゲーム

マレーのサービス。マレーのダブルフォルトで、ワウリンカが3ブレイクポイントを獲得。
ワウリンカがバックハンドのウィナーを決め、ブレイクに成功。(スコア:マレー 3-4 ワウリンカ)

第8ゲーム

ワウリンカのサービス。ジュースの末、ワウリンカがブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:マレー 3-5 ワウリンカ)

第9ゲーム

マレーのサービス。最初のポイントはマレーのダブルフォルトでワウリンカが獲得。
ワウリンカがブレイクポイント(セットポイント)を獲得。ワウリンカがフォアファンドでリターン・エースを決め、再度のブレイクに成功。(スコア:マレー 3-6 ワウリンカ)

第2セットはワウリンカが獲得、試合は第3セットへ。

Set 3

第1ゲーム

ワウリンカのサーブで試合再開。ワウリンカ、ラブゲームでキープ。(スコア:マレー 0-1 ワウリンカ)

第2ゲーム

マレーのサービス。ワウリンカがブレイクポイントを獲得。
続いてマレーのショットはラインを外れ、ワウリンカが試合再開早々のブレイクに成功。(スコア:マレー 0-2 ワウリンカ)

第3ゲーム

ワウリンカ、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:マレー 0-3 ワウリンカ)

第4ゲーム

マレー、キープ。(スコア:マレー 1-3 ワウリンカ)

第5ゲーム

ワウリンカのサービス。ジュースとなり、続くラリーでワウリンカのバックハンド・ショットがわずかにアウト。マレーがブレイクポイントを獲得する。
続いてのラリー、ワウリンカのショットがネットに阻まれ、マレーがブレイクバックに成功。(スコア:マレー 2-3 ワウリンカ)

第6ゲーム

マレーのサービス。ワウリンカが2ブレイクポイントを獲得。
マレーがフォアファンド・ウィナーを決め、続いてラリーではワウリンカのダウン・ザ・ラインがアウトとなり、ジュースに突入。
ワウリンカのドロップショット、マレーはリターンを返すもラインをわずかに外れ、ワウリンカが再度のブレイクポイントを獲得。
ワウリンカのリターンはネット。再びジュースとなる。
ワウリンカがスマッシュを決め、4度目のブレイクポイントを獲得。ワウリンカがブレイクに成功。(スコア:マレー 2-4 ワウリンカ)

第7ゲーム

ワウリンカのサービス。マレーがブレイクポイントを獲得。
ワウリンカがスマッシュを決めセーブ、ジュースとなる。
マレーが再度のブレイクポイントを獲得。ワウリンカがフォアハンドのダウン・ザ・ラインを決め、2度目のジュース。
ワウリンカのショットはネットに阻まれ、マレーが3度目のブレイクポイントを獲得。
マレーがクロスコート・ウィナーを決め、ブレイクバックに成功。(スコア:マレー 3-4 ワウリンカ)

第8ゲーム

マレー、キープ。(スコア:マレー 4-4 ワウリンカ)

第9ゲーム

ワウリンカのサービス。マレーが2ブレイクポイントを獲得。
マレーのショットはネットに阻まれ、ワウリンカが強力なサーブでセーブしジュースとなる。
ワウリンカがエースでアドバンテージを獲得。ワウリンカ、スマッシュを決めサービスゲームをキープ。(スコア:マレー 4-5 ワウリンカ)

第10ゲーム

マレー、キープ。(スコア:マレー 5-5 ワウリンカ)

第11ゲーム

ワウリンカのサービス。マレーが3ブレイクポイントを獲得。
ワウリンカが強力なサーブで1ポイントをセーブ。
続いて、ワウリンカのボレーはネットに阻まれ、マレーがブレイクに成功。(スコア:マレー 6-5 ワウリンカ)

第12ゲーム

スタンドでは観客のウェーブが起こる。

マレーのサービス for the セット。マレー、キープ。(スコア:マレー 7-5 ワウリンカ)

第3セットをマレーが獲得、試合は第4セットへ。

Set 4

第1ゲーム

ワウリンカのサーブで試合再開。ワウリンカ、キープ。

第2ゲーム

マレーのサービス。最初のポイントはマレーのダブルフォルトで、ワウリンカが獲得。
その後、マレーは自身にとって試合初のエースを決める。マレーがゲームキープ。

第3ゲーム

ワウリンカ、キープ。

第4ゲーム

マレー、キープ。(スコア:マレー 2-2 ワウリンカ)

第5ゲーム

ワウリンカ、キープ。(スコア:マレー 2-3 ワウリンカ)

第6ゲーム

マレー、キープ。(スコア:マレー 3-3 ワウリンカ)

第7ゲーム

ワウリンカのサービス。ワウリンカ、スーパーショットでゲームポイントを獲得するが、続いてのラリーではラインを外し、ジュースとなる。
ワウリンカが強力なサーブでアドバンテージを獲得、サービスゲームをキープ。(スコア:マレー 3-4 ワウリンカ)

第8ゲーム

マレー、ラブゲームでキープ。(スコア:マレー 4-4 ワウリンカ)

第9ゲーム

ワウリンカ、ラブゲームでキープ。(スコア:マレー 4-5 ワウリンカ)

第10ゲーム

マレー、キープ。(スコア:マレー 5-5 ワウリンカ)

第11ゲーム

ワウリンカ、ラブゲームでキープ。(スコア:マレー 5-6 ワウリンカ)

第12ゲーム

マレー、キープ。(スコア:マレー 6-6 ワウリンカ)

第4セットは両者ブレイクならず、試合はタイブレイクに突入

タイブレイク

マレー – ワウリンカ 太字:ミニブレイク

0-1, 0-2 1-2, 2-2 2-3, 2-4 3-4, 3-5 3-6, 3-7

タイブレイクをワウリンカが制し第4セットを獲得、試合は最終第5セットに突入。

Set 5

第1ゲーム

マレーのサーブで試合再開。ワウリンカが2ブレイクポイントを獲得。
続いて、ワウリンカのスライスに対し、ネット際に出たマレーのリターンがネットに阻まれる。ワウリンカが試合再開早々のブレイクに成功。(スコア:マレー 0-1 ワウリンカ)

第2ゲーム

ワウリンカ、ブレイク直後のサービスゲームをラブゲームでキープ。(スコア:マレー 0-2 ワウリンカ)

第3ゲーム

マレーのサービス。ワウリンカがブレイクポイントを獲得。
ラリーとなり、マレーのショットがラインを越える。ワウリンカが再度のブレイクに成功。(スコア:マレー 0-3 ワウリンカ)

第4ゲーム

ワウリンカのサービス。最初のポイントはワウリンカのダブルフォルトでマレーが獲得。
ワウリンカ、キープ。(スコア:マレー 0-4 ワウリンカ)

第5ゲーム

マレーのサービス。またもやワウリンカがブレイクポイントを獲得。
マレーのドロップショット、ワウリンカがフォアハンドでリターン、ウィナーとなる。ワウリンカが第5セット3度目のブレイクに成功。(スコア:マレー 0-5 ワウリンカ)

第6ゲーム

ワウリンカのサービス for the マッチ。マレーがブレイクポイントを獲得。
ワウリンカが時速206 km のエースでセーブしジュースとなる。
マレーが再度のブレイクポイントを獲得。マレーが1度目のブレイクバックに成功。(スコア:マレー 1-5 ワウリンカ)

第7ゲーム

マレーのサービス。マレーにダブルフォルト。ワウリンカが2ブレイクポイント(マッチポイント)を獲得。
ワウリンカがバックハンド・ウィナーを決め、ブレイクに成功。(スコア:マレー 1-6 ワウリンカ)

最終第5セットはワウリンカが獲得し、試合に勝利(ワウリンカ – マレー:66-7 6-3 5-7 7-63 6-1)。4時間34分で試合終了。

スタン・ワウリンカ(スイス)がアンディ・マレー(イギリス)を下し、グランドスラム「全仏オープン」2017年決勝進出を決めた。
決勝戦では、ラファエル・ナダル(スペイン)またはドミニク・ティエム(オーストリア)と対戦する。

他の試合結果(ドロー)はこちら

【準々決勝】マレー vs. 錦織圭 試合結果詳細

錦織圭vs A. マレー試合結果詳細:「全仏オープン」2017年準々決勝
日本の錦織圭は、2017年グランドスラム「全仏オープン」準々決勝に進出し、2017年6月7日、世界ランキング1位 アンディ・マレー(...

【ベスト16】ワウリンカ vs. モンフィス 試合結果詳細

ワウリンカvsモンフィス試合結果詳細:「全仏オープン」2017年ベスト16
2017年6月5日、グランドスラム「全仏オープン」では第4回戦ベスト16 トーナメント表(ドロー)トップハーフの試合が開催さ...

最新世界ランキング

【最新】ATP世界ランキングTOP 50:テニス男子シングルス
※ 毎週更新 2018年11月12日付のATP世界ランキングが発表された。シングルスの最新世界ランキングを紹介する。 ランキ...

Summary

マレー 7-66 3-6 7-5 63-7 1-6 ワウリンカ
1本 エース 6本
36 ウィナー 87
5 ダブルフォルト 3
36 Unforced エラー 77
58 %
(100/173)
第1サーブ 率 60 %
(99/166)
66 %
(66/100)
第1サーブ ポイント
獲得率
66 %
(65/99)
47 %
(34/73)
第2サーブ ポイント
獲得率
61 %
(41/67)
42 %
(5/12)
ブレイクポイント
成功率
64 %
(9/4)
36 %
(60/166)
リターンポイント
成功率
42 %
(73/173)
160 ポイント獲得合計 179

トーナメント表(ドロー)

「全仏オープン」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・ナダル他トップ選手集結
グランドスラム(4大大会)「全仏オープン」2017年のトーナメント表(ドロー)が遂に発表された。2017年5月28日~6月11日、フ...

「全仏オープン」試合スケジュール

「全仏オープン」2017年試合スケジュール:錦織圭、ナダル、マレー、ジョコビッチ出場予定
2017年グランドスラム「全仏オープン」の試合スケジュール、各選手の出場予定時間、対戦カードを紹介する。開催地はフランス パ...