ナダルvsティエム試合結果詳細:マドリッド「ムトゥア マドリッド・オープン」2018年準々決勝

クレーキングラファエル・ナダル(スペイン)vsクレープリンスドミニク・ティエム(オーストリア)再度の対戦。
2018年5月11日(日本時間5月12日)マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」、準々決勝で実現した。

ラファエル・ナダル(スペイン)は、クレーコートの大会において、昨年ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」以来勝利を続けており、今試合前で21試合連続で勝利。1セットも失っておらず、連続獲得セット数50史上最多記録を更新している。

また、現在世界ランキング1位であるラファエル・ナダル(スペイン)は、大会後も世界ランキング1位の座を維持するには、今大会でも優勝が必要となる。
ラファエル・ナダル(スペイン)の優勝とならなかった場合には、次回2018年5月14日付世界ランキングにおいて、ラファエル・ナダル(スペイン)は世界2位にランクを下げ、ロジャー・フェデラー(スイス)が世界1位に返り咲く。

ラファエル・ナダル(スペイン)がクレーコートで昨年唯一敗北を喫したのが、昨年ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」準々決勝におけるドミニク・ティエム(オーストリア)との対戦。

ラファエル・ナダル(スペイン)から勝利を奪えるか、またセットを獲得することができるか、ドミニク・ティエム(オーストリア)最高のプレーが期待される。

両者の過去の対戦成績は、ラファエル・ナダル(スペイン)の6勝2敗勝率75 %)。
全てがクレーコートでの対戦となっている。

直近の対戦は、2018年モンテカルロRolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」準々決勝。この試合では、ラファエル・ナダル(スペイン)が計5回のブレイクに成功、圧倒的な強さを見せつけ、ストレートで勝利した
モンテカルロ2018年準々決勝試合詳細はこちら

昨年は4回対戦しており、うち2回が決勝戦。
昨年マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」では決勝戦で対戦し、ラファエル・ナダル(スペイン)がストレートで勝利、大会5回目の優勝を飾った
マドリッド2017年決勝戦試合詳細はこちら

今回が、両者9回目の対戦となる。

マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」2018年準々決勝、ラファエル・ナダル(スペイン)vs. ドミニク・ティエム(オーストリア)の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

ナダルのサーブで試合開始。ティエムがフォアハンド・ウィナーを決め、1ブレイクポイントを獲得。
ラリーとなり、ティエムのショットがラインを越える。ナダルがセーブし、ジュースに持ち込む。
ナダルのショットがラインを越え、ティエムが再度のブレイクポイントを獲得。
ナダルがワイドへの強力なサーブを決めセーブ、再びジュース。
ナダル、続いてセンターへのエースを決める。ナダルがアドバンテージを獲得。
ナダル、続いてはワイドへの強力なサーブを決め、ゲームキープ。

第2ゲーム

ティエム、キープ。

第3ゲーム

ナダル、キープ。

第4ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:ナダル 2-2 ティエム)

第5ゲーム

ナダル、キープ。(スコア:ナダル 3-2 ティエム)

第6ゲーム

ティエム、キープ。ティエムはゲームポイントでバックハンドのクロスコート・ウィナーを決める。(スコア:ナダル 3-3ティエム)

第7ゲーム

ナダルのサービス。ナダル、ティエムを左右に走らせポイントを獲得するが、ナダルのゲームポイントでナダルのフォアハンド・ショットはミス、ボールがラインを越え、ジュースとなる。
ナダルのフォアハンド・ショットがネットに阻まれ、ティエムがブレイクポイントを獲得。
19ショットに及ぶラリーとなるが、ナダルのフォアハンド・ショットがネットに阻まれる。
ティエムがブレイクに成功。(スコア:ナダル 3-4 ティエム)

第8ゲーム

ティエム、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:ナダル 3-5 ティエム)

第9ゲーム

ナダル、キープ。(スコア:ナダル 4-5 ティエム)

第10ゲーム

ティエムのサービス for the セット。両者ともにウィナー級のショットを連発、高度なラリーを展開する。
ティエムが1セットポイントを迎える。
ナダルのバックハンドでのクロスコート・ショット、ティエムはフォアハンドでのダウン・ザ・ラインを試みるがボールはアウト。ジュースとなる。
ティエムのサーブはダブルフォルトとなり、ナダルがブレイクポイントを獲得。
続いて、ティエムのショットがラインを越える。
ナダルがブレイクバックに成功。(スコア:ナダル 5-5 ティエム)

第11ゲーム

ナダルのサービス。ナダルがネット際のスマッシュでミス、ボールはネットに阻まれる。ティエムが2ブレイクポイントを獲得。
ナダル、続いてネット際でのフォアハンドハンド・ショットでミス、ボールがネットに阻まれる。
ティエムがブレイクに成功。(スコア:ナダル 5-6 ティエム)

第12ゲーム

ティエムのサービス for the セット。ティエムにダブルフォルト。ティエムは大きな叫び声を上げる。ティエムが1セットポイントを迎える。
ティエム、続いて、ワイドへのエースを決める。ティエムのエースは試合初。
ティエムがゲームキープ。(スコア:ナダル 5-7 ティエム)

第1セットをティエムが獲得。

ラファエル・ナダル(スペイン)の連続獲得セット数は50 セットで一旦ストップとなった。

試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

ナダルのサーブで試合再開。ナダル、キープ。

第2ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:ナダル 1-1 ティエム)

第3ゲーム

ナダルのサービス。ナダルのフォアハンドでミス、続いてナダルは2連続でダブルフォルト。ナダルは左右に首を振る。ティエムが2ブレイクポイントを獲得する。
ラリーとなり、ナダルがネット際に出てライン真上へのフォアハンド・ウィナーを決める。ナダルが1ポイントをセーブ。
ナダルが強力なサーブを決め2ポイント目もセーブ、ジュースに持ち込む。ナダルは「カモン」と叫ぶ。
ラリーとなり、ティエムがフォアハンドでクロスコートのウィナーを決める。ティエムが再度のブレイクポイントを獲得。
ナダルが強力なサーブを決めセーブ、再びジュース。
ラリーとなり、ナダルのバックハンド・ショットがラインを外れる。ティエムがゲーム4度目のブレイクポイントを獲得。
続いてもラリーとなり、ティエムのバックハンド・ショットがラインを越える。ゲーム3度目のジュースに突入。
ナダルのバックハンド・ショットがラインを越え、ティエムが5度目のブレイクポイントを獲得。ナダルは珍しく苛立ちをみせる。
続いて、ナダルのフォアハンド・ショットがラインを越える。
ティエムがブレイクに成功。ゲーム時間8分45秒。(スコア:ナダル 1-2 ティエム)

ナダルは休憩中、タオルで顔を覆う。

第4ゲーム

ティエムのサービス。ティエムにダブルフォルト。ナダルがバックハンドでウィナーを決め、2ブレイクポイントを獲得。ナダルはジャンプしガッツポーズを見せる。
ティエムがネット際に出てドロップショットを決め、1ポイントをセーブ。
ティエムがセンターへの強力なサーブを決め、2ポイント目もセーブ。ジュースとなる。
ティエム、ネット際に出てスマッシュ・ボレーを試みるがナダルがリターン、ティエムが2度目のスマッシュ・ボレーでウィナーを決める。ティエムがアドバンテージを獲得。
ティエムのダウン・ザ・ライン、ナダルのリターンがラインを越える。
ティエム、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:ナダル 1-3 ティエム)

第5ゲーム

ナダル、ラブゲームでキープ。(スコア:ナダル 2-3 ティエム)

第6ゲーム

ティエムのサービス。ティエムにダブルフォルト。ナダルが2ブレイクポイントを獲得。
ティエムがネット際に出てボレーを決め、1ポイントをセーブ。
続いて、ティエムのクロスコート・ショットがラインを越える。
ナダルがブレイクバックに成功。(スコア:ナダル 3-3ティエム)

第7ゲーム

ナダルのサービス。ティエムがナダルをネット際に引き寄せ、ナダルを越えるウィナーを決める。ティエムが2ブレイクポイントを獲得。
続いてラリーとなり、ナダルのバックハンド・ショットがラインを越える。
ティエムがブレイクに成功。ティエム、ガッツポーズをみせる。(スコア:ナダル 3-4 ティエム)

第8ゲーム

ティエム、ブレイク直後のサービスゲームをラブゲームでキープ。(スコア:ナダル 3-5 ティエム)

第9ゲーム

ナダルのサービス。ナダルが3ゲームポイントを迎えるが続くポイントをティエムが獲得、ジュースとなる。
ラリーとなり、ティエムがバックハンドでダウン・ザ・ラインを決める。ティエムがブレイクポイント(マッチポイント)を獲得。
ナダルが強力なサーブを決めティエムのリターンはアウト。ナダルがセーブし、再びジュース。
ナダルのショットがネットに阻まれ、ティエムが再度のブレイクポイント(マッチポイント)を獲得。
ラリーとなり、ティエムがフォアハンドでクロスコートのウィナーを決める。
ティエムがダブル・ブレイクに成功。(スコア:ナダル 3-6 ティエム)

第2セットもティエムが獲得、ストレートで試合に勝利(ティエム – ナダル:7-5 6-3)。1時間55分で試合終了。

ドミニク・ティエム(オーストリア)がラファエル・ナダル(スペイン)に勝利!
マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」2018年準決勝進出を決めた。

準決勝では、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。

ラファエル・ナダル(スペイン)は優勝を逃し、2018年5月14日付世界ランキングにおいて、世界1位から世界2位となることが決まった。

なお、直後の大会であるローマBNLイタリア国際(ATP1000)」ラファエル・ナダル(スペイン)が優勝を果たすと、同大会後、再び世界ランキング1位に返り咲くこととなる。

ドミニク・ティエム(オーストリア)は、ATPワールドツアー・マスターズ1000 初優勝を懸け、マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」準決勝に挑む。

他の試合結果(ドロー)

マドリッド「ムトゥア マドリッド・オープン」2018年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・ナダル他トップ選手集結
ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、錦織圭(日本)などトップ選手集結のマドリッド「ムトゥア マドリッド...

ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」トーナメント表(ドロー)

ローマ「BNLイタリア国際」2018年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・ナダル・ジョコビッチ他トップ選手集結
2018年ローマ「BNLイタリア国際(ATP1000)」トーナメント表(ドロー)が発表された。 直前の大会マドリッド「ムトゥア...

Summary

ナダル 5-7 3-6 ティエム
3本 エース 2本
12 ウィナー 29
2 ダブルフォルト 5
29 Unforced エラー 28
58 %
(45/77)
第1サーブ 率 65 %
(39/60)
64 %
(29/45)
第1サーブ ポイント
獲得率
74 %
(29/39)
34 %
(11/32)
第2サーブ ポイント
獲得率
43 %
(9/21)
185 km/h 第1サーブ
平均速度
195 km/h
152 km/h 第2サーブ
平均速度
162 km/h
89 % サーブ
返球率
77 %
40 %
(2/5)
ブレイクポイント
成功率
42 %
(5/12)
37 %
(22/60)
リターンポイント
成功率
48 %
(37/77)
62 ポイント獲得合計 75

最新世界ランキング

【最新】ATP世界ランキングTOP 50:テニス男子シングルス
※ 毎週更新 2018年8月13日付のATP世界ランキングが発表された。シングルスの最新世界ランキングを紹介する。 ランキン...