杉田祐一vsシャポバロフ試合結果詳細:バーゼル「スイス・インドアーズ・バーゼル」2017年第1回戦

2017年10月23日(日本時間10月24日)、バーゼルスイス・インドアーズ・バーゼル(ATP500)」では第1回戦の試合が開催され、杉田祐一(日本)とデニス・シャポバロフ(カナダ)と対戦した。

杉田祐一(日本)は2017年アンタルヤ・オープン(ATP250)」優勝。その後も活躍を見せ、先に行われたストックホルム・オープン(ATP250)」においても後の優勝者、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)を苛立たせる巧妙な試合を展開した。

杉田祐一(日本)のバーゼルスイス・インドアーズ・バーゼル(ATP500)」初戦対戦相手となったのは、18才 デニス・シャポバロフ(カナダ)。

デニス・シャポバロフ(カナダ)は、2017年6月のロンドン クイーンズ・クラブAEGON選手権(ATP500)」において予選通過者として出場、観客を魅了するプレーに世界から注目を浴びた。その後、8月モントリオールロジャーズ・カップ(ATP1000)」ではラファエル・ナダル(スペイン)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)に勝利。
9月グランドスラム「全米オープン」でも予選からの出場で、第4回戦ベスト16 にまで進出した。
期待の若手選手である。

注目の両者初対戦、バーゼルスイス・インドアーズ・バーゼル(ATP500)」2017年第1回戦、杉田祐一(日本)vs. デニス・シャポバロフ(カナダ)の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

シャポバロフのサーブで試合開始。シャポバロフ、キープ。

第2ゲーム

杉田のサービス。ジュースとなるが、杉田がエースでアドバンテージを獲得。
杉田のサーブに対するシャポバロフのリターンはラインを越える。
杉田がサービスゲームをキープ。

第3ゲーム

シャポバロフのサービス。ジュースとなり、杉田がブレイクポイントを獲得。
シャポバロフのフォアハンド、クロスコート・ショットがラインを越える。
杉田がブレイクに成功。(スコア:杉田 2-1 シャポバロフ)

第4ゲーム

杉田、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:杉田 3-1 シャポバロフ)

第5ゲーム

シャポバロフ、ラブゲームでキープ。(スコア:杉田 3-2 シャポバロフ)
シャポバロフ、ゲームポイントで「カモン!」と叫ぶ。

第6ゲーム

杉田、ラブゲームでキープ。(スコア:杉田 4-2 シャポバロフ)

第7ゲーム

シャポバロフのサービス。杉田が1ブレイクポイントを獲得。
シャポバロフがネット際に出てボレーを決めセーブ、ジュースに持ち込む。
シャポバロフ、続いてもボレーを決め、アドバンテージを獲得する。
シャポバロフが強力なサーブを決め、サービスゲームをキープ。(スコア:杉田 4-3 シャポバロフ)

第8ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 5-3 シャポバロフ)

第9ゲーム

シャポバロフ、キープ。(スコア:杉田 5-4 シャポバロフ)

第10ゲーム

杉田のサービス for the セット。杉田、3セットポイントを迎える。
ラリーとなり、杉田のフォアハンド・ショットがラインを越える。シャポバロフが1ポイントをセーブ。
杉田、続いてはウィナーを決め、サービスゲームキープ。(スコア:杉田 6-4 シャポバロフ)

第1セットは杉田が獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

シャポバロフのサーブで試合再開。シャポバロフ、ラブゲームでキープ。
シャポバロフはゲームポイントを含め2連続でエースを決める。(スコア:杉田 0-1 シャポバロフ)

第2ゲーム

杉田のサービス。シャポバロフが2ブレイクポイントを獲得。
杉田がボレーを決め、1ポイントをセーブ。
続いて、シャポバロフがフォアファンドでウィナーを決める。
シャポバロフが試合再開早々のブレイクに成功。(スコア:杉田 0-2 シャポバロフ)

第3ゲーム

シャポバロフ、ブレイク直後のサービスゲームをラブゲームでキープ。(スコア:杉田 0-3 シャポバロフ)

第4ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 1-3 シャポバロフ)

第5ゲーム

シャポバロフ、2連続でエースを決め、ゲームキープ。(スコア:杉田 1-4 シャポバロフ)

第6ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 2-4 シャポバロフ)

第7ゲーム

シャポバロフ、キープ。(スコア:杉田 2-5 シャポバロフ)

第8ゲーム

杉田のサービス。シャポバロフが3ブレイクポイント(セットポイント)を獲得。
杉田がエースを決め1ポイントをセーブ。
続いてラリーとなり、杉田のショットがネットに阻まれる。
シャポバロフがダブル・ブレイクに成功。(スコア:杉田 2-6 シャポバロフ)

第2セットはシャポバロフが獲得、試合は最終第3セットへ。

Set 3

第1ゲーム

シャポバロフのサーブで試合再開。シャポバロフ、キープ。

第2ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 1-1 シャポバロフ)

第3ゲーム

シャポバロフのサービス。シャポバロフにダブルフォルト。杉田が2ブレイクポイントを獲得。
シャポバロフがフォアハンド・ウィナーを決め、1ポイントをセーブ。
ラリーとなり、杉田のショットがネットに阻まれる。ジュースに突入。
続いてはシャポバロフのショットがネットに阻まれ、杉田が再度のブレイクポイントを獲得。
シャポバロフが時速205 km のセンターへのエースを決めセーブ、再びジュース。
続いてのラリーはシャポバロフに軍配、アドバンテージを獲得する。
再びラリーとなり、杉田のショットがラインを越える。
シャポバロフがサービスゲームをキープ。(スコア:杉田 1-2 シャポバロフ)

第4ゲーム

杉田のサービス。シャポバロフが2ブレイクポイントを獲得。
続いて、シャポバロフはネット際に出た杉田を越えるショットでウィナーを決める。
シャポバロフがブレイクに成功。(スコア:杉田 1-3 シャポバロフ)

第5ゲーム

シャポバロフ、最初のポイントをエースで獲得。
シャポバロフがブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:杉田 1-4 シャポバロフ)

第6ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 2-4 シャポバロフ)

第7ゲーム

シャポバロフのサービス。杉田が2ブレイクポイントを獲得。杉田、ガッツポーズを見せる。
ラリーとなり、シャポバロフのショットがネットに阻まれる。
杉田がブレイクバックに成功。(スコア:杉田 3-4 シャポバロフ)

第8ゲーム

杉田のサービス。ジュースとなり、杉田がエースでアドバンテージを獲得。
杉田のショットがネットに阻まれ、再びジュース。
杉田が強力なサーブを決め、アドバンテージを獲得。杉田のサーブに対しシャポバロフはチャレンジするが、判定はIN。チャレンジ失敗。
続いて、ラリーとなり、シャポバロフのバックハンドのボレーに対する杉田のリターンがラインを越える。3度目のジュースに突入。
杉田がコーナーへの強力なサーブ、シャポバロフのリターンはネットを越えず、杉田がアドバンテージを獲得する。
杉田、続いてはセンターへの強力なサーブを決め、サービスゲームをキープ。(スコア:杉田 4-4 シャポバロフ)

第9ゲーム

シャポバロフ、ラブゲームでキープ。(スコア:杉田 4-5 シャポバロフ)

第10ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 5-5 シャポバロフ)

第11ゲーム

シャポバロフ、キープ。(スコア:杉田 5-6 シャポバロフ)

第12ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 6-6 シャポバロフ)

第3セットは両者譲らず、タイブレイクに突入。

タイブレイク

杉田 – シャポバロフ 太字:ミニブレイク

1-0, 1-1 2-1, 2-2 2-3, 2-4 3-4, 3-5 3-6, 3-7
最後のポイントは、杉田のダブルフォルトでシャポバロフが獲得した。

タイブレイクをシャポバロフが制し第3セットを獲得、試合に勝利(シャポバロフ – 杉田:4-6 6-2 7-63)。1時間59分で試合終了。

デニス・シャポバロフ(カナダ)が、バーゼルスイス・インドアーズ・バーゼル(ATP500)」2017年第2回戦ベスト16 進出を決めた。
第2回戦では、アドリアン・マナリノ(フランス)またはルベン・ビーママンス(ベルギー)と対戦する。

なお、デニス・シャポバロフ(カナダ)は、第2回戦ベスト16 進出により、シーズン末に開催されるNextGen ATPファイナルへの出場権を獲得した。

杉田祐一(日本)は、第1回戦敗退となった。

第1回戦 他の試合結果(ドロー)

同時期に開催の他の大会

ウィーン「エルステ・バンク・オープン500」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:Aズベレフ・ティエム他出場
2017年10月23日~29日にかけ、ウィーン「エルステ・バンク・オープン500(ATP500)」がオーストリア ウィーンにて開催さ...

Summary

杉田 6-4 2-6 63-7 シャポバロフ
6本 エース 13本
3 ダブルフォルト 3
60 %
(56/93)
第1サーブ 率 57 %
(51/89)
70 %
(39/56)
第1サーブ ポイント
獲得率
76 %
(39/51)
51 %
(19/37)
第2サーブ ポイント
獲得率
63 %
(24/38)
33 %
(2/6)
ブレイクポイント
成功率
60 %
(3/5)
29 %
(26/89)
リターンポイント
成功率
38 %
(35/93)
84 ポイント獲得合計 98

トーナメント表(ドロー)

バーゼル「スイス・インドアーズ・バーゼル」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:杉田・フェデラー・チリッチ他出場
ロジャー・フェデラー(スイス)、マリン・チリッチ(クロアチア)、杉田祐一(日本)などが出場するバーゼル「スイス・インドアーズ・バーゼ...