「ATPファイナル」2019年ドロー結果あり:ナダル・ジョコビッチ・フェデラー他上位8名が集結!

ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」2019年いよいよ開催!
シーズンを締めくくる最高の選手たちによる最高の戦いが開始する。

ドロー(組み合わせ)へのジャンプ

出場選手は、ATP ランキング「レース」上位8名
2019年は次の選手が選出された。

ロジャー・フェデラー(スイス)は、大会に過去6回優勝。大会最多優勝記録を保持する。
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、過去5回優勝。
昨年2018年は、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)が決勝戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に勝利し、優勝を果たした。

ラファエル・ナダル(スペイン)は優勝の経験がまだない。

ドミニク・ティーム(オーストリア)は、4回連続4回目の出場となるが、過去3年ともにラウンドロビン(総当たり戦)1勝のみ。決勝トーナメント進出の経験はまだない。

ダニール・メドベデフ(ロシア)、ステファノス・チチパス(ギリシャ)、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)は初めての大会出場となる。

そして、「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」は、トップ選手にとって、2019年シーズンのランキングポイントを獲得する最後の大会であり、大会の結果がシーズン末世界ランキングに直結する。

大会前世界ランキング1位ラファエル・ナダル(スペイン)。世界2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)とのポイント差は640 ポイントであり、結果次第では順位が変動する。
ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の世界1位の座を懸けた戦いになる。
また、大会前世界3位ロジャー・フェデラー(スイス)、世界4位ダニール・メドベデフ(ロシア)、世界5位ドミニク・ティーム(オーストリア)のポイントも接近しており、トップ5 の順位も変動可能性がある。

大会は、8名の選手が4名ずつ2つのグループに分かれ、ラウンドロビン(総当たり戦)が行われた後、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出、グループ1位の選手と他方グループ2位の選手が準決勝を戦い、準決勝の勝者が決勝戦で対決する。

2019年シーズンのクライマックス!各選手最高のプレーに期待したい。
ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」2019年、注目のドロー(組み合わせ)は以下の通り。

スポンサーリンク

「ATP ワールドツアー・ファイナル」
2019年ドロー(組み合わせ)結果あり

開催期間:2019年11月10日~17日 ※現地時間

開催地:イギリス ロンドン、ハードコート(室内)

決勝トーナメント

決勝トーナメントには、ラウンドロビン(総当たり戦)各グループの上位2選手が出場する。

決勝

開催日時:2019年11月17日18:00 以降(日本時間 11月18日午前3:00 以降)

ステファノス・チチパスギリシャ66-7 6-2 7-64
ドミニク・ティームオーストリア

準決勝

開催日:2019年11月16日 ※ 現地時間

開催時間
アフタヌーン・セッション(A):現地時間14:00 以降(日本時間23:00 以降)
イブニング・セッション(E):現地時間20:00 以降(日本時間 翌日午前5:00 以降)

ステファノス・チチパスギリシャ6-3 6-4
ロジャー・フェデラースイス
ドミニク・ティームオーストリア7-5 6-3
アレクサンダー・ズべレフドイツ

【2020年】国際大会スケジュール

2020年 国際大会 年間スケジュール(ATP・グランドスラム・オリンピック・デビスカップ)
テニス男子シングルス、2020年の国際大会 年間スケジュールを紹介する。 2020年は、ATP 主催の国別対抗戦「ATPカップ...

【最新】世界ランキング

【最新】ATP世界ランキングTOP 50:テニス男子シングルス
※ 毎週更新 2019年11月18日付のATP世界ランキングが発表された。シングルスの最新世界ランキングを紹介する。 ランキ...

ラウンドロビン(総当たり戦)

開催日:2019年11月10日~15日 ※ 現地時間

開催時間
アフタヌーン・セッション(A):現地時間14:00 以降(日本時間23:00 以降)
イブニング・セッション(E):現地時間20:00 以降(日本時間 翌日午前5:00 以降)

グループA(Group Andre Agassi)

  • ラファエル・ナダル(スペイン):2勝1敗、セット4-4
  • ダニール・メドベデフ(ロシア):0勝3敗、セット1-6
  • ステファノス・チチパス(ギリシャ):2勝1敗、セット5-2、第1位通過
  • アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ):2勝1敗、セット4-2、第2位通過
試合日   スコア
11/11 Aステファノス・チチパス vs. ダニール・メドベデフ: 7-65 6-4
11/13 Eステファノス・チチパス vs. アレクサンダー・ズべレフ: 6-3 6-2
11/11 Eアレクサンダー・ズべレフ vs. ラファエル・ナダル: 6-2 6-4
11/15 Eアレクサンダー・ズべレフ vs. ダニール・メドベデフ: 6-4 7-64
11/13 Aラファエル・ナダル vs. ダニール・メドベデフ: 63-7 6-3 7-64
11/15 Aラファエル・ナダル vs. ステファノス・チチパス: 7-64 6-4 7-5

※ 試合日は現地時間、Aはアフタヌーン・セッション、Eはイブニング・セッションを表す。

グループB(Group Bjorn Borg)

ドミニク・ティーム(オーストリア)vs. ロジャー・フェデラー(スイス)の直接対決にて、ドミニク・ティーム(オーストリア)が勝利したため、ドミニク・ティーム(オーストリア)が第1位通過となった。

試合日   スコア
11/10 Eドミニク・ティーム vs. ロジャー・フェデラー: 7-5 7-5
11/12 Eドミニク・ティーム vs. ノバク・ジョコビッチ: 65-7 6-3 7-65
11/12 Aロジャー・フェデラー vs. マッテオ・ベレッティーニ: 7-62 6-3
11/14 Eロジャー・フェデラー vs. ノバク・ジョコビッチ: 6-4 6-3
11/10 Aノバク・ジョコビッチ vs. マッテオ・ベレッティーニ: 6-2 6-1
11/14 Aマッテオ・ベレッティーニ vs. ドミニク・ティーム: 7-63 6-3

※ 試合日は現地時間、Aはアフタヌーン・セッション、Eはイブニング・セッションを表す。