【最新】ATPランキングレースTOP20:世界テニス男子シングルス

スポンサーリンク

【2017年最終】ATPランキングレース

2017年最終ランキング表へのジャンプ

2017年は、以下8名の選手がATP ワールドツアー・ファイナルへの出場権を獲得

2017年補欠(代役選手):
パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、サム・クエリー(アメリカ)
※ フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は最終11位であるが、補欠(代役)を辞退している。

※ 2017/11/14 追記
ラファエル・ナダル(スペイン)がひざの怪我のため、「ATP ワールドツアー・ファイナルラウンドロビン第1試合出場後に棄権。
第2試合以降は、代役として、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)が出場を決めた。

ラファエル・ナダル(スペイン)は、2017年クレーコートシーズンで、「モンテカルロRolexマスターズ(ATP1000)」優勝、「バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」優勝マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」優勝、そしてグランドスラム「全仏オープン」優勝
圧倒的な強さを見せつけ、誰よりも早くATP ワールドツアー・ファイナルへの出場権を手にした
※ その後、グランドスラム「全米オープン」でも優勝を果たした。

2人目の出場権を獲得したのは、ロジャー・フェデラー(スイス)。
ロジャー・フェデラー(スイス)は、怪我からの復帰となった2017年グランドスラム「全豪オープン」になんと優勝
その後もインディアンウェルズ「BNPパリバ・オープン(ATP1000)」優勝、「マイアミ・オープン(ATP1000)」優勝、そしてグランドスラム「ウィンブルドン」で前代未聞の大会8回目の優勝を果たし、自身15回目となるATP ワールドツアー・ファイナルへの出場権を獲得した。

そして、20才アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)が、先に出場を確定していた「Next Gen ATPファイナル」に加え、自身初となるATP ワールドツアー・ファイナルへの出場権を獲得

アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)は、2017年、ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を下し優勝ワシントンDCシティ・オープン(ATP500)」優勝、モントリオールロジャーズ・カップ(ATP1000)」ではロジャー・フェデラー(スイス)に勝利し優勝を果たした。
Big 4 以外の選手がATPワールドツアー・マスターズ1000 の大会でシーズン2タイトルを獲得したのは、2007年以来、10年振りであった。
そして10月開催の北京チャイナ・オープン(ATP500)」での準決勝進出を持って、「ATP ワールドツアー・ファイナル」への出場権を獲得した。

さらに、ドミニク・ティエム(オーストリア)がATP ワールドツアー・ファイナルへの出場権を獲得。昨年に引き続き2度目の出場を手にした。

ドミニク・ティエム(オーストリア)は2017年、リオデジャネイロリオ・オープン(ATP500)」で優勝、「バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」準優勝、マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」準優勝の活躍を見せ、特にクレーコートで強さを発揮。2017年のクレーコート大会でラファエル・ナダル(スペイン)に勝利した唯一の選手となった。

ドミニク・ティエム(オーストリア)は、「とても誇りに思う。世界のベストプレーヤーと戦えることを楽しみにしている。」とコメントを発表した。

続いて、マリン・チリッチ(クロアチア)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が出場権を獲得!

マリン・チリッチ(クロアチア)は3度目、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)は自身初の出場を手にした。

2017年11月3日、ダビド・ゴファン(ベルギー)が自身初の出場権を獲得。ベルギー人選手で初めての快挙となった。

8人目、最後の出場権を獲得したのは、ジャック・ソック(アメリカ)。
2017年11月5日、パリ・マスターズ(ATP1000)」に優勝を果たし、ランキングレースにおいて24位から一気に出場権内に浮上、自身初の出場を決めた。

(2017/6/12, 2017/7/17, 2017/10/6, 2017/10/13, 2017/10/25, 2017/11/3, 2017/11/5 ATP 発表)

【2017年最終】ATPランキングレース TOP 20

更新日:2017年11月6日(2017年最終)

2017年
末順位
前年
末順位
選手名国籍ポイント大会数
1(8)ラファエル・ナダル スペイン1064517
216ロジャー・フェデラー スイス900516
324アレクサンダー・ズべレフ ドイツ441024
49ドミニク・ティエム オーストリア381526
57マリン・チリッチ クロアチア380521
617グリゴール・ディミトロフ ブルガリア365022
(7)3スタン・ワウリンカスイス315015
811ダビド・ゴファン ベルギー297525
923ジャック・ソック アメリカ276521
1030パブロ・カレーニョ ブスタスペイン261524
1138フアン マルティン・デル ポトロアルゼンチン259519
(12)2ノバク・ジョコビッチセルビア258516
1331サム・クエリーアメリカ253523
1470ケビン・アンダーソン南アフリカ248022
1512ジョーウィルフリード・ツォンガフランス232020
161アンディ・マレーイギリス229016
1719ジョン・イズナーアメリカ226524
1815ルカ・プイユフランス223524
1910トマーシュ・ベルディヒチェコ209519
2014ロベルト・バウティスタ アグートスペイン201524

※ スタン・ワウリンカ(スイス)は2017年も出場権内であったが、ひざの手術のためツアーを離脱。2017年は欠場となった。

ラファエル・ナダル(スペイン)は2016年も出場権内であったが、手首の怪我により欠場となった。

2017年「ATP ワールドツアー・ファイナル」ドロー・結果はこちら

「ATPファイナル」2017年ドロー結果あり:ナダル・フェデラー他上位8名が集結!
遂にATPツアー最終戦!「ATP ワールドツアー・ファイナル(Nitto ATP ファイナルズ)」が2017年11月12日より開催さ...