杉田祐一vsティエム試合結果詳細:ハレ「ゲリー・ウェバー・オープン」2018年ベスト16

杉田祐一(日本)vs. ドミニク・ティエム(オーストリア)!
ハレゲリー・ウェバー・オープン(ATP500)」2018年第2回戦(ベスト16)で対戦した。

杉田祐一(日本)は2017年、アンタルヤ・オープン(ATP250)」ツアー初優勝を果たし、その後もシンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」では準々決勝に進出。驚くべき活躍で魅了し、2017年10月9日付世界ランキングでは、自身最高の世界36位に到達した。

しかし、2018年シーズンに入り、ドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ATP500)」では準々決勝に進出するが、その後、9大会連続で初戦敗退。3月にはチャレンジャー・ツアーにも出場するが、やはり初戦敗退に終わった。
パフォーマンスが心配されたが、グラス(芝)コート・シーズンに入り、スヘルトーヘンボスリベーマ・オープン(ATP250)」で9試合振りの勝利を収め、連敗に休止符を打った。
ただし、続く第2回戦(ベスト16)ではマリウス・コピル(ルーマニア)にフルセットの末に敗退を喫した。

なお、グラス(芝)コート大会でのツアーレベルの優勝は、日本人選手では杉田祐一(日本)の2017年「アンタルヤ・オープン(ATP250)」での優勝が初めてであった。
グラス(芝)コートは、長身のビッグサーバーが有利とされるサーフェス。
杉田祐一(日本)は身長175 cm とテニス選手の中では低身長であり、本来有利とは言い難いが、グラス(芝)コートの球足の速さが、杉田祐一(日本)のプレースピードの速さも際立たせる。
今回、直後に控える「アンタルヤ・オープン(ATP250)」での連覇も視野に、更なるパフォーマンスの向上が期待される。

ドミニク・ティエム(オーストリア)は、現在世界ランキング7位、自己ベストは世界4位。
特にクレーコートを得意とし、2018年シーズンも最高のパフォーマンスを披露。グランドスラム「全仏オープン」では準優勝を獲得、自身初のグランドスラム決勝にも進出し、絶好調。
グラス(芝)コート大会では今大会が2018年初の出場大会となるが、今大会第1回戦においても、ミハイル・ユージニー(ロシア)と対戦し、ストレート勝ちの快勝を収めている。

杉田祐一(日本)とドミニク・ティエム(オーストリア)の過去の対戦は、2017年「バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」(クレーコート大会)での1試合のみ。
この試合では、ドミニク・ティエム(オーストリア)が杉田祐一(日本)のサービスで6回のブレイクを果たし、ストレートで試合に勝利した。
ドミニク・ティエム(オーストリア)はその後、大会準優勝を収めた。

今回が、両者2度目の対戦となる。

なお、先に行われた試合にて、予選通過者のデニス・クドラ(アメリカ)がステファノス・ティティパス(ギリシャ)に勝利し、準々決勝進出を決めている。
試合勝者は、準々決勝でデニス・クドラ(アメリカ)と対戦する。
また、第2回戦(ベスト16)、錦織圭(日本)はカレン・カチャノフ(ロシア)に敗退した。

ハレゲリー・ウェバー・オープン(ATP500)」2018年第2回戦(ベスト16)、杉田祐一(日本)vs. ドミニク・ティエム(オーストリア)の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

ティエムのサーブで試合開始。最初のポイントはティエムのダブルフォルトにより杉田が獲得。その後、18ショットに及ぶラリーを杉田が制し、1ブレイクポイントを獲得する。
続いてもラリーとなり、ティエムのバックハンド・ショットがネットに阻まれる。
杉田が試合開始早々のブレイクに成功。(スコア:杉田 1-0 ティエム)

第2ゲーム

杉田、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:杉田 2-0 ティエム)

第3ゲーム

ティエムのサービス。杉田が積極的なプレーで攻勢、1ブレイクポイントを獲得。
ティエムがセンターへの強力なサーブを決めセーブ、ジュースに持ち込む。
続いてもティエムはワイドへの強力なサーブを決め、アドバンテージを獲得。
ティエムのフォアハンド・ショットがネットに阻まれ、再びジュース。
ティエムのダブルフォルトで、杉田が再度のブレイクポイントを獲得。
ティエム、センターへの時速 206 kmのエースを決め、3度目のジュースに持ち込む。
ティエムのフォアハンド・ショットがラインを越え、杉田がゲーム3度目のブレイクポイントを獲得。
ティエム、ワイドへの強力なサーブを決め、4度目のジュース。
ティエムがキックサーブからベースライン前に攻勢、杉田のショットがネットに阻まれる。ティエムがアドバンテージを獲得。
ティエムのショットがネットに阻まれ、5度目のジュースに突入。
ティエムのサーブ、杉田がリターンエースを狙うもボールはラインを越える。ティエムがアドバンテージを獲得。
ティエムのショットがネットに当たり、ラインを越える。6度目のジュース。
ティエムのクロスコート・ショットがラインを外れ、杉田がゲーム4度目のブレイクポイントを獲得。
ティエムがセンターへの強力なサーブを決め、7度目のジュース。
杉田の強力なフォアハンド・ショット、ティエムのリターンがネットに阻まれる。杉田が5度目のブレイクポイントを獲得。
続いて、ティエムのフォアハンド・ショットがネットに阻まれる。
杉田がダブル・ブレイクに成功。ゲーム時間9分40秒。(スコア:杉田 3-0 ティエム)

第4ゲーム

杉田、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:杉田 4-0 ティエム)

第5ゲーム

ティエムのサービス。杉田が2ブレイクポイントを獲得。
ティエムがワイドへの強力なサーブを決め、1ポイントをセーブ。
続いて、ティエムがネット際てボレーを決める。ティエムが2ポイント目もセーブしジュースに突入。
ティエム、フォアハンドでウィナーを決め、アドバンテージを獲得。
ティエムのセンターへの狭量なサーブ、杉田のリターンがラインを越える。
ティエムがサービスゲームをキープ。(スコア:杉田 4-1 ティエム)

第6ゲーム

杉田、ラブゲームでキープ。(スコア:杉田 5-1 ティエム)

第7ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:杉田 5-2 ティエム)

第8ゲーム

杉田のサービス for the セット。杉田が3セットポイントを迎える。
続いて、杉田がセンターへのエースを決める。
杉田、ラブゲームでキープ。(スコア:杉田 6-1 ティエム)

第1セットを杉田が獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

ティエムのサーブで試合再開。ティエムのミスが重なり、ジュースとなる。
続いてティエムのダブルフォルトで、杉田がブレイクポイントを獲得。
ティエムがフォアハンドでウィナーを決め、再びジュース。
ティエムがネット際に出てドロップショット、アドバンテージを獲得する。
続いて、ティエムがボディへの強力なサーブを決める。
ティエムがゲームキープ。

第2ゲーム

杉田、キープ。

第3ゲーム

ティエム、キープ。

第4ゲーム

杉田のサービス。今度は杉田のミスが重なり、ジュースとなる。
杉田のフォアハンド・ショットがネットに阻まれ、ティエムがブレイクポイントを獲得。
杉田が強力なサーブでセーブし、再びジュース。
杉田がセンターへの強力なサーブを決め、アドバンテージを獲得。
続いて、杉田がネット際に出てボレーを決める。
杉田がサービスゲームをキープ。(スコア:杉田 2-2 ティエム)

第5ゲーム

ティエムのサービス。ティエムがボレーでミス、そしてダブルフォルト。杉田が2ブレイクポイントを獲得する。
ラリーとなり、杉田のショットがラインを越える。ティエムが1ポイントをセーブ。
ティエムがワイドへのエースを放ち、2ポイント目もセーブ。ジュースに持ち込む。
ティエム、続いてもワイドへのエースを決める。ティエムがアドバンテージを獲得。
ティエム、今度はボディへの強力なサーブ。杉田のリターンはネットに阻まれる。
ティエムがサービスゲームをキープ。(スコア:杉田 2-3 ティエム)

第6ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 3-3 ティエム)

第7ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:杉田 3-4 ティエム)

第8ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 4-4 ティエム)

第9ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:杉田 4-5 ティエム)

第10ゲーム

杉田、キープ。(スコア:杉田 5-5 ティエム)

第11ゲーム

ティエムのサービス。杉田が2ブレイクポイントを獲得。
ティエムがセンターへの時速232 km のエースを決め、1ポイントをセーブ。
ラリーとなり、ティエムのフォアハンド・ショットがラインを越える。
杉田がブレイクに成功。(スコア:杉田 6-5 ティエム)

第12ゲーム

杉田のサービス for the マッチ。杉田が3マッチポイントを迎える。
杉田がネット際に出て攻勢、ティエムはフォアハンドでウィナーを決める。ティエムが1ポイントをセーブ。
杉田のショットがネットに当たり、ラインの外へ。杉田はチャレンジするが、苦笑い。リプレイで確認され、判定はOUT、チャレンジ失敗。ティエムが2ポイント目もセーブ。
杉田のサーブに対し、ティエムがウィナー級のリターン、杉田は返すもボールはラインを越える。ティエムが3ポイント目もセーブ、ジュースに突入。
杉田がセンターへのエースを決め、アドバンテージ(マッチポイント)を獲得。杉田は雄叫びを上げる。
ラリーとなり、ティエムのバックハンド・ショットがラインを越える。
杉田、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:杉田 7-5 ティエム)

第2セットも杉田が獲得、ストレートで試合に勝利(6-2 7-5)。1時間28分で試合終了。

杉田祐一(日本)がドミニク・ティエム(オーストリア)に勝利!ハレゲリー・ウェバー・オープン(ATP500)」2018年準々決勝進出を決めた。

準々決勝では、デニス・クドラ(アメリカ)と対戦する。
杉田祐一(日本)とデニス・クドラ(アメリカ)は初めての対戦。試合は、現地時間2018年6月22日の開催を予定している。

ドミニク・ティエム(オーストリア)は、第2回戦(ベスト16)で敗退となった。

他の試合結果(ドロー)


(Twitter 動画:試合終了後の握手、ティエムが杉田を称える)

Summary

杉田 6-2 7-5 ティエム
6本 エース 7本
31 ウィナー 22
2 ダブルフォルト 4
22 Unforced エラー 33
71 %
(41/58)
第1サーブ 率 53 %
(42/79)
80 %
(33/41)
第1サーブ ポイント
獲得率
74 %
(31/42)
59 %
(10/17)
第2サーブ ポイント
獲得率
38 %
(14/37)
23 %
(3/13)
ブレイクポイント
成功率
0 %
(0/1)
43 %
(34/79)
リターンポイント
成功率
26 %
(15/58)
77 ポイント獲得合計 60

トーナメント表(ドロー)

ハレ「ゲリー・ウェバー・オープン」2018年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・フェデラー・Aズベレフ他出場
錦織圭(日本)、ロジャー・フェデラー(スイス)、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、ドミニク・ティエム(オーストリア)他出場のハレ「...

杉田祐一 vs. マナリノ2017年アンタルヤ大会決勝戦詳細(杉田初優勝)

杉田祐一vsマナリノ試合結果詳細:「アンタルヤ・オープン」2017年決勝
杉田祐一(日本)が初タイトルを懸け戦う「アンタルヤ・オープン(ATP250)」決勝戦。2017年7月1日(現地時間)に開催さ...