アンディ・マレー【2018年】年間大会出場予定スケジュール

※ マレー、トロント欠場
※ マレー、深セン大会出場

Big 4 の一角、アンディ・マレー(イギリス)の2018年年間国際大会出場予定(シングルス)を紹介する。

2017年は、世界ランキングを世界1位でスタートするも、臀部の怪我に苛まれ、7月グランドスラム「ウィンブルドン」を最後にツアーを離脱。怪我の治療に専念した。
世界ランキング1位の座は、41週連続で一旦ストップ2017年末ランキングは世界16位にまで下げた。

2018年は、年初開催のブリスベン国際(ATP250)」での復帰を予定、オーストラリア入りし練習にも参加していたが、臀部に痛みがあり、求めるレベルのプレーができないとして出場を断念。さらに、1月下旬のグランドスラム「全豪オープン」への出場も断念し、復帰に向けた全ての選択肢を再検討するとした。

欠場を決めた直後の1月7日、アンディ・マレー(イギリス)は、オーストラリア メルボルンで臀部の手術を受けた。その後、手術は成功し、「グラス(芝)コートシーズン」での復帰を目指すと発表した。
母国で開催されるグランドスラム「ウィンブルドン」への出場をターゲットとし、その前哨戦クイーンズクラブ選手権(ATP500)」(フィーバーツリー選手権)にも出場する。
(「クイーンズクラブ選手権」は、旧名称AEGON選手権。2018年よりスポンサーがAEGONからフィーバーツリーに変更となった。)
※ グランドスラム「ウィンブルドン」には欠場となった。

【2018年3月29日追記】
アンディ・マレー(イギリス)が6月11日より開催されるスヘルトーヘンボスリベーマ・オープン(ATP250)」への出場を発表!復帰の大会となる見通し。
アンディ・マレー(イギリス)はコート練習を再開しており、予定より早い復帰。順調な回復が伺える。

【2018年6月6日追記】
アンディ・マレー(イギリス)は、スヘルトーヘンボスリベーマ・オープン(ATP250)」での復帰を予定していたが、欠場となった。
大会公式HP では、怪我からの回復が望んでいた通りには進まなかったこと、100 % の状態で復帰したいとのアンディ・マレー(イギリス)のコメントを発表した。

引き続きグラス(芝)コートシーズンでの復帰に強い意欲を示しており、今後は、クイーンズクラブ選手権(ATP500)」(フィーバーツリー選手権)での復帰を予定している。

【2018年6月9日追記】
アンディ・マレー(イギリス)が9月開催の「深センオープン(ATP250)」に出場を決定。自身の公式サイトで発表した。
アンディ・マレー(イギリス)は、2014年にも大会に出場し、優勝を果たしている。
公式サイトでは、「深センに戻れることを楽しみにしている。2014年大会、特に決勝戦での戦いは素晴らしい思い出。2018年も良い結果となるよう臨みたい。」と語った。
参考:アンディ、2018年スケジュールに深センを追加(マレー公式サイト、英語)

【2018年6月20日追記】
アンディ・マレー(イギリス)が遂にツアーに復帰。母国開催、グラス(芝)コート大会であるクイーンズクラブ選手権(ATP500)」(フィーバーツリー選手権)に出場した。
第1回戦(初戦)でニック・キリオス(オーストラリア)と対戦し、第1セットを獲得し試合をリードするも、フルセットの接戦の末に敗退。復帰戦勝利とはならなかったが、高いパフォーマンスを披露した。
アンディ・マレー(イギリス)のツアー復帰は、342日振りであった。(復帰戦詳細はこちら

アンディ・マレー(イギリス)の完全復帰、そして更なる活躍が期待される。

なお、アンディ・マレー(イギリス)はブリスベン国際(ATP250)」欠場を決めた直後、自身のインスタグラムで次のようにコメントを発信している。
「(怪我で離脱した)数か月、どれほどテニスを愛しているかを思い知った。毎朝起きるとき、居眠りから起きるときも、今日は状態が良くなっているのではと期待しながら目覚め、起きてそうではないと知り落胆していた。」
「ブリスベンでトップ選手と練習し、残念ながら自分の求めるレベルのプレーができていないと判断した」

そして、純粋にテニスがしたい!という自身を表現するため、インスタグラムに子供の頃の写真を選んだとつづった。
また、ブリスベンでは、「世界30位になっても何でも構わない。プレーがしたいんだ。」と復帰への想いを語っている。

アンディ・マレー(イギリス)復活の2018年となるか、活躍が注目される。アンディ・マレー(イギリス)、2018年のシングルス大会出場予定は次の通り。

※ 現時点の予定であり、今後変動の可能性がある。変更があれば随時更新を行う。

スポンサーリンク

アンディ・マレー【2018年】
年間大会出場予定スケジュール

日程大会名ポイントサーフェス開催地
12月31日~1月7日ブリスベン国際ATP250ハードブリスベン(オーストラリア)
1月15日~28日全豪オープン2000ハードメルボルン(オーストラリア)
6月11日~17日リベーマ・オープンATP250スヘルトーヘンボス(オランダ)
6月18日~24日クイーンズクラブ選手権ATP500ロンドン(イギリス)
6月25日~30日イーストボーン国際ATP250イーストボーン(イギリス)
7月2日~15日ウィンブルドン2000ロンドン(イギリス)
7月30日~8月5日シティ・オープンATP500ハードワシントンDC(アメリカ)
8月6日~12日ロジャーズ・カップATP1000ハードトロント(カナダ)
8月12日~19日ウェスタン&サザン・オープンATP1000ハードシンシナティ(アメリカ)
8月27日~9月9日全米オープン2000ハードニューヨーク(アメリカ)
9月24日~30日深センオープンATP250ハード深セン(中国)
10月1日~7日チャイナ・オープンATP500ハード北京(中国)
10月7日~14日上海RolexマスターズATP1000ハード上海(中国)
10月29日~11月4日パリ・マスターズATP1000ハード(室内)パリ(フランス)
11月11日~18日ATPワールドツアー・ファイナル1500ハード(室内)ロンドン(イギリス)

※ 2018年早々、ブリスベン国際(ATP250)」での復帰を予定していたが、臀部の怪我のため、初戦開始前に出場を断念。そして、グランドスラム「全豪オープン」についても欠場を発表。

※ 1月に臀部の手術を受け、グラス(芝)コートシーズンでの復帰を予定している。

※ アンディ・マレー(イギリス)がスヘルトーヘンボスリベーマ・オープン(ATP250)」への出場を発表。2017年グランドスラム「ウィンブルドン」以来、初めての公式大会出場となる見通し。
しかし、その後欠場を決めた。復帰は、クイーンズクラブ選手権(ATP500)」を予定している。

※ アンディ・マレー(イギリス)は、7月末より開催のワシントンDCシティ・オープン(ATP500)」への出場を発表。同大会への出場はキャリアで3回目。さらに、怪我からの復帰後は、”できるだけ多くの大会に出場したい” ともコメントしている。アンディ・マレー(イギリス)の回復、そして復活を心待ちにしたい。

※ アンディ・マレー(イギリス)が、9月開催の「深センオープン(ATP250)」に出場を発表。アンディ・マレー(イギリス)の同大会出場は2回目。2014年の初出場では、大会優勝を果たした。

※ アンディ・マレー(イギリス)が6月イーストボーン国際(ATP250)」への出場を決定!当初出場予定ではなかったため、ワイルドカードでの出場権を獲得した。
アンディ・マレー(イギリス)は、直前の大会であるクイーンズクラブ選手権(ATP500)」で11か月振りにツアーに復帰初戦でニック・キリオス(オーストラリア)と対戦し、復帰試合に勝利とはならなかったが、アンディ・マレー(イギリス)らしい、高度なプレーを披露した。
アンディ・マレー(イギリス)は、「イーストボーン国際(ATP250)」出場を決め、「グラス(芝)コートでもっとプレーしたいと考えていた。イーストボーンの会場は、デビスカップで試合をしたことがあるが、非常に素晴らしい。出場を楽しみにしている。」とコメント。大会公式サイトが発表した。

※ グランドスラム「ウィンブルドン」への出場を予定していたが、欠場となった。
アンディ・マレー(イギリス)は、現地入りし、直前まで練習を行い様子を伺っていたが、無念の欠場となった。自身のフェイスブックでは、「チームとの長時間にわたる議論の末、5セットマッチへの出場は時期尚早との結論に至った。」と綴った。
また、翌日からはハードコートの練習に取り組み、リハビリを続け、回復に向け努力していきたいとしている。
今後のハードコート・シーズンに向け、完全復活が待ち望まれる。

※ トロントロジャーズカップ(ATP1000)」への出場を予定していたが、欠場となった。アンディ・マレー(イギリス)は、大会にワイルドカードとしての出場権を獲得していた。直前の大会ワシントンDCシティ・オープン(ATP500)」で勝ち進んでおり、怪我からの回復のため、連続での出場は難しいと判断した。アンディ・マレー(イギリス)の世界ランキングは832位。大会には第1回戦からの出場となる。

また、アンディ・マレー(イギリス)は、ワシントンDCシティ・オープン(ATP500)」において、第3回戦(ベスト16)に勝利するが、準々決勝は棄権した。第3回戦(ベスト16)では、マリウス・コピル(ルーマニア)と対戦。深夜3時まで続く熱戦となり、勝利直後、アンディ・マレー(イギリス)は涙をみせた。

【2018年】年間大会カレンダー

2018年 国際大会カレンダー(ATP・グランドスラム・デビスカップ)
2018年世界テニス男子シングルス、国際大会スケジュールをカレンダー形式で紹介する。 カレンダーへのジャンプ 2018年シー...

【ラファエル・ナダル】年間大会出場予定スケジュール

ラファエル・ナダル【2018年】年間大会出場予定スケジュール
※ ナダル、上海、北京大会も欠場 2017年末世界ランキング第1位!ラファエル・ナダル(スペイン)の2018年年間国際...