「楽天ジャパン・オープン」2022年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:ルード・西岡良仁他出場

※ ノーリー欠場
※ トーナメント表(ドロー)発表!

ジャパン・オープン(ATP500)」(楽天ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス)2022年開催。出場予定選手、トーナメント表(ドロー)、全試合結果を順次更新・紹介する。

トーナメント表(ドロー)へのジャンプ
出場選手一覧へのジャンプ

2022年は、キャスパー・ルード(ノルウェー)、テイラー・フリッツ(アメリカ)、そして、ニック・キリオス(オーストラリア)、西岡良仁(日本)、ダニエル太郎(日本)などが大会への出場を予定している。

アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、キャメロン・ノーリー(イギリス)、錦織圭(日本)は欠場となった。

過去の優勝・準優勝はこちら

スポンサーリンク

「ジャパン・オープン」2022年トーナメント表(ドロー)結果あり

開催期間:2022年10月3日~9日 ※本選、現地時間

開催地:日本 東京、ハードコート

トーナメント表全体像
クリックで表示

第1回戦

(1)キャスパー・ルードノルウェー
ジャウメ・ムナルスペイン
ペドロ・マルティネススペイン
アレクセイ・ポピュリンオーストラリア
マッケンジー・マクドナルドアメリカ
(WC)内田海智日本
スーンウー・クォン韓国
(6)アレックス・デ ミノールオーストラリア
(4)フランシス・ティアフォーアメリカ
(WC)内山靖崇日本
ダニエル太郎日本
ベルナベ・サパタ ミラジェススペイン
ミオミール・ケマノビッチセルビア
西岡良仁日本
ラドゥ・アルボットモルドバ
(8)ダニエル・エヴァンスイギリス
(5)ニック・キリオスオーストラリア
ツェン・チュンシン台湾
(Q)島袋将日本
カミル・マイフジャクポーランド
(LL)守屋宏紀日本
(Q)清水悠太日本
ジェームズ・ダックワースオーストラリア
(3)テイラー・フリッツアメリカ
(7)デニス・シャポバロフカナダ
スティーブ・ジョンソンアメリカ
(Q)野口莉央日本
(Q)ランクマー・ラマナサンインド
ブランドン・ナカシマアメリカ
(WC)望月慎太郎日本
タナシ・コキナキスオーストラリア
(9)ボルナ・チョリッチクロアチア

※ 第2シードキャメロン・ノーリー(イギリス)は欠場となった。

出場選手一覧

※ 本選への出場選手。以下に加え、予選通過者が出場する。また、予選開始以降に欠場者が出た場合は、予選最終戦での敗退者のうちランキング上位者がラッキールーザー(LL)として出場する。

シード*出場選手直前*
順位
エントリー
順位
(1)キャスパー・ルード(ノルウェー)27
(3)テイラー・フリッツ(アメリカ)1212
(4)フランシス・ティアフォー(アメリカ)1926
(5)ニック・キリオス(オーストラリア)2025
(6)アレックス・デ ミノール(オーストラリア)2220
(7)デニス・シャポバロフ(カナダ)2421
(8)ダニエル・エヴァンス(イギリス)2523
(9)ボルナ・チョリッチ(クロアチア)2629
ミオミール・ケマノビッチ(セルビア)3236
ブランドン・ナカシマ(アメリカ)4869
西岡良仁(日本)5655
ジャウメ・ムナル(スペイン)5957
ペドロ・マルティネス(スペイン)6754
ベルナベ・サパタ ミラジェス (スペイン)7879
タナシ・コキナキス(オーストラリア)8070
マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)8277
ツェン・チュンシン(台湾)8889
アレクセイ・ポピュリン(オーストラリア)9084
ラドゥ・アルボット(モルドバ)91106
ダニエル太郎(日本)9295
ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)10183
スティーブ・ジョンソン(アメリカ)117110
カミル・マイフジャク(ポーランド)11990
スーンウー・クォン(韓国)12181
(WC)内田海智(日本)163WC
(WC)内山靖崇(日本)311WC
(WC)望月慎太郎(日本)417WC

※ 第2シードキャメロン・ノーリー(イギリス)は欠場となった。

* 「シード」は大会直前の順位をもとに決められる。第1回戦免除はなし。
* 「直前順位」は、2022年9月26日付世界ランキングで確定する。

WC: ワイルドカード、大会主催者推薦枠
PR: プロテクトランキング。怪我などでツアーを離脱した選手は離脱前の一定期間のランキングを適用することが可能であり、これをもとにエントリーを行った場合。
SE: Special Exempt。大会の予選にエントリーしているが、直前の大会に勝ち進み、スケジュール上予選に出場することができない選手に与えられる、本選出場枠。

エントリー後の変更

エントリー締切日:2022年9月5日(現地時間)

IN

ワイルドカード(最大4名)

  • ダニエル太郎(日本) ※ WC枠→繰り上がり
  • 内田海智(日本)
  • 錦織圭(日本) ※ 欠場
  • 綿貫陽介(日本)
  • WC枠 4名→3名
  • 望月慎太郎(日本)

繰り上がり

  • アレクセイ・ポピュリン(オーストラリア)
  • ツェン・チュンシン(台湾)
  • カミル・マイフジャク(ポーランド)
  • ダニエル太郎(日本)
  • ラドゥ・アルボット(モルドバ)
  • スティーブ・ジョンソン(アメリカ)

OUT

  • 錦織圭(日本)※ WC枠
  • アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)
  • ジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)
  • マルコス・ギロン(アメリカ)
  • WC枠 1名
  • SE枠 1名
  • ジョアン・ソウザ(ポルトガル)
  • キャメロン・ノーリー(イギリス)※ 予選開始後

同時期開催の大会

ヌルスルタン「アスタナ・オープン」2022年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:メドベデフ・アルカラス・ジョコビッチ他出場
※ シナー欠場 ※ トーナメント表(ドロー)発表! ヌルスルタン「アスタナ・オープン(ATP500)」2022年開催。出場予...

過去優勝・準優勝者

※ 2000年以降

優勝準優勝
2021開催なし-
2020開催なし-
2019
ノバク・ジョコビッチジョン・ミルマン
2018ダニール・メドベデフ錦織圭
2017ダビド・ゴファンアドリアン・マナリノ
2016ニック・キリオスダビド・ゴファン
2015スタン・ワウリンカブノワ・ペール
2014錦織圭ミロシュ・ラオニッチ
2013フアン マルティン・デル ポトロミロシュ・ラオニッチ
2012錦織圭ミロシュ・ラオニッチ
2011アンディ・マレーラファエル・ナダル
2010ラファエル・ナダルガエル・モンフィス
2009ジョーウィルフリード・ツォンガミハイル・ユージニー
2008トマーシュ・ベルディヒフアン マルティン・デル ポトロ
2007ダビド・フェレールリシャール・ガスケ
2006ロジャー・フェデラーティム・ヘンマン
2005ウェスリー・ムーディマリオ・アンチッチ
2004イジー・ノバクテイラー・デント
2003ライナー・シュットラーセバスチャン・グロージャン
2002ケネス・カールセンマグヌス・ノーマン
2001レイトン・ヒューイットミシェル・クラトフビル
2000チャン・シャルケンニコラス・ラペンティ

2019年トーナメント表(ドロー)

「楽天ジャパン・オープン」2019年トーナメント表(ドロー)結果あり:ジョコビッチ・チリッチ他出場
「ジャパン・オープン(ATP500)」(楽天ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス)2019年!いよいよ開催。注目のトーナ...

2018年トーナメント表(ドロー)

2017年トーナメント表(ドロー)

最新世界ランキング

【最新】ATP世界ランキングTOP100:テニス男子シングルス
2022年9月26日付のATP世界ランキングが発表された。シングルスの最新世界ランキングを紹介する。 ランキング表へのジャンプ ...

2022年大会スケジュール

2022年 国際大会 年間スケジュール(ATP・グランドスラム・デビスカップ)
※ 6大会追加 テニス男子シングルス、2022年の国際大会 年間スケジュールを紹介する。 スケジュールへのジャンプ 202...