「ブリスベン国際」2018年トーナメント表(ドロー)結果あり:マレー・ディミトロフ・ラオニッチ他出場

2018年シーズン開幕!グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)ら多くのスター選手出場の「ブリスベン国際(ATP250)」トーナメント表(ドロー)を紹介する。

※  アンディ・マレー(イギリス)は大会第2シードでの出場を予定していたが、臀部の怪我のため、試合開始直前に出場を断念。欠場となった。

アンディ・マレー(イギリス)は、昨年世界ランキング1位で開始するも、臀部の怪我に悩まされ、シーズン途中での離脱。今大会、「ブリスベン国際(ATP250)」で5ヶ月振りに公式試合に復帰を予定していた。

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、ジル・ミュラー(ルクセンブルク)は今大会で復帰。パフォーマンスが注目される。

2017年「ブリスベン国際(ATP250)」の優勝は、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)。
準決勝では当時世界ランキング3位第1シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に勝利決勝戦では錦織圭(日本)にフルセットの末勝利
3年振りのツアー優勝を果たし、最高のシーズン開始を迎えた。
その後、2017年末世界ランキングで自己最高の世界3位にまで上り詰めた。今大会第1シードでの出場で、大会連覇を目指す。

「ブリスベン国際」2017年トーナメント表(ドロー)はこちら

また、2016年には、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が大会優勝。アンディ・マレー(イギリス)は、2012年、2013年に優勝を果たしている。

2018年は、前述の選手の他にも、ニック・キリオス(オーストラリア)、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、注目の若手選手デニス・ジャポバロフ(カナダ)らが出場を予定している。

開幕早々、トップ選手同士の高度なプレーが期待される。「ブリスベン国際(ATP250)」2018年トーナメント表(ドロー)は、以下の通り。

スポンサーリンク

ブリスベン国際」2018年
トーナメント表(ドロー)結果あり

開催期間:2017年12月31日~2018年1月7日 ※現地時間

開催地:オーストラリア ブリスベン、ハードコート

トーナメント表全体像 クリックで表示
トーナメント表全体像(結果なし)

決勝

(3)ニック・キリオスオーストラリア6-4 6-2
ライアン・ハリソンアメリカ

キリオス vs. ハリソン決勝戦詳細

キリオスvsハリソン試合結果詳細:「ブリスベン国際」2018年決勝
2018年1月7日、「ブリスベン国際(ATP250)」決勝戦が開催され、ニック・キリオス(オーストラリア)とライアン・ハリソ...

直後に開催の大会

準決勝

(1)グリゴール・ディミトロフブルガリア3-6 6-1 6-4
(3)ニック・キリオスオーストラリア
WCアレックス・デ ミノールオーストラリア4-6 7-65 6-4
ライアン・ハリソンアメリカ

ディミトロフ vs. キリオス準決勝詳細

ディミトロフvsキリオス試合結果詳細:「ブリスベン国際」2018年準決勝
2018年1月6日、「ブリスベン国際(ATP250)」では準決勝の試合が開催され、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)とニ...

準々決勝(ベスト8)

(1)グリゴール・ディミトロフブルガリア6-3 63-7 6-4
カイル・エドマンドイギリス
(3)ニック・キリオスオーストラリア1-6 6-3 6-4
アレクサンドル・ドルゴポロフウクライナ
Qマイケル・モーアメリカ6-4 6-0
WCアレックス・デ ミノールオーストラリア
デニス・イストミンウズベキスタン7-66 4-2, Retired
ライアン・ハリソンアメリカ

第2回戦(ベスト16)

(1)グリゴール・ディミトロフブルガリア4-6 7-68 6-3
WCジョン・ミルマンオーストラリア
カイル・エドマンドイギリス7-63 5-7 6-4
ヒョン・チョン韓国
(3)ニック・キリオスオーストラリア63-7 7-65 6-2
マシュー・エブデンオーストラリア
オラシオ・セバジョスアルゼンチン6-1 6-2
アレクサンドル・ドルゴポロフウクライナ
(8)ミーシャ・ズベレフドイツ6-2 5-7 6-4
Qマイケル・モーアメリカ
WCアレックス・デ ミノールオーストラリア6-4 6-4
(4)ミロシュ・ラオニッチカナダ
デニス・イストミンウズベキスタン7-65 6-2
ジャレド・ドナルドソンアメリカ
ライアン・ハリソンアメリカ65-7 6-4 6-2
LLヤニック・ハンフマンドイツ

第1回戦

(1)グリゴール・ディミトロフブルガリア-
--
Qピーター・ポランスキーカナダ7-64 6-0
WCジョン・ミルマンオーストラリア
デニス・シャポバロフカナダ65-7 7-64 6-4
カイル・エドマンドイギリス
ヒョン・チョン韓国6-3 7-61
(5)ジル・ミュラールクセンブルグ
(3)ニック・キリオスオーストラリア-
--
フランシス・ティアフォーアメリカ6-3 6-2
マシュー・エブデンオーストラリア
Qアーネスト・エスコベドアメリカ6-3 6-4
オラシオ・セバジョスアルゼンチン
アレクサンドル・ドルゴポロフウクライナ6-4 7-63
(6)ディエゴ・シュワルツマンアルゼンチン
(8)ミーシャ・ズベレフドイツ6-4 7-5
Qジョン パトリック スミスオーストラリア
フェデリコ・デルボニスアルゼンチン6-3 6-4
Qマイケル・モーアメリカ
スティーブ・ジョンソンアメリカ7-67 6-4
WCアレックス・デ ミノールオーストラリア
---
(4)ミロシュ・ラオニッチカナダ
(7)ダミール・ズムルボスニア64-7 6-3 6-2
デニス・イストミンウズベキスタン
ジャレド・ドナルドソンアメリカ6-2 6-4
WCジョーダン・トンプソンオーストラリア
ライアン・ハリソンアメリカ6-4 3-6 6-2
レオナルド・メイヤーアルゼンチン
---
LLヤニック・ハンフマンドイツ

※ 第2シード アンディ・マレー(イギリス)は臀部の怪我のため欠場となった。

同時期開催の他の大会