ナダルvsティエム試合結果詳細:モンテカルロ「Rolexモンテカルロ・マスターズ」2018年準々決勝

ラファエル・ナダル(スペイン)対ドミニク・ティエム(オーストリア)、クレー巧者同士再度の対戦がモンテカルロRolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」2018年準々決勝にて実現した。

両者は過去7回対戦しているが、全てクレーコートでの対戦。今回も、両者が得意とするクレーコートでの対戦となった。
これまでの成績は、ラファエル・ナダル(スペイン)の5勝2敗勝率71 %)。
2017年は、2大会の決勝戦を含め、4回対戦。ドミニク・ティエム(オーストリア)はローマBNLイタリア国際(ATP1000)」準決勝でラファエル・ナダル(スペイン)に勝利し、2017年のクレーコートでラファエル・ナダル(スペイン)に勝利した唯一の選手となった。

なお、ラファエル・ナダル(スペイン)が世界ランキングにおいて世界1位をキープするには、昨年に引き続き、今大会に優勝する必要がある。
ドミニク・ティエム(オーストリア)は今大会、ベスト16 でノバク・ジョコビッチ(セルビア)にも勝利し、準々決勝進出を決めた。

クレーキングと称されるラファエル・ナダル(スペイン)に対し、現在24才のドミニク・ティエム(オーストリア)は”クレーコートのプリンス(Prince of Clay)” とも呼ばれる。
クレーコート・シーズン開始早々の両者の対戦。両者最高のプレーが期待される。

モンテカルロRolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」2018年準々決勝、ラファエル・ナダル(スペイン)vs ドミニク・ティエム(オーストリア)の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

ナダルのサーブで試合開始。ナダル、ラブゲームでキープ。(スコア:ナダル 1-0 ティエム)

第2ゲーム

ティエムのサービス。ティエムにダブルフォルト。ナダルが1ブレイクポイントを獲得する。
ラリーとなり、ナダルのショットがネットに阻まれる。ティエムがセーブし、ジュースに持ち込む。
ティエムのダブルフォルトで、ナダルが再度のブレイクポイントを獲得。
ナダルのバックハンドでのクロスコート・ショット、ティエムのリターンはネットに阻まれる。
ナダルが試合開始早々のブレイクに成功。(スコア:ナダル 2-0 ティエム)

第3ゲーム

ナダル、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:ナダル 3-0 ティエム)

第4ゲーム

ティエムのサービス。ナダルが3ブレイクポイントを獲得。
ネットプレーとなり、ナダルのショットがラインを外れる。ティエムが1ポイントをセーブ。
ナダルのショットがネットに阻まれ、ティエムが2ポイント目もセーブ。
ティエムが強力なサーブを決め、ナダルのリターンはアウト。ジュースに突入する。
ティエムのダブルフォルトで、ナダルが再度のブレイクポイントを獲得。
ティエムがボディへの強力なサーブを決め、再びジュース。
ナダルのクロスコート・ショット、ティエムのフォアファンドでのリターンがネットに阻まれる。ナダルがゲーム5度目のブレイクポイントを獲得。
ティエムがフォアハンドでウィナーを決め、3度目のジュース。
ティエムのショットがラインを越え、ナダルが6度目のブレイクポイントを獲得。
続いて、ティエムのショットはネットに阻まれる。
ナダルがダブル・ブレイクに成功。(スコア:ナダル 4-0 ティエム)

第5ゲーム

ナダルのサービス。ナダルのゲームポイントでダブルフォルト。ジュースとなる。
ラリーとなりティエムのショットがラインを越え、ナダルがアドバンテージを獲得。
続いて、ナダルが強力なサーブを決める。
ナダルがブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:ナダル 5-0 ティエム)

第6ゲーム

ティエムのサービス。ナダルが2ブレイクポイント(セットポイント)を獲得。
ティエムがセンターへのエースを決め、1ポイントをセーブ。
続いて、ティエムのバックハンド・ショットがネットに阻まれる。
ナダルが3回目のブレイクに成功。(スコア:ナダル 6-0 ティエム)

第1セットをナダルが獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

ナダルのサーブで試合再開。ナダル、ラブゲームでキープ。(スコア:ナダル 1-0 ティエム)

第2ゲーム

ティエムのサービス。ナダルが2ブレイクポイントを獲得。
続いて、ティエムのバックハンド・ショットがラインを越える。
ナダルが試合再開早々のブレイクに成功。(スコア:ナダル 2-0 ティエム)

第3ゲーム

ナダル、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:ナダル 3-0 ティエム)

第4ゲーム

ティエムのサービス。ティエムにダブルフォルト。ジュースとなり、ティエムがアドバンテージを獲得。
ティエムが第2サーブながら強力なサーブを決め、ナダルのリターンはラインを越える。
ティエムがサービスゲームをキープ。(スコア:ナダル 3-1 ティエム)

第5ゲーム

ナダル、ラブゲームでキープ。(スコア:ナダル 4-1 ティエム)

第6ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:ナダル 4-2 ティエム)

第7ゲーム

ナダル、ラブゲームでキープ。(スコア:ナダル 5-2 ティエム)

第8ゲーム

ティエムのサービス。ナダルが1ブレイクポイント(マッチポイント)を獲得。
ラリーとなり、ティエムのバックハンド・ショットがネットに阻まれる。
ナダルがダブル・ブレイクに成功。(スコア:ナダル 6-2 ティエム)

ナダルが第2セットも獲得、ストレートで試合に勝利(6-0 6-2)。1時間8分で試合終了。

ラファエル・ナダル(スペイン)がモンテカルロRolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」2018年準決勝進出を決めた。
準決勝では、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。

準々決勝 他の試合結果(ドロー)

Summary

ナダル 6-0 6-2 ティエム
0本 エース 4本
10 ウィナー 5
1 ダブルフォルト n
9 Unforced エラー 25
71 %
(25/35)
第1サーブ 率 41 %
(21/51)
84 %
(21/25)
第1サーブ ポイント
獲得率
52 %
(11/21)
80 %
(8/10)
第2サーブ ポイント
獲得率
37 %
(11/30)
186 km/h 第1サーブ
平均速度
195 km/h
159 km/h 第2サーブ
平均速度
167 km/h
83 % サーブ
返球率
74 %
42 %
(5/12)
ブレイクポイント
成功率
– %
(0/0)
57 %
(29/51)
リターンポイント
成功率
17 %
(6/35)
58 ポイント獲得合計 28

トーナメント表(ドロー)

モンテカルロ「Rolexモンテカルロ・マスターズ」2018年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・ナダル他トップ選手集結
モンテカルロ「Rolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」2018年!トーナメント表(ドロー)が発表された。 大会に...