マレーvsフォニーニ試合結果詳細:ローマ「BNLイタリア国際」2017年第2回戦

2017年5月16日(日本時間5月17日)、ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」第2回戦の試合が行われ、世界ランキング1位アンディ・マレー(イギリス)は地元イタリア1位のファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦した。

第1シードのアンディ・マレー(イギリス)にとっては初戦。ファビオ・フォニーニ(イタリア)は第1回戦で地元ワイルドカードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に勝利しての第2回戦となった。

両者の過去の対戦成績は、オリンピック、デビスカップを含めアンディ・マレー(イギリス)の3勝2敗(勝率60 %)
直近の対戦は2016年のリオ・オリンピック。この時はアンディ・マレー(イギリス)がフルセットの末に勝利し、後に金メダルを獲得した。
クレーコートでの対戦は2009年以来になる。

ファビオ・フォニーニ(イタリア)は、同じくイタリアのパオロ・ロレンチが欠場となり他のイタリア選手も第1回戦で敗退、母国の期待を一身に背負う。

一方のアンディ・マレー(イギリス)は前回「BNLイタリア国際(ATP1000)」の優勝者。大会連覇および後に開催されるグランドスラム「全仏オープン」に向け、クレーコートでの実績を高めたいところである。

アンディ・マレー(イギリス)vs. ファビオ・フォニーニ(イタリア)、ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」第2回戦の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

マレーのサーブで試合開始。最初のポイントをフォニーニが獲得し、会場は大歓声に包まれる。ジュースとなり、続いてマレーのショットがネットに阻まれ、フォニーニがブレイクポイントを獲得。マレーがエースを決めセーブする。
ラリーでマレーのショットがラインを外れ、フォニーニが再びブレイクポイントを獲得するが、次はフォニーニのショットがラインを外れ、再度のジュースに突入。
フォニーニがフォアファンド・ウィナーを決め、3度目のブレイクポイントを獲得。フォニーニがドロップショットを決め、試合開始早々のブレイクに成功。(スコア:マレー 0-1 フォニーニ)

第2ゲーム

フォニーニ、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:マレー 0-2 フォニーニ)

第3ゲーム

マレーのサービス。フォニーニがブレイクポイントを獲得するも、マレーが強力なサーブでセーブ、ジュースとなる。マレーがアドバンテージを獲得するが、フォニーニがクロスコート・ウィナーを決め、再びジュース。
フォニーニがフォアファンド・ウィナーを決め、ブレイクポイントを獲得、再度のブレイクに成功。(スコア:マレー 0-3 フォニーニ)

第4ゲーム

フォニーニのサービス。フォニーニ、最初のサーブでエースを決める。フォニーニ、ラブゲームでキープ。(スコア:マレー 0-4 フォニーニ)

第5ゲーム

マレー、キープ。(スコア:マレー 1-4 フォニーニ)

第6ゲーム

フォニーニのサービス。マレーがブレイクポイントを獲得も、フォニーニのセーブでジュースとなる。
続いてのラリー、マレーのショットはラインを越え、フォニーニがアドバンテージを獲得。フォニーニがボレーを決め、サービスゲームをキープ。(スコア:マレー 1-5 フォニーニ)

第7ゲーム

マレー、キープ。(スコア:マレー 2-5 フォニーニ)

第8ゲーム

フォニーニのサービス for the セット。フォニーニ、ラブゲームでキープ。(スコア:マレー 2-6 フォニーニ)

第1セットをフォニーニが獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

マレーのサーブで試合再開。マレー、ラブゲームでキープ。

第2ゲーム

フォニーニ、キープ。(スコア:マレー 1-1 フォニーニ)

第3ゲーム

マレーのサービス。ジュースとなり、フォニーニがブレイクポイントを獲得。続くラリーでマレーのショットがラインを越え、フォニーニがブレイクに成功。(スコア:マレー 1-2 フォニーニ)

第4ゲーム

フォニーニ、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:マレー 1-3 フォニーニ)

第5ゲーム

マレーのサービス。フォニーニが2ブレイクポイントを獲得。マレーがクロスコート・ウィナーを決め1ポイントをセーブするが、続いてサーブ&ボレーを狙ったマレーのショットは失敗、ネットに阻まれる。
フォニーニが再度のブレイクに成功。(スコア:マレー 1-4 フォニーニ)

第6ゲーム

フォニーニのサービス。最初のサーブはフォニーニのダブルフォルト、続けて再度ダブルフォルトとなりマレーがポイントを獲得。マレーがブレイクポイントを獲得するが、フォニーニがドロップショットを決めジュースとなる。
フォニーニがアドバンテージを獲得、サービスゲームをキープ。(スコア:マレー 1-5 フォニーニ)

第7ゲーム

マレーのサービス。ジュースの末、マレーがゲームキープ。(スコア:マレー 2-5 フォニーニ)

第8ゲーム

フォニーニのサービス。フォニーニにダブルフォルトがあり、マレーが2ブレイクポイントを獲得も、フォニーニのセーブでジュースとなる。
フォニーニのショットはラインを越え、マレーが再度ブレイクポイントを獲得。マレーが1度目のブレイクバックに成功。(スコア:マレー 3-5 フォニーニ)

第9ゲーム

マレーのサービス。マレーが3ゲームポイントを獲得するが、その後のポイントを失いジュースとなる。
マレーが第1サーブを決めアドバンテージを獲得、サービスゲームをキープ。(スコア:マレー 4-5 フォニーニ)

第10ゲーム

フォニーニのサービスfor the マッチ。フォニーニ、ゲームキープ。(スコア:マレー 4-6 フォニーニ)

第2セットもフォニーニが獲得、ストレートで試合に勝利(フォニーニ – マレー:6-2 6-4)。1時間33分で試合終了。

前回優勝者であり世界ランキング1位のアンディ・マレー(イギリス)は、まさかの初戦敗退となった。

ファビオ・フォニーニ(イタリア)がローマBNLイタリア国際(ATP1000)」第3回戦(ベスト16)に進出。
第3回戦では、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)またはビクトル・トロイツキ(セルビア)と対戦する。

https://twitter.com/ATPWorldTour/status/864601819196116999

第2回戦 他の試合結果(ドロー)はこちら

第2回戦 錦織圭 vs. フェレール試合結果詳細

錦織圭vsフェレール試合結果詳細:ローマ「BNLイタリア国際」2017年第2回戦
2017年5月17日、ローマ「BNLイタリア国際(ATP1000)」では第2回戦の試合が開催され、 錦織圭(日本)はダビド・...

Summary

マレー 2-6 4-6 フォニーニ
3本 エース 3本
12 ウィナー 31
1 ダブルフォルト 3
14 Unforced エラー 19
48 %
(32/67)
第1サーブ 率 64 %
(35/55)
72 %
(23/32)
第1サーブ ポイント
獲得率
74 %
(26/35)
37 %
(13/35)
第2サーブ ポイント
獲得率
55 %
(11/20)
20 %
(1/5)
ブレイクポイント
成功率
50 %
(4/8)
33 %
(18/55)
リターンポイント
成功率
46 %
(31/67)
54 ポイント獲得合計 68

トーナメント表(ドロー)

ローマ「BNLイタリア国際」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・マレー・ジョコ・ナダル他出場
ローマ「BNLイタリア国際(ATP1000)」のトーナメント表(ドロー)が発表された。2017年5月14日~21日(現地時間)、イタ...