「リヨン・オープン」2022年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:ノーリー・ツォンガ他出場

※ 決勝戦結果

リヨン・オープン(ATP250)」2022年開催。出場予定選手、トーナメント表(ドロー)、全試合結果を順次更新・紹介する。

トーナメント表(ドロー)へのジャンプ
出場選手一覧へのジャンプ

2022年は、キャメロン・ノーリー(イギリス)、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、アレックス・デ ミノール(オーストラリア)、カレン・カチャノフ(ロシア)などが大会への出場を予定している。

また、ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)がワイルドカードを獲得し、出場する。
ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)は、翌週開幕のグランドスラム「全仏オープン」をもって、現役を引退すると発表している。

ガエル・モンフィス(フランス)は欠場となった。

過去の優勝・準優勝はこちら

スポンサーリンク

「リヨン・オープン」2022年トーナメント表(ドロー)結果あり

開催期間:2022年5月15日~21日 ※本選、現地時間

開催地:フランス リヨン、クレーコート

トーナメント表全体像 クリックで表示
トーナメント表全体像(結果なし)

決勝

(1)キャメロン・ノーリーイギリス6-3 63-7 6-1
アレク・モルカンスロバキア

準決勝

(1)キャメロン・ノーリーイギリス6-2 5-7 6-4
ホルガー・ルーンデンマーク
(4)アレックス・デ ミノールオーストラリア7-62 6-2
アレク・モルカンスロバキア

同時期開催の大会

「ジュネーブ・オープン」2022年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:メドベデフ・ルード・シャポバロフ他出場
※ 決勝戦結果 「ジュネーブ・オープン(ATP250)」2022年開催。出場予定選手、トーナメント表(ドロー)、全試合結果を順次更新・...

準々決勝(ベスト8)

(1)キャメロン・ノーリーイギリス6-4 4-6 7-5
(7)セバスチャン・バエスアルゼンチン
(Q)マヌエル・ギナードフランス3-6 6-3 6-4
ホルガー・ルーンデンマーク
(LL)綿貫陽介日本6-4 (RET)
(4)アレックス・デ ミノールオーストラリア
アレク・モルカンスロバキア6-3 6-2
フェデリコ・コリアアルゼンチン

第2回戦(ベスト16)

(1)キャメロン・ノーリーイギリス6-4 6-4
フランシスコ・セルンドロアルゼンチン
オスカー・オッテドイツ5-7 6-4 6-2
(7)セバスチャン・バエスアルゼンチン
(LL)マイケル・モーアメリカ4-6 6-4 7-5
(Q)マヌエル・ギナードフランス
ホルガー・ルーンデンマーク6-4 6-3
アドリアン・マナリノフランス
(LL)綿貫陽介日本6-3 6-4
スーンウー・クォン韓国
ウーゴ・アンベールフランス1-6 6-3 6-2
(4)アレックス・デ ミノールオーストラリア
(5)カレン・カチャノフロシア6-2 7-64
アレク・モルカンスロバキア
フェデリコ・コリアアルゼンチン7-5 6-3
(2)パブロ・カレーニョ ブスタスペイン

第1回戦

(1)キャメロン・ノーリーイギリス-
--
フランシスコ・セルンドロアルゼンチン6-2 3-6 6-3
ジェームズ・ダックワースオーストラリア
(WC)ルカ・プイユフランス6-3 6-1
オスカー・オッテドイツ
(Q)トマス マーティン・エチェベリアルゼンチン6-2 6-1
(7)セバスチャン・バエスアルゼンチン
(LL)マイケル・モーアメリカ-
--
(WC)ヒューゴ・ガストンフランス6-4 65-7 6-2
(Q)マヌエル・ギナードフランス
アルトゥール・リンダークネクフランス7-64 7-63
ホルガー・ルーンデンマーク
アドリアン・マナリノフランス7-67 6-4
(6)アスラン・カラツェフロシア
(8)ペドロ・マルティネススペイン62-7 6-4 6-2
(LL)綿貫陽介日本
スーンウー・クォン韓国4-6 7-64 6-0
(PR)アルヤズ・ベデネスロベニア
(Q)グレゴア・バレールフランス6-3 6-4
ウーゴ・アンベールフランス
---
(4)アレックス・デ ミノールオーストラリア
(5)カレン・カチャノフロシア6-1 6-4
(Q)ジル・シモンフランス
アレク・モルカンスロバキア6-4 6-4
(WC)ジョーウィルフリード・ツォンガフランス
ダニエル・アルトマイヤードイツ6-3 3-6 6-3
フェデリコ・コリアアルゼンチン
---
(2)パブロ・カレーニョ ブスタスペイン

※ 第3シードガエル・モンフィス(フランス)、ベンジャミン・ボンジー(フランス)は欠場となった。

出場選手一覧

※ 本選への出場選手。以下に加え、予選通過者が出場する。また、予選開始以降に欠場者が出た場合は、予選最終戦での敗退者のうちランキング上位者がラッキールーザー(LL)として出場する。

シード*出場選手直前*
順位
エントリー
順位
(1)キャメロン・ノーリー(イギリス)1110
(2)パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)1819
(3)ガエル・モンフィス(フランス)2121
(4)アレックス・デ ミノール(オーストラリア)2225
(5)カレン・カチャノフ(ロシア)2426
(6)アスラン・カラツェフ(ロシア)3530
(7)セバスチャン・バエス(アルゼンチン)3760
(8)ペドロ・マルティネス(スペイン)4043
ホルガー・ルーン(デンマーク)4272
ウーゴ・アンベール(フランス)4446
アレク・モルカン(スロバキア)4747
フランシスコ・セルンドロ(アルゼンチン)4948
フェデリコ・コリア(アルゼンチン)5552
オスカー・オッテ(ドイツ)5867
アルトゥール・リンダークネク(フランス)6358
ダニエル・アルトマイヤー(ドイツ)6669
(WC)ヒューゴ・ガストン(フランス)68WC
ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)7074
アドリアン・マナリノ(フランス)7170
スーンウー・クォン(韓国)7271
アルヤズ・ベデネ(スロベニア)16475 (PR)
(WC)ルカ・プイユ(フランス)165WC
(WC)ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)263WC

※ 第3シードガエル・モンフィス(フランス)は欠場となった。

* 「シード」は大会直前の順位をもとに決められる。シード上位4名は第1回戦免除。
* 「直前順位」は、2022年5月9日付世界ランキングで確定する。

WC: ワイルドカード、大会主催者推薦枠
PR: プロテクトランキング。怪我などでツアーを離脱した選手は離脱前の一定期間のランキングを適用することが可能であり、これをもとにエントリーを行った場合。
SE: Special Exempt。大会の予選にエントリーしているが、直前の大会に勝ち進み、スケジュール上予選に出場することができない選手に与えられる、本選出場枠。

エントリー後の変更

エントリー締切日:2022年4月18日(現地時間)

IN

ワイルドカード(最大3名)

  • ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)
  • ヒューゴ・ガストン(フランス)
  • ルカ・プイユ(フランス)

繰り上がり

  • スーンウー・クォン(韓国)
  • ホルガー・ルーン(デンマーク)
  • ジェームズ・ダックワース(オーストラリア)
  • アルヤズ・ベデネ(スロベニア)

OUT

  • ロレンツォ・ムセッティ(イタリア)
  • ダビド・ゴファン(ベルギー)
  • SE枠 2名
  • ベンジャミン・ボンジー(フランス)※ 予選開始後
  • ガエル・モンフィス(フランス)※ 予選開始後

過去優勝・準優勝者

優勝準優勝
2021ステファノス・チチパスキャメロン・ノーリー
2020開催なし-
2019ブノワ・ペールフェリックス・オジェ アリアシム
2018ドミニク・ティームジル・シモン
2017ジョーウィルフリード・ツォンガトマーシュ・ベルディヒ

2021年トーナメント表(ドロー)

「リヨン・オープン」2021年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:ティーム・チチパス・シュワルツマン他出場
※ 決勝戦結果 「リヨン・オープン(ATP250)」2021年のトーナメント表(ドロー)が発表された。 トーナメント表(...

2019年トーナメント表(ドロー)

2018年トーナメント表(ドロー)

2017年トーナメント表(ドロー)

最新世界ランキング

【最新】ATP世界ランキングTOP100:テニス男子シングルス
2022年9月26日付のATP世界ランキングが発表された。シングルスの最新世界ランキングを紹介する。 ランキング表へのジャンプ ...

大会結果 優勝・準優勝

大会結果(優勝・準優勝):世界テニス男子シングルス
※ 随時更新 テニス男子シングルス、各国際大会の優勝者・準優勝者の一覧(2017年~2022年)を紹介する。 2020年...