トップ選手大会出場予定【2017年6月】:錦織圭・マレー・フェデラー・ナダル他

2017年6月開催の世界テニス男子シングルス、各大会へのトップ選手出場予定を紹介する。

photo credit: Crashmaster007 Happy Ball via photopin (license)

5月28日~6月11日までにかけて開催されるグランドスラム「全仏オープン」の後、いよいよ芝のシーズンが開始。

グラス(芝)コートでは、ATP250 が4大会、ATP500 が2大会開催される。

ロジャー・フェデラー(スイス)、錦織圭(日本)、アンディ・マレー(イギリス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ラファエル・ナダル(スペイン)、スタン・ワウリンカ(スイス)など、多くのトップ選手が出場を予定している。

2017年6月、各大会へのトップ選手出場予定は以下の通り。
※ いずれも大会エントリー時点の予定

トップ50選手の出場予定一覧表へのジャンプ

スポンサーリンク

2017年6月:錦織圭・マレー・フェデラー・ナダル・ワウリンカら多数出場

シュツットガルトにフェデラー、スヘルトーヘンボスにチリッチ、ゴファンが出場

全仏オープン直後、6月12日~18日はATP 250 の2大会が開催される。

全仏オープンはこちらを参照

ドイツ シュツットガルトで開催される、シュツットガルトメルセデス・カップ(ATP250)」には、ロジャー・フェデラー(スイス、写真)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)に加え、39才の元世界ランキング2位トミー・ハース(ドイツ)などが出場を予定している。

ロジャー・フェデラー(スイス)は、2017年、グランドスラム「全仏オープン」を含むクレーコートをスキップ。芝およびハードコートの大会に専念するとし、ハードコート大会である4月「マイアミ・オープン(ATP1000)」以降の大会を欠場。
シュツットガルトメルセデス・カップ」が復帰の大会となる。

ロジャー・フェデラー(スイス)は、今年既にグランドスラム全豪オープン」、インディアンウェルズBNPパリバ・オープン(ATP1000)」、「マイアミ・オープン(ATP1000)」に優勝。グラスコートでも活躍が期待される。

オランダ スヘルトーヘンボス開催のスヘルトーヘンボスリコー・オープン(ATP250)」には、マリン・チリッチ(クロアチア)、イボ・カルロビッチ(クロアチア)などが出場の予定。また、日本の杉田祐一も本選への出場が確定している。

アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)も参戦を表明。
※ スヘルトーヘンボスリコー・オープン(ATP250)」に出場予定であったダビド・ゴファン(ベルギー)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、シャール・ガスケ(フランス)はいずれも怪我により出場を断念。
グランドスラム「全仏オープン」にて、ダビド・ゴファン(ベルギー)は足首を、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は股の付け根を、シャール・ガスケ(フランス)は太ももを負傷した。

その他、大会2連覇中であり2013年にも優勝を果たしたニコラ・マウ(フランス)も出場。再度のタイトル獲得を目指す。

トーナメント表(ドロー)

 

クイーンズ・クラブにマレー、ワウリンカ、ハレにフェデラー、錦織が出場

6月19日~25日は、ATP500 の大会が2大会開催される。グラスコートでは数少ないATP500の大会であり、多くのトップ選手が集結する。

イギリス ロンドンで開催のクイーンズ・クラブAEGON選手権(ATP500)」には、アンディ・マレー(イギリス、写真)、スタン・ワウリンカ(スイス)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、マリン・チリッチ(クロアチア)など多くのトップ選手が出場。

アンディ・マレー(イギリス)は、2015年、2016年と連続して優勝。大会最多優勝記録(5回)も保持する。母国での更なる活躍が期待される。

昨年の準優勝は、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)。
アンディ・マレー(イギリス)とミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は、後の2016年グランドスラム「ウィンブルドン」決勝でも対戦。再びアンディ・マレー(イギリス)が勝利し、優勝を果たした。

2014年はグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、2012年はマリン・チリッチ(クロアチア)が優勝を果たしている。両者ともに2017年も出場の予定である。

クイーンズ・クラブAEGON選手権(ATP500)」に出場予定であったラファエル・ナダル(スペイン)は欠場を表明。ラファエル・ナダル(スペイン)は、2017年グランドスラム「全仏オープン」優勝後、医師及びチームと相談し、「ウィンブルドンで戦うためには、休息が必要」と判断した。
 参考:2017/6/13 ナダル、クイーンズ・クラブ「AEGON選手権」欠場(英語、大会公式サイト)

※  ダビド・ゴファン(ベルギー)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)も、クイーンズ・クラブAEGON選手権(ATP500)」へ出場を予定していたが、怪我により欠場となった。ダビド・ゴファン(ベルギー)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は直前の大会、スヘルトーヘンボスリコー・オープン(ATP250)」に引き続き欠場。
ダビド・ゴファン(ベルギー)は、足首の怪我により、グランドスラム「ウィンブルドン」への欠場も発表した。回復が待ち望まれる。

ドイツ ハレで開催されるハレゲリー・ウェバー・オープン(ATP500)」には、ロジャー・フェデラー(スイス)、ドミニク・ティエム(オーストリア)、錦織圭(日本、写真)、ガエル・モンフィス(フランス)らが出場の予定。

前回優勝者のフロリアン・マイヤー(ドイツ)、前回準優勝のアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)も出場。
昨年に続き、地元での活躍が期待されている。

ロジャー・フェデラー(スイス)は大会最多優勝記録(8回)を保持する。

また、大会に2度の優勝経験を持つトミー・ハース(ドイツ)も出場を予定している。

トーナメント表(ドロー)

 

アンタルヤにティエム、イーストボーンにジョコビッチ、モンフィス、イズナー、ガスケら出場

6月25日~7月1日には、ATP250 の2大会が開催される。

  • アンタルヤアンタルヤ・オープン(ATP250)」(6月25日~7月1日開催)
  • イーストボーンAEGON国際(ATP250)」(6月26日~7月1日開催)

トルコ アンタルヤで開催の「アンタルヤ・オープン(ATP250)」は、2017年が大会初開催。

ドミニク・ティエム(オーストリア、写真)、パオロ・ロレンチ(イタリア)、ビクトル・トロイツキ(セルビア)、フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)らが出場を予定している。

※ 上記に加え、ダビド・フェレール(スペイン)が大会開始直前に出場を発表。ワイルドカードでの出場権を獲得した。

イギリス イーストボーン開催のーストボーンAEGON国際(ATP250)」には、ジョン・イズナー(アメリカ)、リシャール・ガスケ(フランス)、前回優勝者のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)らが出場の予定。

イーストボーンAEGON国際(ATP250)」に、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ガエル・モンフィス(フランス)が参戦を表明。ワイルドカードとしての出場を決めた。
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)にとっては、今シーズン、グラス(芝)コートでの初めての大会となる。

※ イーストボーンAEGON国際(ATP250)」出場予定であった、パブロ・クエバス(ウルグアイ)、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)、ジル・ミュラー(ルクセンブルグ)は、いずれも欠場となった。
フェリシアーノ・ロペス(スペイン)、ジル・ミュラー(ルクセンブルグ)は、直前の大会ロンドン クイーンズ・クラブAEGON選手権(ATP500)」で準決勝に進出している。なお、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)はその後、ロンドン クイーンズ・クラブAEGON選手権(ATP500)」優勝を果たした。

そして、7月3日からはグランドスラム「ウィンブルドン」が開催される。

トーナメント表(ドロー)

 

トップ選手大会出場予定【2017年6月】
世界テニス男子シングルス

(ATP 世界ランキング 50位までの選手の出場予定)

※ いずれもエントリー時点の予定

順位選手6月12日6月19日6月26日5月29日
1アンディ・マレー-ロンドンQC-全仏オープン
2ノバク・ジョコビッチ---全仏オープン
3スタン・ワウリンカ-ロンドンQC-全仏オープン
4ラファエル・ナダル-ロンドンQC-全仏オープン
5ロジャー・フェデラーシュツットガルトハレ--
6ミロシュ・ラオニッチ-ロンドンQC-全仏オープン
7ドミニク・ティエム-ハレアンタルヤ全仏オープン
8マリン・チリッチスヘルトーヘンボスロンドンQC-全仏オープン
9錦織圭-ハレ-全仏オープン
10ダビド・ゴファンスヘルトーヘンボスロンドンQC-全仏オープン
11グリゴール・ディミトロフシュツットガルトロンドンQC-全仏オープン
12ジョーウィルフリード・ツォンガ-ロンドンQC-全仏オープン
13トマーシュ・ベルディヒシュツットガルトロンドンQC-全仏オープン
14ジャック・ソック-ロンドンQC-全仏オープン
15ガエル・モンフィス-ハレ-全仏オープン
16ルカ・プイユ-ハレ-全仏オープン
17アレクサンダー・ズべレフ-ハレ-全仏オープン
18ニック・キリオス-ロンドンQC-全仏オープン
19アルベルト・ラモス ビノラス-ハレ-全仏オープン
20ロベルト・バウティスタ アグート-ハレ-全仏オープン
21パブロ・カレーニョ ブスタ-ハレ-全仏オープン
22イボ・カルロビッチスヘルトーヘンボスハレ-全仏オープン
23パブロ・クエバス--イーストボーン全仏オープン
24ジョン・イズナー-ロンドンQCイーストボーン全仏オープン
25スティーブ・ジョンソンシュツットガルトロンドンQCイーストボーン全仏オープン
26リシャール・ガスケスヘルトーヘンボスハレイーストボーン全仏オープン
27ジル・ミュラースヘルトーヘンボスロンドンQCイーストボーン全仏オープン
28サム・クエリー-ロンドンQCイーストボーン全仏オープン
29ファビオ・フォニーニ---全仏オープン
30ダビド・フェレール-ハレ-全仏オープン
31ジル・シモンシュツットガルトハレ-全仏オープン
32ミーシャ・ズベレフシュツットガルトハレイーストボーン全仏オープン
33パオロ・ロレンチ-ハレアンタルヤ全仏オープン
34フアン マルティン・デル ポトロスヘルトーヘンボスロンドンQC-全仏オープン
35フェリシアーノ・ロペスシュツットガルトロンドンQCイーストボーン全仏オープン
36ビクトル・トロイツキシュツットガルトロンドンQCアンタルヤ全仏オープン
37フェルナンド・ベルダスコ-ハレアンタルヤ全仏オープン
38フィリップ・コールシュライバーシュツットガルトハレ-全仏オープン
39ディエゴ・シュワルツマン-ロンドンQCイーストボーン全仏オープン
40バーナード・トミックシュツットガルトハレイーストボーン全仏オープン
41ボルナ・チョリッチ--アンタルヤ全仏オープン
42ライアン・ハリソン-ロンドンQCイーストボーン全仏オープン
43ロビン・ハーセスヘルトーヘンボスハレイーストボーン全仏オープン
44ブノワ・ペールシュツットガルト--全仏オープン
45ドナルド・ヤング-ロンドンQCイーストボーン全仏オープン
46フロリアン・マイヤーシュツットガルトハレイーストボーン全仏オープン
47アドリアン・マナリノスヘルトーヘンボス-アンタルヤ全仏オープン
48ニコラ・マウスヘルトーヘンボスロンドンQCイーストボーン全仏オープン
49マルティン・クーリザン--アンタルヤ全仏オープン
50スティーブ・ダルシススヘルトーヘンボスロンドンQCアンタルヤ全仏オープン

「>次」で26位以下選手の出場予定を表示。

※ 「全仏オープン」は5月28日~6月11日開催
※ 「アンタルヤ・オープン(ATP250)」は6月25日~7月1日の開催
※ 順位は2017年5月22日付世界ランキング順位

スヘルトーヘンボスリコー・オープン(ATP250)」に出場予定ではなかったアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)が参戦を表明。アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)はワイルドカードでの出場権を獲得した。
※ 一方、スヘルトーヘンボスリコー・オープン(ATP250)」に出場予定であったダビド・ゴファン(ベルギー)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、シャール・ガスケ(フランス)はいずれも怪我により出場を断念。
グランドスラム「全仏オープン」にて、ダビド・ゴファン(ベルギー)は足首、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は股の付け根、シャール・ガスケ(フランス)は太ももを負傷した。

クイーンズ・クラブAEGON選手権(ATP500)」に出場予定であったラファエル・ナダル(スペイン)、ダビド・ゴファン(ベルギー)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)は欠場を表明。
ラファエル・ナダル(スペイン)は、2017年グランドスラム「全仏オープン」優勝後、医師及びチームと相談し、「ウィンブルドンで戦うためには、休息が必要」と判断した。
 参考:2017/6/13 ナダル、クイーンズ・クラブ「AEGON選手権」欠場(英語、大会公式サイト)
ダビド・ゴファン(ベルギー)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、スヘルトーヘンボスリコー・オープン(ATP250)」に引き続き2大会連続での欠場となる。
ダビド・ゴファン(ベルギー)は、足首を故障しており、グランドスラム「ウィンブルドン」への欠場も発表。復帰が待ち望まれる。
ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)は怪我のため欠場となった。

※ 「アンタルヤ・オープン(ATP250)」には、大会開始直前にダビド・フェレール(スペイン)が出場を表明。ワイルドカードとしての出場を決めた。

イーストボーンAEGON国際(ATP250)」に、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)ガエル・モンフィス(フランス)が参戦を表明。両者ともに、当初出場予定ではなかったため、ワイルドカードでの出場権を獲得した。
※ 一方、イーストボーンAEGON国際(ATP250)」出場予定であった、パブロ・クエバス(ウルグアイ)、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)、ジル・ミュラー(ルクセンブルグ)は、いずれも欠場となった。
フェリシアーノ・ロペス(スペイン)、ジル・ミュラー(ルクセンブルグ)は、直前の大会ロンドン クイーンズ・クラブAEGON選手権(ATP500)」で準決勝に進出している。なお、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)はその後、ロンドン クイーンズ・クラブAEGON選手権(ATP500)」優勝を果たした。

年間大会スケジュール

2017年 国際大会 年間スケジュール(ATP、グランドスラム、デビスカップ)
テニス男子シングルス、2017年の国際大会 年間スケジュールを確認したい。グランドスラム(4大大会)全て、ATP マスターズ1000/ ATP 500/ ATP 250 全て、ATP ワールドツアー・ファイナル、NextGen ATP ファイナル、デビスカップ(国別対抗戦)の大会開催スケジュールは、次の通り。