杉田祐一vsマナリノ試合結果詳細:「アンタルヤ・オープン」2017年決勝

杉田祐一(日本)が初タイトルを懸け戦うアンタルヤ・オープン(ATP250)」決勝戦。2017年7月1日(現地時間)に開催された。

2017年アンタルヤ・オープン(ATP250)」では、大会第1シード ドミニク・ティエム(オーストリア)、第2シード パオロ・ロレンチ(イタリア)が初戦敗退。
杉田祐一(日本)が第2回戦で元世界ランキング3位 ダビド・フェレール(スペイン)に勝利し、スターを敗退に追い込んだ。

波乱続きとなったアンタルヤ・オープン(ATP250)」
決勝に進出したのは、世界ランキング66位 杉田祐一(日本)と同62位 アドリアン・マナリノ(フランス)。

アドリアン・マナリノ(フランス)は、自己ベストの世界ランキング27位という実力の持ち主であり、2017年には、「モンテカルロRolexマスターズ(ATP1000)」でジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)にも勝利。
今大会では、準々決勝でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に勝利、準決勝ではアンドレアス・セッピ(イタリア)に勝利し決勝へ進出した。
グラス(芝)コートを得意とする選手でもある。

杉田祐一(日本)は2017年、「バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」でパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、リシャール・ガスケ(フランス)に勝利するなどの活躍をみせ、6月には世界ランキング64位となり自己ベストを更新。
世界ランキングは、今大会の決勝進出で、再度の更新が予定されている。)

現在28才。プロ11年のキャリアを有するが、ATPワールドツアーレベルでのタイトルはまだない。
アンタルヤ・オープン(ATP250)」では、初タイトルの獲得が期待される。

2017年は、錦織圭(日本)など日本の他の選手もまだ優勝がなく、杉田祐一(日本)が決勝に勝利すれば、2017年日本人で初めてのタイトル獲得にもなる。

なお、アドリアン・マナリノ(フランス)もATPワールドツアーレベルでの優勝経験がないため、どちらが勝利してもキャリア初タイトルとなる。

そして、アンタルヤ・オープン(ATP250)」は2017年が初開催。優勝者は大会初のタイトルを手にする。

杉田祐一(日本)とアドリアン・マナリノ(フランス)は、直近では2017年「モンテカルロRolexマスターズ(ATP1000)」の予選で対戦。
この時はアドリアン・マナリノ(フランス)がストレートで勝利した。
ATPワールドツアー下位大会である、ATPチャレンジャー・ツアーでは、2012年に杉田祐一(日本)が勝利している。

両者は、ATPワールドツアーレベルの本選では初めての対戦となる。

7月3日より開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」ドローも既に発表されており、順調に勝ち進めば、両者は開始早々、第2回戦で対戦することとなる。

キャリア初タイトル、大会初タイトル、そして初対戦の勝利を懸け、両者の戦いが注目される。

アンタルヤ・オープン(ATP250)」2017年決勝戦杉田祐一(日本)vs. アドリアン・マナリノ(フランス)の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

杉田のサーブで試合開始。マナリノが続けて3ポイントを獲得し、マナリノの3ブレイクポイントとなる。
杉田がラリーを制し、1ポイントをセーブ。杉田、続いてもウィナーを決める。杉田が3ポイント目もセーブ、ジュースとなる。
杉田、強力なサーブでアドバンテージを獲得。続いて、杉田のショットはネットに阻まれ、2度目のジュースとなる。
杉田がフォアファンド・ウィナーを決め、アドバンテージを獲得。杉田がサービスゲームをキープ。(スコア:杉田 1-0 マナリノ)

第2ゲーム

マナリノのサービス。マナリノにダブルフォルトがあり、杉田がブレイクポイントを獲得。
杉田がボレーを決め、試合開始早々のブレイクに成功。(スコア:杉田 2-0 マナリノ)

第3ゲーム

杉田、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。杉田、ゲームポイントでエースを決める。(スコア:杉田 3-0 マナリノ)

第4ゲーム

マナリノ、キープ。(スコア:杉田 3-1 マナリノ)

第5ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 4-1 マナリノ)

第6ゲーム

マナリノのサービス。杉田が2ブレイクポイントを獲得。
マナリノのダブルフォルトで、杉田が再度のブレイクに成功。(スコア:杉田 5-1 マナリノ)

第7ゲーム

杉田のサービスfor the セット。杉田、キープ。(スコア:杉田 6-1 マナリノ)

第1セットを杉田が獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

マナリノのサーブで試合再開。マナリノ、ラブゲームでキープ。

第2ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 1-1 マナリノ)

第3ゲーム

マナリノのサービス。ジュースとなり、杉田がブレイクポイントを獲得。
続いてはマナリノのサーブに対する杉田のリターンがアウトとなり、2度目のジュース。
杉田が再度ブレイクポイントを獲得。マナリノのショットがネットに阻まれ、杉田がブレイクに成功。(スコア:杉田 2-1 マナリノ)

第4ゲーム

杉田のサービス。マナリノが2ブレイクポイントを獲得。
杉田のボレーは失敗、マナリノがブレイクバックに成功。(スコア:杉田 2-2 マナリノ)

第5ゲーム

マナリノ、キープ。(スコア:杉田 2-3 マナリノ)

第6ゲーム

杉田のサービス。マナリノがブレイクポイントを獲得。
杉田のダブルフォルトで、マナリノがブレイクに成功。(スコア:杉田 2-4 マナリノ)

第7ゲーム

マナリノのサービス。杉田が3ブレイクポイントを獲得。
杉田のショットはラインを越え、マナリノが1ポイントをセーブ。
続いて2度のラリーもマナリノが制し、ブレイクポイントをセーブ、ジュースとなる。
マナリノがアドバンテージを獲得するが、続くマナリノのショットはラインを越え、再びジュース。
杉田が再度ブレイクポイントを獲得。マナリノが大きな声で叫ぶ。
マナリノのショットがラインを越え、杉田がブレイクバックに成功。(スコア:杉田 3-4 マナリノ)

第8ゲーム

杉田、ゲームポイントでエースを決め、サービスゲームをキープ。(スコア:杉田 4-4 マナリノ)

第9ゲーム

マナリノ、キープ。マナリノもゲームポイントでエースを決める。(スコア:杉田 4-5 マナリノ)

第10ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 5-5 マナリノ)

第11ゲーム

マナリノ、キープ。(スコア:杉田 5-6 マナリノ)

第12ゲーム

杉田、ラブゲームでキープ。杉田、ゲームポイントでエースを決める。(スコア:杉田 6-6 マナリノ)

第2セットは両者譲らず、タイブレイクへ突入。

タイブレイク

杉田 – マナリノ 太字:ミニブレイク

1-0, 2-0 2-1, 2-2 2-3, 3-3 3-4, 4-4 5-4, 6-4 7-6

タイブレイクを杉田が制し第2セットを獲得、ストレートで試合に勝利(6-1 7-64)。1時間29分で試合終了。

杉田祐一(日本)は「アンタルヤ・オープン(ATP250)」2017年優勝!そして自身初のタイトルを獲得した。

他の試合結果(ドロー)

Summary

杉田 6-1 7-64 マナリノ
5本 エース 2本
3 ダブルフォルト 3
67 %
(44/66)
第1サーブ 率 59 %
(36/61)
75 %
(33/44)
第1サーブ ポイント
獲得率
67 %
(34/36)
36 %
(8/22)
第2サーブ ポイント
獲得率
36 %
(9/25)
50 %
(4/8)
ブレイクポイント
成功率
40 %
(2/5)
46 %
(26/61)
リターンポイント
成功率
38 %
(26/66)
69 ポイント獲得合計 58

トーナメント表(ドロー)

「アンタルヤ・オープン」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:ティエム出場
2017年初開催となる「アンタルヤ・オープン(ATP250)」のトーナメント表(ドロー)が遂に発表された。 トルコ アンタルヤにて...

同時期開催の他の大会

イーストボーン「AEGON国際」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:ジョコビッチ・モンフィス出場
2017年6月26日~7月1日、イギリス イーストボーンで開催されるイーストボーン「AEGON国際(ATP250)」2017年のトー...