A. マレーvsティエム試合結果詳細:「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」2017年準決勝

2017年4月29日、「バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」では準決勝戦が行われ、大会第1シード アンディ・マレー(イギリス)と第4シード ドミニク・ティエム(オーストリア)が対戦した。

準々決勝ではアンディ・マレー(イギリス)がアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)に勝利し、ドミニク・ティエム(オーストリア)は杉田祐一(日本)に勝利し、準決勝に駒を進めている。

両者の過去の対戦成績は、アンディ・マレー(イギリス)の2戦全勝
2015年「マイアミ・オープン(ATP1000)」、2014年ロッテルダムABN AMRO ワールド・テニス(ATP500)」で対戦、いずれもフルセットの末にアンディ・マレー(イギリス)が勝利した。クレーコートでは今大会が初対戦となる。

アンディ・マレー(イギリス)は先の準々決勝 アルベルト・ラモス ビノラスでは、Unforced エラー52回、ダブルフォルト6回、第1サーブ率46 % と苦戦。
肘の故障からの回復が心配されたが、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)にリードされても前向きな姿勢を崩さず、フルセット、3時間に及ぶ試合の末、勝利を獲得した。

マレーvs. A. ラモス ビノラス 試合結果詳細はこちら

一方のドミニク・ティエム(オーストリア)は今大会全てストレート勝ち。万全の態勢で世界1位 アンディ・マレー(イギリス)に挑む。

バルセロナ・オープン・バンコサバデル準決勝アンディ・マレー(イギリス)vs. ドミニク・ティエム(オーストリア)の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

A. マレーのサーブで試合開始。D. ティエムが2ブレイクポイントを獲得、開始早々のブレイクに成功。(スコア:A. マレー 0-1 D. ティエム)

第2ゲーム

D. ティエム、ラブゲームでブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:A. マレー 0-2 D. ティエム)

第3ゲーム

A. マレー、ラブゲームでキープ。(スコア:A. マレー 1-2 D. ティエム)

第4ゲーム

D. ティエム、キープ。(スコア:A. マレー 1-3 D. ティエム)

第5ゲーム

A. マレーのサービス。ラリーでA. マレーのショットがネットに阻まれ、D. ティエムがブレイクポイントを獲得。D. ティエムが2度目のブレイクに成功。(スコア:A. マレー 1-4 D. ティエム)

第6ゲーム

D. ティエムのサービス。A. マレーが3ブレイクポイントを獲得。2ポイントはD. ティエムがセーブするが、続いてのサーブでD. ティエムのダブルフォルト。A. マレーが1度目のブレイクバックに成功。(スコア:A. マレー 2-4 D. ティエム)

第7ゲーム

A. マレーのサービス。ジュースとなり、D. ティエムがクロスコート・ウィナーを決める。D. ティエムのブレイクポイントでA. マレーのショットはネットへ。D. ティエムがダブル・ブレイクに成功。(スコア:A. マレー 2-5 D. ティエム)

第8ゲーム

D. ティエムのサービス for the セット。D. ティエム、最初のサーブでエースを決める。D. ティエムがゲームキープ。(スコア:A. マレー 2-6 D. ティエム)

第1セットをD. ティエムが獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

A. マレーのサーブで試合再開。D. ティエムがウィナーを決めジュースとなる。3度目のジュース、D. ティエムがブレイクポイントを獲得するが、A. マレーがボレーを決め再びジュース。
計5度にわたるジュースの末、A. マレーがサービスゲームをキープ。

第2ゲーム

D. ティエム、ラブゲームでキープ。

第3ゲーム

A. マレー、キープ。

第4ゲーム

D. ティエム、キープ。(スコア:A. マレー 2-2 D. ティエム)

第5ゲーム

A. マレー、キープ。(スコア:A. マレー 3-2 D. ティエム)

第6ゲーム

D. ティエムがラブゲームでキープ。D. ティエム、スーパーショットのバックハンド・ウィナーを2回連続で決める。(スコア:A. マレー 3-3 D. ティエム)

第7ゲーム

A. マレーのサービス。D. ティエムがブレイクポイントを獲得も、続くラリーでD. ティエムのショットはラインを越え、ジュースとなる。A. マレーがゲームキープ。(スコア:A. マレー 4-3 D. ティエム)

第8ゲーム

D. ティエムのサービス。最初のポイントはD. ティエムのダブルフォルトでA. マレーが獲得。A. マレーがブレイクポイントを獲得も、D. ティエムがセーブしジュースとなる。D. ティエムのミスでA. マレーが再びブレイクポイントを獲得、ブレイクに成功。(スコア:A. マレー 5-3 D. ティエム)

第9ゲーム

A. マレーのサービス for the セット。A. マレー、キープ。(スコア:A. マレー 6-3 D. ティエム)

第2セットはA. マレーが獲得、試合は最終第3セットへ。

Set 3

第1ゲーム

D. ティエムのサーブで試合再開。D. ティエムにダブルフォルト。A. マレーが3ブレイクポイントを獲得、クロスコートのウィナーを決め、早々のブレイクに成功。(スコア:A. マレー 1-0 D. ティエム)

第2ゲーム

A. マレーのサービス。D. ティエムがブレイクポイントを獲得し、ブレイクバックに成功。(スコア:A. マレー 1-1 D. ティエム)

第3ゲーム

D. ティエムがゲームキープ。D. ティエム、2回連続エースを決める。(スコア:A. マレー 1-2 D. ティエム)

第4ゲーム

A. マレーのサービス。D. ティエムがブレイクポイントを獲得も、ネットプレーをA. マレーが制しジュースとなる。D. ティエムが再びブレイクポイントを獲得するが、A. マレーがサーブ&ボレーを決め再びジュース。A. マレーがゲームキープ。(スコア:A. マレー 2-2 D. ティエム)

第5ゲーム

D. ティエム、キープ。(スコア:A. マレー 2-3 D. ティエム)

第6ゲーム

A. マレーのサービス。D. ティエムが2ブレイクポイントを獲得。A. マレーのダブルフォルトでD. ティエムがブレイクに成功。(スコア:A. マレー 2-4 D. ティエム)

第7ゲーム

D. ティエムのサービス。A. マレーが何度か膝を気にする素振りを見せる。A. マレーが2ブレイクポイントを獲得、ブレイクバックに成功。(スコア:A. マレー 3-4 D. ティエム)

第8ゲーム

A. マレー、キープ。(スコア:A. マレー 4-4 D. ティエム)

第9ゲーム

D. ティエムのサービス。最初のポイントはD. ティエムのダブルフォルトでA. マレーが獲得。ジュースの末、D. ティエムがサービスゲームをキープ。(スコア:A. マレー 4-5 D. ティエム)

第10ゲーム

A. マレーのサービス。D. ティエムがマッチポイント(ブレイクポイント)を獲得、ブレイクに成功。(スコア:A. マレー 4-6 D. ティエム)

第3セットをD. ティエムが獲得、試合に勝利(D. ティエム – A. マレー:6-2 3-6 6-4)。2時間15分で試合終了。

ドミニク・ティエム(オーストリア)は世界ランキング1位アンディ・マレー(イギリス)に初めて勝利
バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」への決勝進出を決めた。

決勝戦では、ラファエル・ナダル(スペイン)またはオラシオ・セバジョス(アルゼンチン)と対戦する。

準決勝 他の試合結果

マレーvs. A. ラモス ビノラス 準々決勝 試合結果詳細

A. マレーvs ラモス ビノラス試合結果詳細:「バルセロナ・オープン・バンコサバデル」2017年準々決勝
2017年4月28日、「バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」では準々決勝(ベスト8)の試合が行われ、大会第...

Summary

A. マレー 2-6 6-3 4-6 D. ティエム
1本 エース 6本
19 ウィナー 41
2 ダブルフォルト 4
30 Unforced エラー 34
70 %
(67/96)
第1サーブ 率 49 %
(35/71)
54 %
(36/67)
第1サーブ ポイント
獲得率
71 %
(25/35)
52 %
(15/29)
第2サーブ ポイント
獲得率
53 %
(19/36)
50 %
(4/8)
ブレイクポイント
成功率
60 %
(6/10)
38 %
(27/71)
リターンポイント
成功率
47 %
(45/96)
78 ポイント獲得合計 89

トーナメント表(ドロー)

同時期開催の他の大会