トップ選手大会出場予定【2017年9月】:杉田・A. ズベレフ・ティエム他トップ選手スケジュール

2017年9月開催の世界テニス男子シングルス、各大会へのトップ選手出場予定を紹介する。

2017年9月は、8月末から開催のグランドスラム「全米オープン」後半戦に加え、ATP250の4試合が開催される。

グランドスラム「全米オープン」は、9月10日(日本時間9月11日)に決勝戦を迎え、その後9月15日~17日はデビスカップ(国別対抗戦)準決勝、9月18日~24日にATP250の2大会、9月25日~10月1日にもATP250の2大会が開催される。

2017年シーズンもいよいよ終盤。各選手の活躍が期待される。
(写真:アレクサンダー・ズベレフ、9月深センオープンに出場予定)

トップ50選手の出場予定一覧表へのジャンプ

スポンサーリンク

2017年9月:ナダル・フェデラーらトップ選手集結

全米オープン開催!トップ選手集結

8月28日~9月10日は、グランドスラム「全米オープン」が開催される。

グランドスラム「全米オープン」には、ほぼ全てのトップ選手が集結する。
2017年グランドスラム(4大大会)最後の大会。様々なドラマと最高峰のプレーが期待される。

詳細はこちらを参照

 サンクトペテルブルクにツォンガ、Bアグ、メッスにゴファン、Cブスタらが出場

9月18日~24日は、ATP250の2大会が開催される。

ロシア サンクトペテルブルクで開催のサンクトペテルブルク・オープン(ATP250)」には、ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、ファビオ・フォニーニ(イタリア)などがエントリー。
また、2015年準優勝のジョアン・ソウザ(ポルトガル)も出場を予定している。

ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)は昨年準決勝に進出。今回、大会初制覇を目指す。
ファビオ・フォニーニ(イタリア)は2012年に準優勝を獲得している。

※ ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)が参戦を発表。当初出場予定でなかったため、ワイルドカードでの出場権を獲得した。

※ ガエル・モンフィス(フランス)も出場予定であったが、膝の怪我のため欠場。ガエル・モンフィス(フランス)は、グランドスラム「全米オープン」試合途中での棄権を余儀なくされた。直近の「デビスカップ(国別対抗戦)」準決勝でも、同じ怪我により出場を見送っている。

フランス メッスで開催されるメッスモゼーユ・オープン(ATP250)」には、ダビド・ゴファン(ベルギー)、ジル・ミュラー(ルクセンブルグ)、ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)に加え、地元フランスのルカ・プイユ(フランス)、リシャール・ガスケ(フランス)などが出場を予定。
強豪選手が多く、トップレベルのプレーが期待される。

昨年メッスモゼーユ・オープン」の優勝は、ルカ・プイユ(フランス)。
2014年にはダビド・ゴファン(ベルギー)が優勝を果たしている。
2007年以降の直近10年間でフランス人選手が7回優勝。2010年、2013年に優勝を果たしたジル・シモン(フランス)も出場を予定している。

※ (ドロー発表後)パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)は欠場となった。

トーナメント表(ドロー)

 

成都に杉田祐一、ティエム、深センにAズベレフ、ゴファンが出場

9月25日~10月1日にかけて、ATP250の2大会が開催される。

中国 成都で開催される成都オープン(ATP250)」には、杉田祐一(日本)に加え、ドミニク・ティエム(オーストリア)、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)が出場を予定。

成都オープン」は昨年が初開催。
昨年初めての優勝を獲得したカレン・カチャノフ(ロシア)も出場を予定している。
アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)は昨年準優勝。
杉田祐一(日本)は初めての大会出場となる。

※ ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)は欠場となった。

同時期に中国 深センで開催の深センオープン(ATP250)」には、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、ダビド・ゴファン(ベルギー)らが出場。
その他にも、ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)、パオロ・ロレンチ(イタリア)など強豪選手がエントリー。

前回「深センオープン」の優勝者は、トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)。
トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)は、2015年、2016年と2連覇を達成した。
21才アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)は、2017年が初出場になる。

※ トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)、フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)は欠場となった。

トーナメント表(ドロー)

 

トップ選手大会出場予定【2017年9月】
世界テニス男子シングルス

(2017年8月21日付ATP 世界ランキング 50位までの選手の出場予定)

※ いずれもエントリー時点の予定。その後、トーナメント表(ドロー)発表までの主な変更を更新している。

順位選手9月18日9月25日8月28日
1ラファエル・ナダル--全米オープン
2アンディ・マレー--全米オープン
3ロジャー・フェデラー--全米オープン
4スタン・ワウリンカ---
5ノバク・ジョコビッチ---
6アレクサンダー・ズべレフ-深セン全米オープン
7マリン・チリッチ--全米オープン
8ドミニク・ティエム-成都全米オープン
9グリゴール・ディミトロフ--全米オープン
10錦織圭---
11ミロシュ・ラオニッチ--全米オープン
12ジョーウィルフリード・ツォンガサンクトペテルブルク*成都全米オープン
13ダビド・ゴファンメッス深セン全米オープン
14ジョン・イズナー--全米オープン
15ロベルト・バウティスタ アグートサンクトペテルブルク-全米オープン
16パブロ・カレーニョ ブスタメッス*-全米オープン
17ジャック・ソック--全米オープン
18ニック・キリオス--全米オープン
19トマーシュ・ベルディヒ-深セン全米オープン
20ルカ・プイユメッス-全米オープン
21サム・クエリー--全米オープン
22ガエル・モンフィスサンクトペテルブルク*-全米オープン
23ジル・ミュラーメッス-全米オープン
24アルベルト・ラモス ビノラス-成都全米オープン
25ダビド・フェレール--全米オープン
26ファビオ・フォニーニサンクトペテルブルク-全米オープン
27ミーシャ・ズベレフメッス深セン全米オープン
28フアン マルティン・デル ポトロ--全米オープン
29カレン・カチャノフ-成都全米オープン
30リシャール・ガスケメッス-全米オープン
31パブロ・クエバス--全米オープン
32ケビン・アンダーソン--全米オープン
33ディエゴ・シュワルツマン--全米オープン
34アドリアン・マナリノサンクトペテルブルク成都全米オープン
35フェリシアーノ・ロペス--全米オープン
36ロビン・ハーセ--全米オープン
37フィリップ・コールシュライバーサンクトペテルブルク深セン全米オープン
38イボ・カルロビッチ--全米オープン
39ジル・シモンメッス-全米オープン
40パオロ・ロレンチサンクトペテルブルク深セン全米オープン
41ブノワ・ペールメッス-全米オープン
42フェルナンド・ベルダスコ-成都全米オープン
43杉田祐一-成都全米オープン
44ライアン・ハリソン--全米オープン
45カイル・エドマンドサンクトペテルブルク成都全米オープン
46スティーブ・ジョンソン--全米オープン
47ビクトル・トロイツキサンクトペテルブルク成都全米オープン
48アルヤズ・ベデネサンクトペテルブルク-全米オープン
49ヒョン・チョン-深セン全米オープン
50ジョアン・ソウザサンクトペテルブルク深セン全米オープン

「次>」で26位以下の選手スケジュールを表示

* サンクトペテルブルク・オープン(ATP250)」に出場予定であったガエル・モンフィス(フランス)は、膝の怪我のため欠場。
ガエル・モンフィス(フランス)は、同じ怪我によりグランドスラム「全米オープン」試合途中での棄権を余儀なくされた。直近の「デビスカップ(国別対抗戦)」準決勝でも出場を見送っている。

ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)がサンクトペテルブルク・オープン(ATP250)」への出場を発表。当初出場予定でなかったため、ワイルドカードでの出場権を獲得した。

* (ドロー発表後)メッスモゼーユ・オープン(ATP250)」に出場予定であったパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)は、欠場となった。パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)は大会第1シードであり、優勝も期待されていた。

【2017年】年間大会スケジュール

2017年 国際大会 年間スケジュール(ATP、グランドスラム、デビスカップ)
テニス男子シングルス、2017年の国際大会 年間スケジュールを確認したい。グランドスラム(4大大会)全て、ATP マスターズ1000/ ATP 500/ ATP 250 全て、ATP ワールドツアー・ファイナル、NextGen ATP ファイナル、デビスカップ(国別対抗戦)の大会開催スケジュールは、次の通り。