「デビスカップ(国別対抗戦)」2019年決勝トーナメント表(ドロー):錦織圭・ナダル他出場

男子テニスの国別対抗戦、「デビスカップ」2019年の決勝トーナメント表(ドロー)を紹介する。

ラウンドロビン・トーナメント表(ドロー)へのジャンプ

デビスカップ国別対抗戦)」は、2019年より新フォーマットに改定された。
決勝トーナメントには、昨年準決勝進出の4ヶ国、予選通過の12ヶ国、ワイルドカード2ヶ国の計18ヶ国が出場。

2019年11月18日~24日にかけて、スペイン マドリッドで全試合が開催される。

日本代表は、予選で中国代表に勝利、決勝トーナメント進出を決めている。全出場国はこちらを参照。

各対戦は、シングルス2試合、ダブルス1試合。同日に開催され、2試合先取で勝利となる。
そして、各試合は、3セットマッチ(2セット先取)、タイブレイクあり、で開催される。

決勝トーナメントでは、18ヶ国がまず3ヶ国ずつの6グループに分けられ、ラウンドロビン総当たり戦)を戦う。
ラウンドロビン総当たり戦)各グループ1位通過の6ヶ国と、同2位の6ヶ国のうち、セット獲得率、ゲーム獲得率の高い2ヶ国が、準々決勝に進出する。
準々決勝・準決勝・決勝は、トーナメント形式(ノックアウト方式)で開催される。

なお、ラウンドロビン(総当たり戦)で最も成績の悪かった2ヶ国は、翌年はゾーングループ(予選前のゾーン)からの出場となる。

新しく生まれ変わった「デビスカップ国別対抗戦)」。
ラファエル・ナダル(スペイン)は出場を表明しており、錦織圭(日本)も出場が予定されている。
その他、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、マリン・チリッチ(クロアチア)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)などの出場も期待される。

デビスカップ国別対抗戦)」2019年決勝トーナメント、ラウンドロビン総当たり戦)のグループ分けは、以下の通り。

スポンサーリンク

「デビスカップ(国別対抗戦)」2019年
決勝トーナメント表(ドロー)

開催期間:2019年11月18日~24日 ※現地時間

開催地:スペイン マドリッド

ラウンドロビン(総当たり戦)

各グループへのジャンプ:グループA B C D E F

日本はグループA

グループA

  • フランス
  • セルビア
  • 日本

グループB

  • クロアチア
  • スペイン
  • ロシア

グループC

  • アルゼンチン
  • ドイツ
  • チリ

グループD

  • ベルギー
  • オーストラリア
  • コロンビア

グループE

  • イギリス
  • カザフスタン
  • オランダ

グループF

  • アメリカ
  • イタリア
  • カナダ

決勝トーナメント出場国

(シード/ ランキング順)

  1. フランス
  2. クロアチア
  3. アルゼンチン
  4. ベルギー
  5. イギリス
  6. アメリカ
  7. スペイン
  8. セルビア
  9. オーストラリア
  10. イタリア
  11. ドイツ
  12. カザフスタン
  13. カナダ
  14. 日本
  15. コロンビア
  16. オランダ
  17. ロシア
  18. チリ

ラウンドロビン(総当たり戦)では、シード1~6 の6ヶ国がグループA~F に分けられ、ランク7~12 の国、ランク13~18 の国が抽選でそれぞれグループA~F に分けられる。