ラファエル・ナダル【2018年】年間大会出場予定スケジュール

photo credit: chascow Nadal slips via photopin (license)

※ ナダル、ATPファイナル欠場
※ ナダル、パリ大会欠場
※ ナダル、上海、北京大会も欠場

2017年末世界ランキング第1位!ラファエル・ナダル(スペイン)の2018年年間国際大会出場予定(シングルス)を紹介する。

2017年は、グランドスラム「全仏オープン」優勝「全米オープン」優勝を含む計6タイトルを獲得。準優勝は「全豪オープン」を含め4回。

世界ランキング1位に返り咲き、キャリア4回目となる年末世界ランキング1位の座を手にした。
なお、年末世界1位は1973年以降の最年長記録となった。

怪我から復帰した2017年、ラファエル・ナダル(スペイン)の「進化したテニス」はテニス界を驚かせ、魅了した。2018年も引き続きの活躍が期待される。

ラファエル・ナダル(スペイン)は、長くキャリアを続けるため2018年の出場大会を絞り込むとしつつも、既に多くの大会への出場を表明している。
ただし、ラテンアメリカでのグラスコート大会、ダブルスへの出場は現在のところ表明しておらず、見送る可能性があるとしている。
一方、2017年は出場が叶わなかった「デビスカップ(国別対抗戦)」については、スペイン代表としての出場する。
※ 「デビスカップ(国別対抗戦)」第1回戦は欠場となったが、第2回戦(準々決勝)に出場。怪我からの復帰であったがシングルスで2勝を挙げ、スペイン代表の準決勝進出を牽引した。

2018年はBig 4 が揃い、多くの若手選手の躍進も予想される。2018年も、ラファエル・ナダル(スペイン)の最高のプレーと活躍に期待したい。

ラファエル・ナダル(スペイン)、2018年のシングルス大会出場予定は次の通り。

スポンサーリンク

ラファエル・ナダル【2018年】
年間大会出場予定スケジュール

日程大会名ポイントサーフェス開催地
12月31日~1月7日ブリスベン国際ATP250ハードブリスベン(オーストラリア)
1月15日~28日全豪オープン2000ハードメルボルン(オーストラリア)
2月2日~4日デビスカップ 1回戦--(世界各地)
2月26日~3月3日アビエルト・メキシカーノ・テルセルATP500ハードアカプルコ(メキシコ)
3月8日~18日BNPパリバ・オープンATP1000ハードインディアンウェルズ(アメリカ)
3月21日~4月1日マイアミ・オープンATP1000ハードマイアミ(アメリカ)
4月6日~8日デビスカップ 準々決勝--(世界各地)
4月15日~22日Rolexモンテカルロ・マスターズATP1000クレーモンテカルロ(モナコ)
4月23日~29日バルセロナ・オープン・バンコサバデルATP500クレーバルセロナ(スペイン)
5月6日~13日ムトゥア マドリッド・オープンATP1000クレーマドリッド(スペイン)
5月13日~20日BNLイタリア国際ATP1000クレーローマ(イタリア)
5月27日~6月10日全仏オープン2000クレーパリ(フランス)
6月18日~24日クイーンズクラブ選手権ATP500ロンドン(イギリス)
7月2日~15日ウィンブルドン2000ロンドン(イギリス)
8月6日~12日ロジャーズ・カップATP1000ハードトロント(カナダ)
8月12日~19日ウェスタン&サザン・オープンATP1000ハードシンシナティ(アメリカ)
8月27日~9月9日全米オープン2000ハードニューヨーク(アメリカ)
9月14日~16日デビスカップ 準決勝--(世界各地)
10月1日~7日チャイナ・オープンATP500ハード北京(中国)
10月7日~14日上海マスターズATP1000ハード上海(中国)
10月29日~11月4日パリ・マスターズATP1000ハード(室内)パリ(フランス)
11月11日~18日ATPワールドツアー・ファイナル1500ハード(室内)ロンドン(イギリス)

※ シーズン開幕ブリスベン国際(ATP250)」への出場を予定していたが、欠場となった。ラファエル・ナダル(スペイン)は、公式ツイッターで「出場したかったが、準備ができていない。申し訳ない。」とコメントを発表した。

※ 「デビスカップ(国別対抗戦)」への出場意欲を示していたが、第1回戦については欠場。ラファエル・ナダル(スペイン)は、「デビスカップ(国別対抗戦)」第1回戦直前の大会、グランドスラム「全豪オープン」で準々決勝に進出するも、試合中に右腰(足)を負傷し、準々決勝第5セットで棄権していた。
その後、ラファエル・ナダル(スペイン)は、公式フェイスブックにて、怪我について、MRIの結果、右足の腸腰筋(腰椎(脊椎の腰部分)と大腿骨(太ももの太い骨)を結ぶ筋肉群)上部であったと報告し、全治3週間、2週間以内にはリハビリを始め、アカプルコアビエルト・メキシカーノ・テルセル(ATP500)」以降の大会には予定通り出場すると発表した。

アカプルコアビエルト・メキシカーノ・テルセル(ATP500)」への出場を予定していたが、右臀部の怪我により、第1回戦試合直前に欠場を決めた。

ラファエル・ナダル(スペイン)は、アカプルコアビエルト・メキシカーノ・テルセル(ATP500)」第1回戦試合前日の練習中、異変に気付き、試合日の朝にMRI 検査を受けていた。詳細は更なる検査・診断が必要とのことだが、怪我の個所は、グランドスラム「全豪オープン」準々決勝での怪我(腸腰筋上部)と似通っているという。
ラファエル・ナダル(スペイン)は大会の記者会見にて、「可能な限り早い回復に向け尽力する」と語った。

※ ラファエル・ナダル(スペイン)は、出場を予定していたインディアンウェルズBNPパリバ・オープン(ATP1000)」マイアミ・オープン(ATP1000)」への欠場を決めた。怪我の部位は、グランドスラム「全豪オープン」準々決勝での怪我(腸腰筋上部)であり、回復に時間を要すると判断。自身のフェイスブックで発表した。
2018年序盤は、グランドスラム「全豪オープン」への出場(ただし準々決勝途中棄権)のみとなり、クレーコートシーズンまで出場が見送られた。

【2018年2月19日追記】
ラファエル・ナダル(スペイン)は2018年2月19日世界ランキングで世界1位から世界2位へと転落。しかし、世界1位ロジャー・フェデラー(スイス)とのポイント差はわずかであり、再度の世界1位も十分にあり得る状況である。
【2018年3月25日追記】
ロジャー・フェデラー(スイス)がマイアミ・オープン(ATP1000)」でまさかの初戦敗退2018年4月2日付世界ランキングにおいてラファエル・ナダル(スペイン)の世界1位復活が確定した。

※ ラファエル・ナダル(スペイン)は、かねてより出場を示唆していた「デビスカップ(国別対抗戦)」について、第2回戦(準々決勝)、強豪ドイツ戦への出場を決めた。
ラファエル・ナダル(スペイン)の公式試合復帰はグランドスラム「全豪オープン」以来初めてとなる。

【2018年5月14日追記】
2018年5月14日付世界ランキングにて、ラファエル・ナダル(スペイン)は世界1位から世界2位へと下落した。
昨年に続く連覇を目指し出場したマドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」にて、準々決勝でドミニク・ティエム(オーストリア)に敗退。昨年優勝のポイントが剥落したことによる。
ただし、マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」直後の大会であるローマBNLイタリア国際(ATP1000)」ラファエル・ナダル(スペイン)が優勝を果たすと、ラファエル・ナダル(スペイン)は翌週2018年5月21日付世界ランキングで再び世界1位へと返り咲くこととなる。

【2018年5月21日・6月11日付追記】
ラファエル・ナダル(スペイン)は、ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」優勝を果たし、2018年5月21日付世界ランキング世界1位に復活した。
さらに、続くグランドスラム「全仏オープン」にも優勝前代未聞の大会11回目のタイトルを獲得した。これにより、ラファエル・ナダル(スペイン)は2018年6月11日付世界ランキングにおいても、世界1位をキープしている。

ラファエル・ナダル(スペイン)は、クイーンズクラブ選手権(ATP500)」への出場を予定していたが、欠場となった。
ラファエル・ナダル(スペイン)は、「クイーンズクラブは素晴らしい大会であり、出場したいと思っていた。(直前の)クレーコートでは長いシーズンと良い成果を得られた。大変申し訳ない気持ちであるが、医師の指示に従い、自分の体とも相談した結果である。」とコメント。
ラファエル・ナダル(スペイン)は、故障と戦いながらグランドスラム「全仏オープン」にも優勝を果たしていた。世界ランキングにおいても、世界1位の座をライバルロジャー・フェデラー(スイス)とわずかなポイント差で争う状況であり、無念の欠場であることが推察される。回復と、早期の復帰が待ち望まれる。

【2018年6月18日付追記】
グラス(芝)コート・シーズンが開始され、ロジャー・フェデラー(スイス)がシュツットガルトメルセデス・カップ(ATP250)」で大会への出場を再開。ロジャー・フェデラー(スイス)はシュツットガルトメルセデス・カップ(ATP250)」で優勝を果たし、2018年6月18日付世界ランキングにおいて、再び、世界ランキング1位を手にした。これにより、ラファエル・ナダル(スペイン)は世界1位から世界2位へと順位を下げた。

【2018年6月25日付追記】
2018年6月25日付世界ランキングにおいて、ラファエル・ナダル(スペイン)が再び世界ランキング1位へと返り咲いた。
ライバルロジャー・フェデラー(スイス)がハレゲリー・ウェバー・オープン(ATP500)」で大会連覇を逃したことによるもの。
ただし、ラファエル・ナダル(スペイン)とロジャー・フェデラー(スイス)の世界ランキングにおけるポイント差はわずか。今後も世界1位の座を巡り、両者の戦いは続く。

ラファエル・ナダル(スペイン)は、シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」への出場を予定していたが、欠場となった。
ラファエル・ナダル(スペイン)は、直前の大会であるトロントロジャーズカップ(ATP1000)」で優勝を果たしていた。シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」欠場は、”個人的な理由” とし、”身体をいたわり、よい状態を保ちたい”と語った。
また、トロントロジャーズカップ(ATP1000)」での優勝により、他選手に先駆け、2018年「ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への出場権を手にした。

※ ラファエル・ナダル(スペイン)は、自身のツイッターにて、出場を予定していた「デビスカップ(国別対抗戦)」準決勝への欠場を発表した。ラファエル・ナダル(スペイン)は、直前のグランドスラム「全米オープン」で準決勝に進出するも、ひざの怪我により、試合途中で棄権。ツイッターでは、シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」欠場の理由の1つが「デビスカップ(国別対抗戦)」準決勝に出場するためであったことも明かし、”非常に悲しい”と表現した。
デビスカップ(国別対抗戦)」準決勝では、スペイン代表は、前回王者のフランス代表と対戦する。

※ ラファエル・ナダル(スペイン)は、アジアでのハードコート大会、北京チャイナ・オープン(ATP500)」上海Rolexマスターズ(ATP1000)」の2大会について、出場を予定していたものの、ひざの怪我のため欠場すると発表した。北京チャイナ・オープン(ATP500)」昨年優勝上海Rolexマスターズ(ATP1000)」昨年準優勝を飾った大会。ひざの怪我は、長年ラファエル・ナダル(スペイン)を悩ませていたもの。同じ怪我のため、昨年末も欠場を余儀なくされていた。世界No. 1 の怪我からの回復が待ち望まれる。

※ ラファエル・ナダル(スペイン)は、復帰を予定していたパリ・マスターズ(ATP1000)」への欠場を決めた。ラファエル・ナダル(スペイン)は、復帰のため現地入り、練習も行い、順調であったが、大会開催数日前に腹部に異変を感じ、初戦であった第2回戦の試合開催直前まで調整した結果、医師の勧めに従い、欠場を決めた。
これにより、2018年11月5月付世界ランキングにおいて、世界1位の座はノバク・ジョコビッチ(セルビア)に移り、ラファエル・ナダル(スペイン)は世界2位となることが確定した。

※ ラファエル・ナダル(スペイン)が、腹部の故障と右足首の手術のため、ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」への欠場を決めた。
2018年は、グランドスラム「全米オープン」での途中棄権以降、ひざの怪我、腹部の怪我、そして右足首の怪我のため、全ての大会へ欠場を余儀なくされた。
ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」には、初優勝を狙い、直前まで調整を行っていたが、無念の欠場。
これにより、シーズン末世界1位は、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に確定した。

ラファエル・ナダル(スペイン)、早期の回復が待ち望まれる。

【ロジャー・フェデラー】出場スケジュール

ロジャー・フェデラー【2018年】年間大会出場予定スケジュール
※ フェデラー、パリ出場を表明 ※ ファイナル出場権獲得、出場を表明 ロジャー・フェデラー(スイス)の2018年の年...

【2018年】年間大会カレンダー

2018年 国際大会カレンダー(ATP・グランドスラム・デビスカップ)
2018年世界テニス男子シングルス、国際大会スケジュールをカレンダー形式で紹介する。 カレンダーへのジャンプ 2018年シー...

ラファエル・ナダル 2017年の出場スケジュールは次のページへ