アンディ・マレー【2019年】年間大会出場予定スケジュール

※ マレー、アントワープ優勝!
※ マレー、ウィーンは欠場

元世界ランキング1位Big 4 の一角、アンディ・マレー(イギリス)の2019年年間国際大会出場予定(シングルス)を紹介する。

2019年出場スケジュールへのジャンプ

【2019年1月11日追記】
2019年1月11日、開催直前のグランドスラム「全豪オープン」におけるインタビューにて、アンディ・マレー(イギリス)が引退の計画を明かした。

引退(計画)は、2019年7月グランドスラム「ウィンブルドン」。ただし、痛みを抱えながら残り数か月をプレーできるかどうかはわからないと語り、グランドスラム「全豪オープン」が最後となる可能性もあるとした。

アンディ・マレー(イギリス)は、2016年に世界ランキング1位に到達するが、臀部の怪我のため、2017年途中でシーズンを離脱。
2018年グラス(芝)コートシーズンに復帰するも、怪我は完治せず、2018年末世界ランキングでは世界260位にまでランクを下げた。
回復に向け全力を尽くしたが、2019年1月に入っても、痛みは継続しているという。

グランドスラム「全豪オープン」インタビューにて、臀部の怪我の具合を聞かれ、アンディ・マレー(イギリス)は涙を流し退出。会場に戻り、引退の計画を語った。

詳細はこちら

アンディ・マレー引退計画を発表
2018年1月11日、アンディ・マレー(イギリス)は、7月グランドスラム「ウィンブルドン」での引退を計画していると語った。 ...

【2019年1月29日追記】
そして、グランドスラム「全豪オープン」終了後の2019年1月29日(日本時間)、アンディ・マレー(イギリス)は、自身のインスタグラムにて、前日に再度の手術を受けたことを発表した。

【2019年4月27日追記】
2019年4月27日(日本時間)、クイーンズクラブ選手権(ATP500)」(フィーバーツリー選手権)アンディ・マレー(イギリス)の2019年エントリーを発表!

大会によると、アンディ・マレー(イギリス)は手術後のリハビリ中であるが、大会と生涯契約を結んでおり、順調に回復し状態が許せば、出場するとしている。
地元開催の同大会。アンディ・マレー(イギリス)は5回の優勝を誇り、2018年の復帰も、クイーンズクラブ選手権(ATP500)」(フィーバーツリー選手権)であった。

アンディ・マレー(イギリス)は、1月に手術を受け、3月には「痛みがなくなった」と報告し、その後コート練習にも復帰。
直近では、母ジュディ・マレーが「今夏のどこかでの復帰に楽観的」と発言したことが報道されている。

クイーンズクラブ選手権(ATP500)」(フィーバーツリー選手権)への出場及びその後のグランドスラム「ウィンブルドン」への出場が叶うのか。
また、アンディ・マレー(イギリス)は、順調に回復できればその後もキャリアを続けたいと語っている。

【2019年6月4日追記】
2019年6月4日(日本時間)、クイーンズクラブ選手権(ATP500)」(フィーバーツリー選手権)がアンディ・マレー(イギリス)の2019年出場意向を確認、公表した。
アンディ・マレー(イギリス)がダブルスで大会に出場し、復帰を予定。
ダブルスには、2017年「クイーンズクラブ選手権(ATP500)」シングルス王者のフェリシアーノ・ロペス(スペイン)とペアを組み出場する。

臀部手術後の復帰がいよいよ現実味を帯びてきた。

【2019年6月21日追記】
2019年6月21日(日本時間)、アンディ・マレー(イギリス)がダブルスでクイーンズクラブ選手権(ATP500)」に出場し復帰。
初戦から第1シードとの対戦という厳しいドローとなったが、見事ストレートで勝利。準々決勝進出を決めた。※
さらに、アンディ・マレー(イギリス)は、続いて、イーストボーン国際(ATP250)」、そしてグランドスラム「ウィンブルドン」についても、ダブルスでの出場意向を発表。

イーストボーン国際(ATP250)」では、マルセロ・メロ(ブラジル)と、グランドスラム「ウィンブルドン」ではピエール ユーグ・エルベール(フランス)とタッグを組み出場する。
また、グランドスラム「ウィンブルドン」ではミックスダブルスにもセレナ・ウィリアムス(アメリカ)とペアを組み出場する。

※ その後、アンディ・マレー(イギリス)は、復帰の大会クイーンズクラブ選手権(ATP500)」ダブルスで優勝!を果たした。
ダブルスのパートナー、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)は、シングルス、ダブルスともに優勝を獲得した。

【2019年7月25日追記】
2019年7月25日(日本時間)、アンディ・マレー(イギリス)がワシントンDCシティ・オープン(ATP500)」へのダブルスでの出場を発表。兄でダブルスのスペシャリスト、ジェイミー・マレー(イギリス)とペアを組み出場する。大会も出場選手リストを発表し、エントリーが確認された。夢の兄弟ダブルスの復活、マレー兄弟の活躍が期待される。

【2019年7月30日追記】
アンディ・マレー(イギリス)がダブルスでモントリオールロジャーズ・カップ(ATP1000)」への出場を発表。モントリオールロジャーズ・カップ(ATP1000)」では、復帰の大会クイーンズクラブ選手権(ATP500)」でもタッグを組んだ、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)と出場を予定している。

そして!
アンディ・マレー(イギリス)はダブルス出場中のワシントンDCシティ・オープン(ATP500)」での記者会見にて、シングルスへの復帰を示唆。
早ければ、2019年8月11日(現地時間)より開催されるシンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」でのシングルス復帰となる可能性がある。

アンディ・マレー(イギリス)は、会見にて、「ウィンブルドン後の数週間シングルスの練習をしており、感触は良い。シングルス復帰が可能になるのは近いと感じている。ただ、そのための追加トレーニングなどやるべきことはある。臀部に痛みはなく動作も良くなっているが、有酸素運動(cardio)に課題がある。」と語った。

【2019年8月10日追記】
2019年8月10日(日本時間)、シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」が大会ワイルドカードを発表。アンディ・マレー(イギリス)のシングルス復帰!が確認された。

その後、トーナメント表(ドロー)が発表され、アンディ・マレー(イギリス)のシングルス復帰戦は、リシャール・ガスケ(フランス)との対戦に決まった。
また、アンディ・マレー(イギリス)は、シングルスに加え、ダブルスにも出場する。

1月に引退を語り、その後手術を受けたアンディ・マレー(イギリス)。シングルスでも復帰が叶うこととなった。

いよいよ、アンディ・マレー(イギリス)が復帰する。

【2019年8月11日追記】
アンディ・マレー(イギリス)が、自身の公式フェイスブックを更新し、珠海選手権(ATP250)」、そして北京チャイナ・オープン(ATP500)」へのシングルス出場を発表。両大会も、アンディ・マレー(イギリス)の出場を発表した。

珠海選手権(ATP250)」は、珠海では2019年初開催の大会。2018年までは、深センにて開催されていた。
北京チャイナ・オープン(ATP500)」では、アンディ・マレー(イギリス)は、2016年に優勝を飾っている。

【2019年8月16日追記】
アンディ・マレー(イギリス)のウィンストンセーラム・オープン(ATP250)」へのシングルス出場が決定!

アンディ・マレー(イギリス)は、2019年8月13日(日本時間)、シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」に出場し、シングルスでツアーに復帰。手術後初めて、シングルスでのプレーを披露した。

復帰戦勝利とはならなかったが、試合後、アンディ・マレー(イギリス)は、今後のスケジュールについて、グランドスラム「全米オープン」へはシングルスでは出場しないこと、男子ダブルス、ミックス・ダブルスでの出場可能性があること、また、ウィンストンセーラム・オープン(ATP250)」にはシングルスでの出場可能性があることを語っていた。

そして、2019年8月16日(日本時間)、ウィンストンセーラム・オープン(ATP250)」アンディ・マレー(イギリス)にシングルス本選のワイルドカードを付与。
アンディ・マレー(イギリス)のウィンストンセーラム・オープン(ATP250)」出場が叶うこととなった。

【2019年8月21日追記】
アンディ・マレー(イギリス)のアントワープヨーロピアン・オープン(ATP250)」へのシングルス出場が決定。2019年8月21日、大会が公式に発表した。
参考:大会公式HP「マレー、アントワープに出場」(英語)

【2019年8月22日追記】
アンディ・マレー(イギリス)のチャレンジャー・ツアーであるマジョルカ「ラファ・ナダル オープン」への出場が決定した。
大会の開催日はグランドスラム「全米オープン」開催中の8月26~9月1日。アンディ・マレー(イギリス)は2019年、グランドスラム「全米オープン」にはダブルスでも出場せず、チャレンジャーツアーにシングルスで出場することとなった。
アンディ・マレー(イギリス)は、シングルスでの復帰に専念したいとしている。

【2019年9月12日追記】
アンディ・マレー(イギリス)の2019年「上海マスターズ(ATP1000)」へのシングルス出場が決定。
大会がワイルドカードを付与し、アンディ・マレー(イギリス)の出場を発表した。

シングルスでは、チャレンジャー・ツアーのマジョルカ「ラファ・ナダル オープン」で復帰後初勝利を果たしたアンディ・マレー(イギリス)。
珠海選手権(ATP250)」北京チャイナ・オープン(ATP500)」にも出場を予定しており、上海マスターズ(ATP1000)」が加わったことで、アジアでのハードコート大会にはフル出場のスケジュールとなる。

アンディ・マレー(イギリス)は、上海マスターズ(ATP1000)」には過去3回優勝。2010年、2011年、2016年に優勝を果たしており、2012年は準優勝を獲得した。

【2019年10月10日追記】
アンディ・マレー(イギリス)のウィーンエルステ・バンク・オープン(ATP500)」への出場が決定。大会がシングルス本選のワイルドカード付与した。

さらに、大会はアンディ・マレー(イギリス)と生涯契約を締結したと発表。2019年のみならず、毎年の出場が見込まれる。
アンディ・マレー(イギリス)は、ツアー復帰後、トップ選手との対決も制し、熱戦も披露。着実な回復が伺え、今後の活躍にも注目が集まる。

【2019年10月19日追記】
アンディ・マレー(イギリス)は、2019年はウィーンエルステ・バンク・オープン(ATP500)」に出場しないことが確定した。
大会が2019年のワイルドカードを最終発表したが、アンディ・マレー(イギリス)の名はなかった。
アンディ・マレー(イギリス)は、出場中のアントワープヨーロピアン・オープン(ATP250)」で怪我からの復帰後初めて準決勝に進出。※
ウィーンエルステ・バンク・オープン(ATP500)」への出場については明言を避けていた。
一方、デビスカップ国別対抗戦)」には”出場したい” との意向を表明。出場が見込まれている。

※ その後、アンディ・マレー(イギリス)がアントワープヨーロピアン・オープン(ATP250)」優勝
臀部の大手術を経て復帰後、シングルスでは初めてタイトルを獲得。決勝戦では、持前のファイティング・スピリットでライバルスタン・ワウリンカ(スイス)を下した。
アンディ・マレー(イギリス)のシングルス優勝は、2017年「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ATP500)」以来、2年振りであった。

Big 4 の一角、アンディ・マレー(イギリス)の完全復活!今後の活躍にもに期待したい。

以下では、アンディ・マレー(イギリス)または大会が公式発表済みの、アンディ・マレー(イギリス)の2019年大会出場予定を紹介する。
ただし、怪我からの回復状況によっては、変更となる可能性がある。

※ ATPツアー以上の大会のみ(チャレンジャー・ツアー、フューチャーズ・トーナメント等は掲載していない)
※ 現時点の予定であり、今後変動の可能性がある。変更があれば随時更新を行う。

スポンサーリンク

アンディ・マレー【2019年】
年間大会出場予定スケジュール

日程大会名ポイントサーフェス開催地
12月31日~1月6日ブリスベン国際ATP250ハードブリスベン(オーストラリア)
1月14日~27日全豪オープン2000ハードメルボルン(オーストラリア)
2月4日~10日南フランス・オープンATP250ハード(室内)モンペリエ(フランス)
2月18日~24日オープン13ATP250ハード(室内)マルセイユ(フランス)
2月25日~3月2日ドバイ・デューティフリー・テニス選手権ATP500ハードドバイ(アラブ首長国連邦)
6月17日~23日クイーンズクラブ選手権 ※ダブルスのみATP500ロンドン(イギリス)
6月24日~29日イーストボーン国際 ※ダブルスのみATP250イーストボーン(イギリス)
7月1日~14日ウィンブルドン ※ダブルスのみ2000ロンドン(イギリス)
7月29日~8月4日シティ・オープン ※ダブルスのみATP500ハードワシントンDC(アメリカ)
8月5日~11日ロジャーズ・カップ ※ダブルスのみATP1000ハードモントリオール(カナダ)
8月11日~18日ウェスタン&サザン・オープンATP1000ハードシンシナティ(アメリカ)
8月18日~24日ウィンストンセーラム・オープンATP250ハードウィンストンセーラム(アメリカ)
9月23日~29日珠海選手権ATP250ハード珠海(中国)
9月30日~10月6日チャイナ・オープンATP500ハード北京(中国)
10月6日~13日上海マスターズATP1000ハード上海(中国)
10月14日~20日ヨーロピアン・オープンATP250ハード(室内)アントワープ(ベルギー)
10月21日~27日エルステ・バンク・オープンATP500ハード(室内)ウィーン(オーストリア)
11月18日~24日デビスカップ 決勝--マドリッド(スペイン)

アンディ・マレー(イギリス)は、グランドスラム「全豪オープン」第1回戦では、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)と対戦。フルセットの末に敗退した。

アンディ・マレー(イギリス)は、再度の手術を受けるか、またはグランドスラム「ウィンブルドン」への出場が叶わなかった場合、グランドスラム「全豪オープン」での当該試合が、現役最後の試合となる可能性を示唆している。

アンディ・マレー(イギリス)は、痛みを抱えながらの試合となったものの、2セットダウンから2回のタイブレイクを制しフルセットに持ち込み、アンディ・マレー(イギリス)らしい、素晴らしいファイティングスピリットを存分に披露。感動的な試合となった。

なお、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)は、開幕戦ドーハカタール・エクソンモービル・オープン(ATP250)」ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、スタン・ワウリンカ(スイス)らに勝利、大会優勝を収めていた。

【2019年1月18日追記】
アンディ・マレー(イギリス)は2019年2月マルセイユオープン13(ATP250)」への出場を予定していたが、1月18日、大会がアンディ・マレー(イギリス)の欠場を発表した。

アンディ・マレー(イギリス)は、臀部の痛みが治まらず、出場は難しいと判断した。欠場にあたり、アンディ・マレー(イギリス)は、次のように語っている。
「残念ながら、選択肢はなかった。マルセイユは2008年に優勝した大会であり、出場したいと強く思っていた。マルセイユでの優勝は、キャリア初期のものであり、素晴らしい思い出だった。」

続けて、同じく2月モンペリエ南フランス・オープン(ATP250)」アンディ・マレー(イギリス)の欠場を発表。
アンディ・マレー(イギリス)は、大会にワイルドカードとしての出場を予定していた。

アンディ・マレー(イギリス)は、グランドスラム「全豪オープン」後、グランドスラム「ウィンブルドン」を最後に引退とするか、あるいはそれを待たずに再度の手術を受けるか検討するとしている。

臀部の怪我は日常生活にも支障があるほどに深刻であり、手術後の復帰については、現在のところは、難しいだろうと語っている。グランドスラム「ウィンブルドン」を待たずに手術を受けるかどうかについて、数週間で決断するとしている。

出場を予定していたその他の大会のうち、2大会については、欠場が発表された。

同様に出場を予定しているドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ATP500)」は現状欠場との発表はなく、出場選手にアンディ・マレー(イギリス)の名が記載されている。しかし、大会は、大会ポスターからアンディ・マレー(イギリス)の写真を削除しており、欠場の可能性がある。

【2019年1月24日追記】
ドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ATP500)」が出場予定選手リストからアンディ・マレー(イギリス)の名前を削除。欠場する見通しとなった。

【2019年1月29日追記】

2019年1月29日(日本時間)、アンディ・マレー(イギリス)は、自身のインスタグラムにて、前日に手術を受けたことを公表した。

手術は、アンディ・マレー(イギリス)自身が「その手術を受けると復帰は難しいだろう」と語っていたものとされており、復帰が叶わなかった場合、グランドスラム「全豪オープン」第1回戦がアンディ・マレー(イギリス)現役最後の試合となる可能性がある。

今後のスケジュール等の詳細は発表されていないが、おそらくは、回復次第ということになるだろう。

アンディ・マレー(イギリス)の希望である、グランドスラム「ウィンブルドン」への出場が叶うのか。
また、(アンディ・マレー(イギリス)自身は難しいとしていたが)ボブ・ブライアン(アメリカ)が実現したように、アンディ・マレー(イギリス)のツアーへの復帰が叶うのか。

アンディ・マレー(イギリス)の健康そして回復を祈りたい。

(引用インスタグラムはアンディ・マレー(イギリス)公式アカウントからの投稿)

【2019年4月27日追記】

2019年4月27日(日本時間)、クイーンズクラブ選手権(ATP500)」(フィーバーツリー選手権)がアンディ・マレー(イギリス)の2019年エントリーを発表!

アンディ・マレー(イギリス)は手術後のリハビリ中であるが、順調に回復し状態が許せば、大会に出場するとしている。

【2019年6月4日追記】
2019年6月4日(日本時間)、クイーンズクラブ選手権(ATP500)」(フィーバーツリー選手権)がアンディ・マレー(イギリス)の2019年ダブルスでの出場意向を確認、公表した。
ダブルスではあるものの、アンディ・マレー(イギリス)の復帰予定が確認された。

【2019年6月21日追記】

2019年6月21日(日本時間)、アンディ・マレー(イギリス)がダブルスでクイーンズクラブ選手権(ATP500)」に出場し復帰。フェリシアーノ・ロペス(スペイン)とペアを組み、復帰戦に勝利、準々決勝進出を決めた。※ その後優勝
そして、アンディ・マレー(イギリス)は、イーストボーン国際(ATP250)」グランドスラム「ウィンブルドン」にダブルスでの出場意向を発表。グランドスラム「ウィンブルドン」ではミックスダブルスにもセレナ・ウィリアムス(アメリカ)をタッグを組み出場する。

【2019年6月21日追記】
2019年6月21日(日本時間)、アンディ・マレー(イギリス)がワシントンDCシティ・オープン(ATP500)」へのダブルスでの出場を発表。兄でダブルスのスペシャリスト、ジェイミー・マレー(イギリス)とタッグを組み出場する。

【2019年7月30日追記】
アンディ・マレー(イギリス)がモントリオールロジャーズ・カップ(ATP1000)」へのダブルス出場を表明したため、スケジュールに追加。
モントリオールロジャーズ・カップ(ATP1000)」では、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)と再びペアを組み出場する。フェリシアーノ・ロペス(スペイン)とは、復帰の大会クイーンズクラブ選手権(ATP500)」(フィーバーツリー選手権)でタッグを組み大会優勝を果していた。
そして、アンディ・マレー(イギリス)は、シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」でのシングルス復帰の可能性を示唆した。

【2019年8月10日追記】
2019年8月10日(日本時間)、アンディ・マレー(イギリス)のシングルス復帰が決定!
シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」にワイルドカードとして出場する。
アンディ・マレー(イギリス)のシングルス復帰は、1月グランドスラム「全豪オープン」以来7か月振りとなる。

【2019年8月11日追記】
アンディ・マレー(イギリス)が、9月「珠海選手権(ATP250)」、続いて北京チャイナ・オープン(ATP500)」へのシングルス出場を発表。両大会も、アンディ・マレー(イギリス)の出場を発表した。

【2019年8月16日追記】
2019年8月16日(日本時間)、アンディ・マレー(イギリス)のウィンストンセーラム・オープン(ATP250)」へのシングルス出場が決定。
大会最後のワイルドカードを手にし、前週のシンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」に続き、シングルスでツアーに出場することとなった。

【2019年8月21日追記】
アンディ・マレー(イギリス)のアントワープヨーロピアン・オープン(ATP250)」へのシングルス出場が決定。2019年8月21日、大会が公式に発表した。

(8月26日~9月1日開催のチャレンジャー・ツアー、マジョルカ「ラファ・ナダル オープン」にも出場を予定している。)

【2019年9月12日追記】
アンディ・マレー(イギリス)の上海マスターズ(ATP1000)」へのシングルス出場が決定。大会がアンディ・マレー(イギリス)にワイルドカードを付与し、出場を発表した。

【2019年10月10日追記】
アンディ・マレー(イギリス)のウィーンエルステ・バンク・オープン(ATP500)」へのシングルス出場が決定。大会がワイルドカード付与し発表した。
【2019年10月19日追記】
アンディ・マレー(イギリス)は、2019年はウィーンエルステ・バンク・オープン(ATP500)」に出場しないこととなった。
一方、デビスカップ国別対抗戦)」には”出場したい” との意向を表明。出場が期待される。

怪我からの回復、そしてアンディ・マレー(イギリス)の復活!を祈りたい。

アンディ・マレー 2018年出場スケジュールは、次のページへ