ウィーン「エルステ・バンク・オープン」2020年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:ジョコビッチ・ティーム他出場

※ 錦織圭欠場
※ 第1回戦(day1)結果

ウィーンエルステ・バンク・オープン(ATP500)」2020年、トーナメント表(ドロー)発表された。

トーナメント表(ドロー)へのジャンプ
出場選手一覧へのジャンプ

シーズン終盤の大会、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がワイルドカードでの参戦を表明したほか、ドミニク・ティーム(オーストリア)、ダニール・メドベデフ(ロシア)、ステファノス・チチパス(ギリシャ)、ガエル・モンフィス(フランス)、また、スタン・ワウリンカ(スイス)、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)など、多くのトップ選手が出場を予定している。

錦織圭(日本)、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は出場を予定していたが欠場となった。

昨年ウィーンエルステ・バンク・オープン(ATP500)」の優勝は、地元のエースドミニク・ティーム(オーストリア)。
2020年は念願のグランドスラム優勝も果たしたドミニク・ティーム(オーストリア)。
今大会では、地元での大会連覇を狙う。

スポンサーリンク

ウィーン「エルステ・バンク・オープン」2020年
トーナメント表(ドロー)結果あり

開催期間:2020年10月26日~11月1日 ※本選、現地時間

開催地:オーストリア ウィーン、ハードコート(室内)

トーナメント表全体像 クリックで表示
トーナメント表全体像(結果なし)

第1回戦

(1)WCノバク・ジョコビッチセルビア
フィリップ・クライノビッチセルビア
ボルナ・チョリッチクロアチア6-4 6-4
テイラー・フリッツアメリカ
フベルト・フルカチポーランド
(Q)アッティラ・バラージュハンガリー
ドゥサン・ラヨビッチセルビア
(6)ディエゴ・シュワルツマンアルゼンチン
(3)ステファノス・チチパスギリシャ
ヤン レナード・ストルフドイツ
グリゴール・ディミトロフブルガリア
カレン・カチャノフロシア
(Q)アルヤズ・ベデネスロベニア
(SE)ダニエル・エヴァンスイギリス
(WC)ユーリ・ロジオノフオーストリア6-4 7-5
(8)デニス・シャポバロフカナダ
(7)ガエル・モンフィスフランス6-1 2-0, Retired
パブロ・カレーニョ ブスタスペイン
(WC)デニス・ノバックオーストリア62-7 6-4 7-66
(PR)ケビン・アンダーソン南アフリカ
フェリックス・オジェ アリアシムカナダ
(Q)バセク・ポスピシルカナダ
アレックス・デ ミノールオーストラリア
(4)ダニール・メドベデフロシア
(5)アンドレイ・ルブレフロシア6-3 6-2
(Q)ノーバート・ゴンボススロバキア
キャスパー・ルードノルウェー
(WC)ヤニック・シナーイタリア
クリスチャン・ガリンチリ
スタン・ワウリンカスイス
(LL)ヴィターリ・サチコウクライナ
(2)ドミニク・ティームオーストリア

※ 第6シードディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、アレックス・デ ミノール(オーストラリア)、錦織圭(日本)は欠場となった。

2019年トーナメント表(ドロー)

ウィーン「エルステ・バンク・オープン」2019年トーナメント表(ドロー)結果あり:ティーム・カチャノフ他出場
ウィーン「エルステ・バンク・オープン(ATP500)」2019年、トーナメント表(ドロー)が発表された。 大会には、ドミニク・...

2018年トーナメント表(ドロー)

2017年トーナメント表(ドロー)

同時期開催の大会

ヌルスルタン「アスタナ・オープン」2020年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:ペール・マナリノ他出場
※ 第1回戦(day2)開催中 ※ 杉田祐一出場 ヌルスルタン「アスタナ・オープン(ATP250)」2020年、トー...

出場選手一覧

※ 本選への出場選手。以下に加え、予選通過者が出場する。また、トーナメント表(ドロー)発表直前以降に欠場者が出た場合は、予選最終戦での敗退者のうちランキング上位者がラッキールーザー(LL)として出場する。

シード*出場選手直前*
順位
エントリー
順位
(1) WCノバク・ジョコビッチ(セルビア)1WC
(2)ドミニク・ティーム(オーストリア)33
(3)ステファノス・チチパス(ギリシャ)56
(4)ダニール・メドベデフ(ロシア)65
(5)アンドレイ・ルブレフ(ロシア)812
(7)ガエル・モンフィス(フランス)119
(8)デニス・シャポバロフ(カナダ)1211
ダビド・ゴファン(ベルギー)1413
パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)1518
カレン・カチャノフ(ロシア)1716
スタン・ワウリンカ(スイス)1817
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)2020
クリスチャン・ガリン(チリ)2119
フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)2222
ボルナ・チョリッチ(クロアチア)2427
ドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)2524
キャスパー・ルード(ノルウェー)2625
テイラー・フリッツ(アメリカ)2830
フィリップ・クライノビッチ(セルビア)3029
フベルト・フルカチ(ポーランド)3131
(PR)錦織圭(日本)3610 (PR)
(WC)ヤニック・シナー(イタリア)46WC
(WC)デニス・ノバック(オーストリア)91WC
(PR)ケビン・アンダーソン(南アフリカ)11114 (PR)
(WC)ユーリ・ロジオノフ(オーストリア)151WC

※ 第6シードディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)がドロー発表後に欠場になったことから、第6シードは不在となった。

* 「シード」は大会直前の順位をもとに決められる。第1回戦免除はなし。
* 「直前順位」は、2020年10月19日付世界ランキングで確定する。

WC: ワイルドカード、大会主催者推薦枠
PR: プロテクトランキング。怪我などでツアーを離脱した選手は離脱前の一定期間のランキングを適用することが可能であり、これをもとにエントリーを行った場合。
SE: Special Exempt。大会の予選にエントリーしているが、直前の大会に勝ち進み、スケジュール上予選に出場することができない選手に与えられる、本選出場枠。

エントリー後の変更

エントリー締切日:2020年9月28日(現地時間)

IN

ワイルドカード(最大4名)

  • ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
  • ヤニック・シナー(イタリア)
  • デニス・ノバック(オーストリア)
  • ユーリ・ロジオノフ(オーストリア)

繰り上がり

  • アレックス・デ ミノール(オーストラリア) ※ 欠場
  • フィリップ・クライノビッチ(セルビア)
  • テイラー・フリッツ(アメリカ)
  • フベルト・フルカチ(ポーランド)
  • ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)

SE枠

  • ダニエル・エヴァンス(イギリス)

OUT

  • ジョン・イズナー(アメリカ)
  • ファビオ・フォニーニ(イタリア)
  • マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)
  • ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
  • ダビド・ゴファン(ベルギー)
  • ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)※ ドロー発表後
  • アレックス・デ ミノール(オーストラリア)※ ドロー発表後
  • 錦織圭(日本)※ ドロー発表後

最新世界ランキング

【最新】ATP世界ランキングTOP 50:テニス男子シングルス
2020年10月26日付のATP世界ランキングが発表された。シングルスの最新世界ランキングを紹介する。 ランキング表へのジャンプ ...

大会結果 優勝・準優勝

大会結果(優勝・準優勝):世界テニス男子シングルス
※ 随時更新 テニス男子シングルス、各国際大会の優勝者・準優勝者の一覧(2017年~2020年)を紹介する。 2020年...