ジョコビッチvsティエム試合結果詳細:「全仏オープン」2017年準々決勝

2017年6月7日、グランドスラム「全仏オープン」準々決勝の試合が開催され、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)とドミニク・ティエム(オーストリア)が対戦した。
(試合は6月6日を予定していたが、雨のため順延となり、翌日に開催された。)

両者は、先月ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」準決勝で対戦したばかり。
同大会準々決勝にて、今シーズン、クレーコートで圧倒的な強さを誇るラファエル・ナダル(スペイン)を敗退に追い込んだドミニク・ティエム(オーストリア)。
準決勝では、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が2017年最高とも言えるプレーを披露し、ドミニク・ティエム(オーストリア)に勝利した。

ドミニク・ティエム(オーストリア)は今大会、全てストレートで勝利し準々決勝へ進出。質な高いプレーで順調な勝ち上がりを見せている。

2017年ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」を含め、両者の過去の対戦成績は、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の5戦全勝

昨年の「全仏オープン」準決勝でも対戦しており、この時もノバク・ジョコビッチ(セルビア)がストレートで勝利した。

大会2連覇を狙うノバク・ジョコビッチ(セルビア)。
クレーキング ラファエル・ナダル(スペイン)の連勝を止めたドミニク・ティエム(オーストリア)。
注目の再対決となる。

グランドスラム「全仏オープン」準々決勝ノバク・ジョコビッチ(セルビア)vs. ドミニク・ティエム(オーストリア)の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

ジョコビッチのサーブで試合開始。ジョコビッチが2ゲームポイントを迎えるが、ジョコビッチのエラーが重なり、ジュースとなる。ジョコビッチがフォアハンドのクロスコート・ウィナーを決め、アドバンテージを獲得。
ティエムのショットはラインを越え、ジョコビッチがゲームキープ。

第2ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:ジョコビッチ 1-1 ティエム)

第3ゲーム

ジョコビッチのサービス。ティエムが3ブレイクポイントを獲得。
ジョコビッチが強力なサーブで2ポイントをセーブ。続いてのラリーをジョコビッチが制し、ジュースとなる。
ティエムが再度ブレイクポイントを獲得。続いてラリー戦となりジョコビッチのスライスはラインを越える。
ティエムがブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 1-2 ティエム)

第4ゲーム

ティエムのサービス。ジョコビッチが3ブレイクポイントを獲得。
ティエムが1ポインtのをセーブするが、続くラリーはジョコビッチに軍配。早速のブレイクバックに成功。(スコア:ジョコビッチ 2-2 ティエム)

第5ゲーム

ジョコビッチのサービス。ジュースとなり、ティエムがブレイクポイントを獲得。
23ショットに及ぶラリー、ティエムのショットがラインを越え、再びジュース。
ティエムのショットがネットに阻まれ、ジョコビッチがアドバンテージを獲得。ティエムがバックハンド・ウィナーを決め3度目のジュース。
ジョコビッチがエースでアドバンテージを獲得するが、続いてのショットはラインを越え、またもやジュース。
ジョコビッチのゲームポイントで、ティエムのショットはアウトの判定となるも、主審が確認し判定はINに訂正。ポイントやり直しとなる。
計6度のジュースの末、ジョコビッチがサービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 3-2 ティエム)

第6ゲーム

ティエムのサービス。ジョコビッチが2ブレイクポイントを獲得。
続いて、ティエムのショットはエラー、ネットに阻まれ、ジョコビッチがブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 4-2 ティエム)

第7ゲーム

ジョコビッチのサービス。ジョコビッチに2連続ダブルフォルト。
ティエムが2ブレイクポイントを獲得。ジョコビッチが1ポイントをセーブ。続いて、ジョコビッチのショットはミスとなりラインを外れ、ティエムがブレイクバックに成功。(スコア:ジョコビッチ 4-3 ティエム)

ジョコビッチ、ラケットを叩きつける。

第8ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:ジョコビッチ 4-4 ティエム)

第9ゲーム

ジョコビッチ、ラブゲームでキープ。(スコア:ジョコビッチ 5-4 ティエム)

第10ゲーム

ティエムのサービス。ジョコビッチが2ブレイクポイント(セットポイント)を獲得。
ティエムがボレーを決め、続いてティエムのキックサーブに対するジョコビッチのリターンはネットへ。
ティエムがアドバンテージを獲得し、サービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 5-5 ティエム)

第11ゲーム

ジョコビッチ、キープ。(スコア:ジョコビッチ 6-5 ティエム)

第12ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:ジョコビッチ 6-6 ティエム)

第1セットは両者譲らず、試合はタイブレイクへ突入

タイブレイク

ジョコビッチ – ティエム 太字:ミニブレイク

0-1, 1-1 2-1, 2-2 2-3, 3-3 3-4, 4-4 4-5, 4-6 5-6, 5-7

タイブレイクをティエムが制し第1セットを獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

ティエムのサーブで試合再開。ティエム、キープ。(スコア:ジョコビッチ 0-1 ティエム)

第2ゲーム

ジョコビッチのサービス。ジュースとなり、ジョコビッチのダブルフォルトでティエムがブレイクポイントを獲得。
ジョコビッチがネット際に出てセーブし再びジュース。ジョコビッチがアドバンテージを獲得するが、続いてのラリーはティエムが制し3度目のジュース。
ティエムの重量感あるショットに対するジョコビッチのリターンはアウトとなり、ティエムが再度のブレイクポイントを獲得。
続いてのラリーはジョコビッチが制し、4度目のジュースに突入。
ティエムがフォアハンドのダウン・ザ・ラインを決め、3度目のブレイクポイントを獲得。
ティエムの角度あるバックハンドのショット、ボールを追うジョコビッチがバランスを崩す。
ティエムが試合再開早々のブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 0-2 ティエム)

第3ゲーム

ティエム、ブレイク直後のサービスゲームをラブゲームでキープ。(スコア:ジョコビッチ 0-3 ティエム)

第4ゲーム

ジョコビッチ、キープ。(スコア:ジョコビッチ 1-3 ティエム)

第5ゲーム

ティエム、ラブゲームでキープ。(スコア:ジョコビッチ 1-4 ティエム)

第6ゲーム

ジョコビッチ、キープ。(スコア:ジョコビッチ 2-4 ティエム)

第7ゲーム

ティエムのサービス。ジョコビッチがブレイクポイントを獲得。
ティエムのセーブでジュースとなる。ティエムが時速210 km のサーブを決めアドバンテージを獲得。ティエムがサービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 2-5 ティエム)

第8ゲーム

ジョコビッチ、ラブゲームでキープ。(スコア:ジョコビッチ 3-5 ティエム)

第9ゲーム

ティエムのサービス for the セット。ティエムが2セットポイントを迎えるが、続いてはティエムのダブルフォルト。
ティエムが角度あるサーブを放ち、ジョコビッチのリターンはネットへ。ティエムがサービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 3-6 ティエム)

第2セットもティエムが獲得、試合は第3セットへ。

Set 3

第1ゲーム

ジョコビッチのサーブで試合再開。ティエムがブレイクポイントを獲得。
ティエムのクロスコート・ショットはアウトとなり、ジュースに突入。
ティエムがドロップショットを決め、再度のブレイクポイントを獲得。ジョコビッチが強力なサーブでセーブし再びジュース。
ティエムが3度目のブレイクポイントを獲得、第3セット早々のブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 0-1 ティエム)

第2ゲーム

ティエム、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。ティエム、ゲームポイントでエースを決める。(スコア:ジョコビッチ 0-2 ティエム)

第3ゲーム

ジョコビッチのサービス。ティエムが3ブレイクポイントを獲得。
ティエムが再度のブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 0-3 ティエム)

第4ゲーム

ティエム、再びラブゲームでサービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 0-4 ティエム)

第5ゲーム

ジョコビッチのサービス。ティエムがブレイクポイントを獲得、第3セット3度目のブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 0-5 ティエム)

第6ゲーム

ティエムのサービス for the マッチ。ティエム、バックハンドのダウン・ザ・ラインを決め、サービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 0-6 ティエム)

 

第3セットもティエムが獲得し、ストレートで試合に勝利(ティエム – ジョコビッチ:7-65 6-3 6-0)。2時間15分で試合終了。

ドミニク・ティエム(オーストリア)がノバク・ジョコビッチ(セルビア)に初勝利
前回王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、準々決勝での敗退となった。

ドミニク・ティエム(オーストリア)はグランドスラム「全仏オープン」準決勝進出
準決勝では、クレーキング ラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。

準々決勝 他の試合結果(ドロー)はこちら

【ベスト16】 ナダル vs. バウティスタ アグート試合結果詳細

ナダルvsBアグート試合結果詳細:「全仏オープン」2017年ベスト16
2017年6月4日、グランドスラム「全仏オープン」では第4回戦ベスト16 の試合が開催され、クレーキング ラファエル・ナダル...

【第3回戦】マレー vs. デルポトロ試合結果詳細

A. マレーvsデルポトロ試合結果詳細:「全仏オープン」2017年第3回戦
2017年6月3日、グランドスラム「全仏オープン」第3回戦が開催され、大会第1シードアンディ・マレー(イギリス)はフアン マ...

ジョコビッチ  vs. ナダル 試合結果詳細:ムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)

ジョコビッチvsナダル試合結果詳細:「ムトゥア マドリッド・オープン」2017年準決勝
2017年5月13日開催のマドリッド「ムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」準決勝はBig 4 対決、ノバク・ジ...

Summary

ジョコビッチ 65-7 3-6 0-6 ティエム
2本 エース 2本
18 ウィナー 38
3 ダブルフォルト 3
35 Unforced エラー 28
64 %
(67/104)
第1サーブ 率 61 %
(50/82)
57 %
(38/67)
第1サーブ ポイント
獲得率
74 %
(37/50)
41 %
(15/37)
第2サーブ ポイント
獲得率
53 %
(17/32)
33 %
(2/6)
ブレイクポイント
成功率
40 %
(6/15)
34 %
(28/82)
リターンポイント
成功率
49 %
(51/104)
81 ポイント獲得合計 105

全仏オープン2017年 試合スケジュール

「全仏オープン」2017年試合スケジュール:錦織圭、ナダル、マレー、ジョコビッチ出場予定
2017年グランドスラム「全仏オープン」の試合スケジュール、各選手の出場予定時間、対戦カードを紹介する。開催地はフランス パ...

トーナメント表(ドロー)

「全仏オープン」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・ナダル他トップ選手集結
グランドスラム(4大大会)「全仏オープン」2017年のトーナメント表(ドロー)が遂に発表された。2017年5月28日~6月11日、フ...