「デルレイビーチ・オープン」2018年トーナメント表(ドロー)結果あり:ソック・デルポ・ラオニッチ他出場

デルレイビーチ・オープン(ATP250)」2018年のトーナメント表(ドロー)を紹介する。

大会には、昨年優勝のジャック・ソック(アメリカ)に加え、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、サム・クエリー(アメリカ)、ジョン・イズナー(アメリカ)、そして期待の若手ヒョン・チョン(韓国)、デニス・シャポバロフ(カナダ)など多くのトップ選手が出場する。

昨年「デルレイビーチ・オープン(ATP250)」では、決勝戦でミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がひざ後ろの腱を負傷し、無念の棄権。ジャック・ソック(アメリカ)が不戦勝で優勝した。

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は2017年、ひざ後ろの腱に加え、手首の怪我などにも苛まれ、多くの大会への欠場を余儀なくされた。
2018年、ブリスベン国際(ATP250)」で復帰、グランドスラム「全豪オープン」にも出場するが、いずれも初戦敗退を喫した。
なお、グランドスラム「全豪オープン」初戦でミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を敗退に追い込んだルカシュ・ラコ(スロバキア)も出場。
2016年末に世界3位であったミロシュ・ラオニッチ(カナダ)のランキングは、現在世界31位にまで下落している。
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)怪我からの本格復帰となるか、今大会でのパフォーマンスが注目される。

ジャック・ソック(アメリカ)とミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は第1回戦で対戦の予定であったが、ニック・キリオス(オーストラリア)の欠場により、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が繰り上がりでシードとなり、トーナメント表(ドロー)が変更された。
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は、第1回戦でダニエル太郎(日本)と対戦する。

また、2016年にはサム・クエリー(アメリカ)が大会優勝。2012年はケビン・アンダーソン(南アフリカ)が、2011年にはフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が優勝を果たしている。

2018年も、特にハードコートを得意とする多くのトップ選手が出場し、高度な戦いが予想される。各選手の活躍に期待したい。
デルレイビーチ・オープン(ATP250)」2018年のトーナメント表(ドロー)は、以下の通り。

スポンサーリンク

デルレイビーチ・オープン」2018年
トーナメント表(ドロー)結果あり

開催期間:2018年2月19日~25日 ※現地時間

開催地:アメリカ合衆国 フロリダ州 デルレイビーチ、ハードコート

トーナメント表全体像 クリックで表示
トーナメント表全体像(結果なし)

決勝

ペーター・ゴヨブチックドイツ6-1 6-4
(WC)フランシス・ティアフォーアメリカ

同時期開催の他の大会

【トップ50選手】大会出場予定

トップ選手大会出場予定【2018年】:錦織圭・ナダル・フェデラー他TOP50出場スケジュール
※ ワウリンカ、全米オープンWC獲得 ※ ナダル、シンシナティ欠場 世界テニス男子シングルス、各大会へのトップ選手出...

準決勝

ペーター・ゴヨブチックドイツ7-63 6-3
スティーブ・ジョンソンアメリカ
デニス・シャポバロフカナダ7-5 6-4
(WC)フランシス・ティアフォーアメリカ

準々決勝(ベスト8)

(WC) ライリー・オペルカアメリカ7-65 6-3
ペーター・ゴヨブチックドイツ
エフゲニー・ドンスコイロシア6-1 6-4
スティーブ・ジョンソンアメリカ
デニス・シャポバロフカナダ7-5 6-4
テイラー・フリッツアメリカ
(8)ヒョン・チョン韓国5-7 6-4 6-4
(WC) フランシス・ティアフォーアメリカ

第2回戦(ベスト16)

(1)ジャック・ソックアメリカ4-6 7-5 6-3
(WC) ライリー・オペルカアメリカ
ペーター・ゴヨブチックドイツ7-63 64-7 7-65
(6) WC ジョン・イズナーアメリカ
エフゲニー・ドンスコイロシア7-66 6-3
ドナルド・ヤングアメリカ
スティーブ・ジョンソンアメリカ6-2 6-4
(9)ミロシュ・ラオニッチカナダ
ジャレド・ドナルドソンアメリカ66-7 6-4 6-4
デニス・シャポバロフカナダ
ミハイル・ユージニーロシア6-1 4-6 6-3
テイラー・フリッツアメリカ
(8)ヒョン・チョン韓国6-4 7-64
(Q)フランコ・シュクゴールクロアチア
(WC) フランシス・ティアフォーアメリカ7-66 4-6 7-5
(2)フアン マルティン・デル ポトロアルゼンチン

第1回戦

(1)ジャック・ソックアメリカ6-4 6-4
(Q)ジョン パトリック スミスオーストラリア
(WC) ライリー・オペルカアメリカ7-65 7-66
ライアン・ハリソンアメリカ
ルカシュ・ラコスロバキア3-6 7-5 6-1
ペーター・ゴヨブチックドイツ
ラドゥ・アルボットモルドバ5-7 6-3 6-4
(6) WC ジョン・イズナーアメリカ
(LL)ダリアン・キングバルバドス6-4 6-2
エフゲニー・ドンスコイロシア
(Q)ランクマー・ラマナサンインド6-1 6-2
ドナルド・ヤングアメリカ
スティーブ・ジョンソンアメリカ6-3 6-14
ニコロス・バシラシヴィリジョージア
ダニエル太郎日本6-1 7-5
(9)ミロシュ・ラオニッチカナダ
(LL)ピーター・ポランスキーカナダ7-66 6-1
ジャレド・ドナルドソンアメリカ
デニス・シャポバロフカナダ7-5 7-64
イボ・カルロビッチクロアチア
ミハイル・ユージニーロシア7-5 6-4
ドゥディ・セライスラエル
テイラー・フリッツアメリカ2-6 6-3 7-64
(4)サム・クエリーアメリカ
(8)ヒョン・チョン韓国3-6 6-3 6-1
(LL)キャメロン・ノーリーイギリス
(Q)フランコ・シュクゴールクロアチア6-2 7-5
(Q)アレクサンダー・ブブリクカザフスタン
マシュー・エブデンオーストラリア6-2 2-6 6-2
(WC) フランシス・ティアフォーアメリカ
ジェイミー・シャルディフランス6-2 6-4
(2)フアン マルティン・デル ポトロアルゼンチン

※ 第5シード ニック・キリオス(オーストラリア)は欠場となった。これにより、トーナメント表(ドロー)は一部変更となっている。
※ 第3シード ケビン・アンダーソン(南アフリカ)、第7シード アドリアン・マナリノ(フランス)は欠場となった。