ジョコビッチvsモンフィス試合結果詳細:イーストボーン「AEGON国際」2017年決勝

2017年7月1日、イーストボーンAEGON国際(ATP250)」では決勝戦が開催され、大会第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第2シードガエル・モンフィス(フランス)が対戦した。両者はいずれも、大会直前に参戦を発表しワイルドカードとして出場、決勝戦まで勝ち上がった。

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、今シーズン、グラス(芝)コートでは初めての大会。
直後に控えるグランドスラム「ウィンブルドン」に向け、パフォーマンスが注目されたが、今大会では、全ての試合をストレートで勝利し、決勝に進出した。

ガエル・モンフィス(フランス)は、初戦である第2回戦、第3回戦(準々決勝)とストレート勝ちで順調に駒を進め、準決勝でリシャール・ガスケ(フランス)と対戦。準決勝ではフルセット、2時間31分の接戦を制した。
ガエル・モンフィス(フランス)とリシャール・ガスケ(フランス)は、2017年、グランドスラム「全仏オープン」ベスト16ハレゲリー・ウェバー・オープン(ATP500)」第1回戦、そしてイーストボーンAEGON国際(ATP250)」準決勝と3大会連続で対戦。
3度目の対戦となったイーストボーンAEGON国際(ATP250)」準決勝は、ガエル・モンフィス(フランス)が勝利した。

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)とガエル・モンフィス(フランス)の過去の対戦成績は、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の13戦全勝
ガエル・モンフィス(フランス)は1度も勝利できていない。

直近の対戦は2016年グランドスラム「全米オープン」準決勝。この時も、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がガエル・モンフィス(フランス)に勝利した。
この試合では、ガエル・モンフィス(フランス)がやる気のなさそうな態度でプレーしノバク・ジョコビッチ(セルビア)のミスを誘い、奇襲を狙うという「奇想天外」な戦略をとり、一部非難を浴びた。
全米オープン」での両者の対戦は、3度目であった。

なお、下位大会である、ITF フューチャーズ・トーナメントでは、2004年にガエル・モンフィス(フランス)がノバク・ジョコビッチ(セルビア)に1勝を挙げている。

グラス(芝)コートでは、今回が初対戦となる。

7月3日より開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」ドローも既に発表されており、順調に勝ち進めば、両者は第3回戦でも再度対戦することとなる。

イーストボーン「AEGON国際(ATP250)」2017年決勝戦、両者最高のプレーに期待したい。

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)vs. ガエル・モンフィス(フランス)の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

モンフィスのサーブで試合開始。ジョコビッチがブレイクポイントを獲得。
モンフィスのダブルフォルトで、ジョコビッチが試合開始早々のブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 1-0 モンフィス)

第2ゲーム

ジョコビッチ、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 2-0 モンフィス)

第3ゲーム

モンフィス、キープ。モンフィス、ゲームポイントで時速200 km のエースを決める。(スコア:ジョコビッチ 2-1 モンフィス)

第4ゲーム

ジョコビッチのサービス。モンフィスがラリーを制しジュースとなる。
ジョコビッチがドロップショットを決め、アドバンテージを獲得。ジョコビッチがサービスゲームをキープ。(スコア:ジョコビッチ 3-1 モンフィス)

第5ゲーム

モンフィスのサービス。ジュースとなり、ラリーを制したモンフィスがアドバンテージを獲得するが、続くポイントはジョコビッチが獲得し、2度目のジュースとなる。
ジョコビッチのショットがラインを外れ、続いて、モンフィスがエースを決める。
モンフィス、キープ。(スコア:ジョコビッチ 3-2 モンフィス)

第6ゲーム

ジョコビッチ、ラブゲームでキープ。(スコア:ジョコビッチ 4-2 モンフィス)

第7ゲーム

モンフィスのサービス。ジョコビッチが2ブレイクポイントを獲得。
モンフィスが時速209 kmエースで1ポイントをセーブ。モンフィス、続いても時速203 km のサーブを決めブレイクポイントをセーブ、ジュースとなる。
ジョコビッチがクロスコートのウィナーを決め、再度ブレイクポイントを獲得。
続いてのラリーではジョコビッチのショットがラインを越え、2度目のジュース。
モンフィスがアドバンテージを獲得し、サービスゲームをキープ。モンフィス、ゲームポイントでエースを決める。(スコア:ジョコビッチ 4-3 モンフィス)

第8ゲーム

ジョコビッチ、キープ。(スコア:ジョコビッチ 5-3 モンフィス)

第9ゲーム

モンフィスのサービス。ジョコビッチが2セットポイント(ブレイクポイント)を獲得。
モンフィスのショットがラインを越え、ジョコビッチが再度のブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 6-3 モンフィス)

第1セットをジョコビッチが獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

ジョコビッチのサーブで試合再開。モンフィスがブレイクポイントを獲得。
ジョコビッチのサーブに対するモンフィスのリターンはアウト。ラインを外れ、ジュースとなる。
モンフィスが再度ブレイクポイントを獲得も、ジョコビッチがセーブし再びジュース。
ジョコビッチがネット際に出てアドバンテージを獲得。ジョコビッチがボレーを決め、サービスゲームをキープ。

第2ゲーム

モンフィス、キープ。

第3ゲーム

ジョコビッチ、キープ。

第4ゲーム

モンフィス、キープ。(スコア:ジョコビッチ 2-2 モンフィス)

第5ゲーム

ジコビッチのサービス。ジョコビッチにダブルフォルトがあり、モンフィスがブレイクポイントを獲得。
モンフィスのリターンはネットに阻まれ、ジュースとなる。
ジョコビッチがラリーを制しアドバンテージを獲得。ジョコビッチ、キープ。(スコア:ジョコビッチ 3-2 モンフィス)

第6ゲーム

モンフィス、キープ。ジョコビッチ、自身のショットがラインを越え、大きな叫び声を上げる(スコア:ジョコビッチ 3-3 モンフィス)

第7ゲーム

ジョコビッチ、キープ。(スコア:ジョコビッチ 4-3 モンフィス)

第8ゲーム

モンフィス、キープ。(スコア:ジョコビッチ 4-4 モンフィス)

第9ゲーム

ジョコビッチ、キープ。(スコア:ジョコビッチ 5-4 モンフィス)

第10ゲーム

モンフィスのサービス。ジョコビッチがチャンピオンシップポイント(ブレイクポイント)を獲得。
モンフィスのショットがラインを越え、ジョコビッチがブレイクに成功。(スコア:ジョコビッチ 6-4 モンフィス)

第2セットもジョコビッチが獲得し、ストレートで試合に勝利(6-3 6-4)。1時間16分で試合終了。

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がイーストボーン「AEGON国際(ATP250)」2017年優勝!を果たした。

他の試合結果(ドロー)

Summary

ジョコビッチ 6-3 6-4 モンフィス
1本 エース 6本
21 ウィナー 14
1 ダブルフォルト 1
16 Unforced エラー 19
72 %
(42/58)
第1サーブ 率 71 %
(45/63)
76 %
(32/42)
第1サーブ ポイント
獲得率
67 %
(30/45)
50 %
(8/16)
第2サーブ ポイント
獲得率
39 %
(7/18)
50 %
(3/6)
ブレイクポイント
成功率
0 %
(0/3)
41 %
(26/63)
リターンポイント
成功率
31 %
(18/58)
66 ポイント獲得合計 55

トーナメント表(ドロー)

イーストボーン「AEGON国際」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:ジョコビッチ・モンフィス出場
2017年6月26日~7月1日、イギリス イーストボーンで開催されるイーストボーン「AEGON国際(ATP250)」2017年のトー...

同時期開催の他の大会

「アンタルヤ・オープン」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:ティエム出場
2017年初開催となる「アンタルヤ・オープン(ATP250)」のトーナメント表(ドロー)が遂に発表された。 トルコ アンタルヤにて...