2017年最終発表ATP世界ランキングTOP50・2017年ランキング履歴:テニス男子シングルス

テニス男子シングルス、2017年末ATP世界ランキングが発表された。年末ランキングと、2017年のランキング履歴を紹介する。

2017年末ランキング表へのジャンプ
2017年ランキング履歴へのジャンプ

2017年末は、ラファエル・ナダル(スペイン)が世界ランキング1位を獲得!2013年末以来の4年振り、キャリア4度目の偉業を達成した。

世界2位は、2017年シーズン7回の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)が獲得した。

ラファエル・ナダル(スペイン)、ロジャー・フェデラー(スイス)ともに、怪我からの復帰となった2017年、輝かしい成績を残し、両者のライバル対決は世界中を魅了した。
ラファエル・ナダル(スペイン)は2016年末ランキング9位から堂々の世界1位へ返り咲き、ロジャー・フェデラー(スイス)は2016年末16位から世界2位へ、大幅なランクアップを達成した。

世界3位グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)。2017年は、シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」で自身初となるATPワールドツアー・マスターズ1000 のタイトルを獲得、シーズン最終戦「ATPワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ」でも見事優勝。2016年末の17位から、自己ベストを更新し、2017年末を世界3位で終えた。

2017年、大活躍で魅了した若干20才のアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)は、世界4位で着地。2016年末の24位からトップ5の常連となり、まさに飛躍の1年であったと言えるだろう。

ジャック・ソック(アメリカ)は2016年末23位から2017年末世界8位へ、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)が2016年末30位から2017年末世界10位へと上り詰めた。

また、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、2015年末590位、2016年末38位、そして2017年末は世界11位となり、着々と順位を上げている。

2017年、怪我から復帰したケビン・アンダーソン(南アフリカ)はグランドスラム「全米オープン」準優勝を獲得し世界14位(昨年末67位)、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)は世界26位(昨年末88位)、期待の若手アンドレイ・ルブレフ(ロシア)は世界39位(昨年末156位)、そして、杉田祐一(日本)は昨年末112位から2017年末世界40位となり、それぞれ大幅なランクアップを達成した。

一方、2017年は多くの選手が怪我などで離脱を余儀なくされた。

2016年末世界ランキング1位であったアンディ・マレー(イギリス)は世界16位へ、同2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は世界12位

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は昨年末3位から世界24位、スタン・ワウリンカ(スイス)は4位から世界9位となり、錦織圭(日本)は5位から世界22位に下落した。

なお、2018年は、早々から多くの選手が怪我からの復帰を予定している。各選手の活躍に期待したい。

2017年末(2017年12月25日発表)のATP世界ランキングTOP 50 は、次の通り。

スポンサーリンク

ATPシングルス 世界ランキングTOP 50
2017年最終/ 前年末比較

2017年
末順位
前年末
順位
選手名国籍ポイント
19ラファエル・ナダルスペイン10645
216ロジャー・フェデラースイス9605
317グリゴール・ディミトロフブルガリア5150
424アレクサンダー・ズべレフドイツ4610
58ドミニク・ティエムオーストリア4015
66マリン・チリッチクロアチア3805
711ダビド・ゴファンベルギー3775
823ジャック・ソックアメリカ3165
94スタン・ワウリンカスイス3150
1030パブロ・カレーニョ ブスタスペイン2615
1138フアン マルティン・デル ポトロアルゼンチン2595
122ノバク・ジョコビッチセルビア2585
1331サム・クエリーアメリカ2535
1467ケビン・アンダーソン南アフリカ2480
1512ジョーウィルフリード・ツォンガフランス2320
161アンディ・マレーイギリス2290
1719ジョン・イズナーアメリカ2265
1815ルカ・プイユフランス2235
1910トマーシュ・ベルディヒチェコ2095
2014ロベルト・バウティスタ アグートスペイン2015
2113ニック・キリオスオーストラリア2010
225錦織圭日本1885
2327アルベルト・ラモス ビノラススペイン1845
243ミロシュ・ラオニッチカナダ1795
2534ジル・ミュラールクセンブルグ1695
2688ディエゴ・シュワルツマンアルゼンチン1675
2749ファビオ・フォニーニイタリア1670
2860アドリアン・マナリノフランス1635
2932フィリップ・コールシュライバードイツ1440
3077ダミール・ズムルボスニア1391
3118リシャール・ガスケフランス1375
3222パブロ・クエバスウルグアイ1370
3351ミーシャ・ズベレフドイツ1302
34234フィリップ・クライノビッチセルビア1298
3542フェルナンド・ベルダスコスペイン1295
3628フェリシアーノ・ロペススペイン1295
3721ダビド・フェレールスペイン1290
3862アレクサンドル・ドルゴポロフウクライナ1231
39156アンドレイ・ルブレフロシア1229
40112杉田祐一日本1219
4147ブノワ・ペールフランス1155
4259ロビン・ハーセオランダ1130
4340パオロ・ロレンチイタリア1095
4433スティーブ・ジョンソンアメリカ1055
4553カレン・カチャノフロシア1030
467ガエル・モンフィスフランス1015
4790ライアン・ハリソンアメリカ1010
4848ボルナ・チョリッチクロアチア1001
49101アルヤズ・ベデネイギリス993
5045カイル・エドマンドイギリス992

「次>」で26 位以下を表示。

ATP世界ランキング 2017年履歴

2017年は、世界1位アンディ・マレー(イギリス)、世界2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)で始まり、怪我から復帰したラファエル・ナダル(スペイン)、ロジャー・フェデラー(スイス)が驚くべき活躍をみせ世界1位・2位を奪還。

アンディ・マレー(イギリス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は怪我により、シーズン途中での離脱を余儀なくされた。

そして、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)を筆頭に若手選手が台頭。男子テニスに新風を巻き起こした。

2017年のATP世界ランキングの変遷と、各大会での選手の活躍を紹介する。


2017年1月
1月30日:フェデラー17→10位、ナダル9→6位【全豪オープン直後】

2017年2月
2月20日:ゴファン初の10位

2017年3月
3月6日:クエリー40→26位、ナダルに勝利
3月20日:フェデラー10→6位、錦織圭4位へ

2017年4月
4月3日:フェデラー4位、ナダル5位

2017年5月
5月1日:杉田91→73位
5月15日:ナダル4位、フェデラーを抜く
5月22日:Aズベレフ初の10位

2017年6月
6月12日:ナダル2位へ、ジョコビッチ4位【全仏オープン直後】
6月26日:Fロペス32→25位

2017年7月
7月3日:杉田初優勝、66→44位
7月17日:フェデラー3位【ウィンブルドン直後】
7月31日:ジョコビッチ5位へ【2017年休業を発表】

2017年8月
8月7日:クエリー20位
8月14日:Aズベレフ7位へ
8月21日:ナダル1位!

2017年9月
9月11日:フェデラー2位、マレーは3位へ【全米オープン直後】

2017年10月
10月2日:杉田40位
10月16日:チリッチ4位へ
10月23日:ツォンガ15位
10月30日:デルポトロ17位

2017年11月・12月
11月6日:ナダル年末1位確定、ソック9位、マレー16位、錦織圭22位へ
11月20日:ディミトロフ3位、ゴファン7位


2017年1月2日時点

2017年シーズンいよいよ開幕!元旦からATP250 の3大会、ブリスベン国際(ATP250)」ドーハカタール・エクソンモービル・オープン(ATP250)」チェンナイエアセル チェンナイ・オープン(ATP250)」が開催されている。
大会開催中のため、世界ランキングは昨年末から変更はない。

世界ランキング1位アンディ・マレー(イギリス)、世界2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、世界3位ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、世界4位スタン・ワウリンカ(スイス)、そして世界5位錦織圭(日本)。

ブリスベン国際(ATP250)」には、錦織圭(日本)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、スタン・ワウリンカ(スイス)が出場している他、ラファエル・ナダル(スペイン)が怪我から復帰し出場。

ドーハカタール・エクソンモービル・オープン(ATP250)」にはアンディ・マレー(イギリス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、チェンナイエアセル チェンナイ・オープン(ATP250)」にはマリン・チリッチ(クロアチア)が出場を予定している。

2017年1月9日時点

2017年第1週は、ATP 250 の大会が3大会行われた。

世界ランク1位はアンディ・マレー(イギリス)で変更なし。

ただし、ドーハカタール・エクソンモービル・オープン(ATP250)」ではノバク・ジョコビッチ(セルビア)が優勝を果たし、昨年から続いていたアンディ・マレー(イギリス)の連勝をストップさせた。アンディ・マレー(イギリス)は接戦の末、準優勝に終わった。
優勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、世界2位をキープした。

日本の錦織圭世界5位で前回と変わらないが、「ブリスベン国際(ATP250)」準優勝を果たし、ポイントを5,010 pt に上昇させた。

チェンナイ「エアセル チェンナイ・オープン(ATP250)」に出場するも初戦敗退となった、マリン・チリッチ(クロアチア)は、自己ベストであった前回の世界6位から世界7位にランクを落とした。
このため、ガエル・モンフィス(フランス)世界6位に戻している。

その他、チェンナイ「エアセル チェンナイ・オープン」で優勝を獲得したロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)がニック・キリオス(オーストラリア)を抜き、世界13位に上昇した。

2017年1月16日時点

世界ランク1位はアンディ・マレー(イギリス)で変更なし。
日本の錦織圭世界5位と前回と同じ順位をキープ。

ただし、次回はグランドスラム「全豪オープン」(2,000 pt)が開催されるため、大きく順位が変動することが予想される。

前回、自己ベストの世界13位に浮上したロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)は、オークランド「ASBクラシック(ATP250)」に棄権したため、世界14位へとランクを落としている。

一方、オークランド「ASBクラシック(ATP250)」に優勝したジャック・ソック(アメリカ)が、世界23位から世界20位へと大きくランクを上げ、自己ベストを更新した。

2017年1月30日時点【全豪オープン直後】

グランドスラム(4大大会)「全豪オープン」終了直後のランキング。グランドスラムは優勝者に2000ポイントが付与される大会であり、ATP世界ランキングにも大きく影響する。

全豪オープン優勝者のロジャー・フェデラー(スイス)は、世界17位から世界10位となり、大幅なランクアップを達成。

全豪オープン準優勝ラファエル・ナダル(スペイン)も、世界9位から世界6位に浮上した。

両者は怪我から復帰の今年、早速の大舞台で大きな成果を残した。

全豪オープン準決勝(ベスト4)に進出したスタン・ワウリンカ(スイス)は世界4位から世界3位へ、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)は世界15位から世界13位へと順位を上げた。

日本の錦織圭は、世界5位をキープ
世界4位、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)とのポイント差はわずかに100ポイントに縮小させた。

他の変更はこちらを参照

【全豪オープン結果を反映】ATP世界ランキング:テニス男子シングルス
グランドスラム(4大大会)「全豪オープン」が終了し、ATPは2017年1月30日付のテニス男子シングルス、世界ランキングを発表した。...

2017年2月ランキング履歴は次のページへ

2017年ランキング履歴
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月・12月