トップ選手大会出場予定【2017年5月】:錦織圭・マレー・ジョコビッチ・ナダル他

2017年5月開催の世界テニス男子シングルス、各大会へのトップ選手出場予定を紹介する。

2017年5月は、月末から開始のグランドスラム「全仏オープン」を含め8大会が開催される。

ATP250 が5大会、ATP ワールドツアー・マスターズ1000 の大会が2大会、そしてグランドスラムという、テニスファンにとって楽しみな大会が続く。

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、ガエル・モンフィス(フランス)の復帰に始まり、多くのトップ選手が集結するATP ワールドツアー・マスターズ1000 の大会が2大会開催され、5月末からはグランドスラム「全仏オープン」が開始する。

世界1位アンディ・マレー(イギリス)、世界2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、世界3位スタン・ワウリンカ(スイス)、錦織圭(日本)、ラファエル・ナダル(スペイン)も3大会へ出場。各選手の活躍が期待される。

グランドスラム「全仏オープン」に出場予定であったロジャー・フェデラー(スイス)は欠場を発表。今シーズンはクレーコート大会には出場せず、芝およびハードコートの大会に専念するとした。

2017年5月、各大会へのトップ選手出場予定は以下の通り。※ いずれも大会エントリー時点の予定

トップ50選手の出場予定一覧表へのジャンプ

スポンサーリンク

2017年5月トップ選手大会出場予定
錦織圭・マレー・ジョコビッチ・ナダルら多数出場

ミュンヘンでモンフィス復帰、エストリルにデルポトロ、イスタンブールにラオニッチ出場

2017年5月1日~7日は、ATP 250 の大会が3大会開催される。

  • ミュンヘンBMWオープン(ATP250)」
  • エストリルエストリル・オープン(ATP250)」
  • イスタンブールTEB BNPパリバ イスタンブール・オープン(ATP250)」

photo credit: Marianne Bevis IMG_2227 via photopin (license)

ドイツ ミュンヘンで開催のミュンヘンBMWオープン(ATP250)」には、怪我から復帰のガエル・モンフィス(フランス、写真)に加え、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、NextGen スター アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、前回優勝者のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)らが出場を予定している。

フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)は前回を含め過去3回優勝。地元での更なる活躍に期待がかかる。

ガエル・モンフィス(フランス)は、左ひざの膝蓋骨(ひざ関節の前にある、さら状の骨)の軟骨、左アキレス腱の故障により、2月の「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ATP500)」以降主要な大会を欠場。3月インディアンウェルズBNPパリバ・オープン(ATP1000)」で復帰するが、その後も欠場を余儀なくされていた。

昨年末世界ランキング世界7位で終えたガエル・モンフィス(フランス)であったが、欠場により4月17日時点ランキングを世界16位まで下げている。復活が期待される。

ポルトガル エストリル開催のエストリル・オープン(ATP250)」には、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、リシャール・ガスケ(フランス)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)に加え、ダビド・フェレール(スペイン)、日本から杉田祐一ダニエル太郎などが出場。

リシャール・ガスケ(フランス)は2015年の「エストリル・オープン」優勝者。
前回優勝者のニコラス・アルマグロ(スペイン)も出場を予定している。

杉田祐一(日本)は、4月「バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」にラッキー・ルーザーとして出場。

パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、リシャール・ガスケ(フランス)に勝利し準々決勝に進出した。両者との再対決もあり得る。更なる活躍が期待される。

※ 出場予定であったニック・キリオス(オーストラリア)、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)は欠場を発表した。
ニック・キリオス(オーストラリア)は祖父の死のため、欠場とした。
アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)は過労が原因と見られている。

※ ダビド・フェレール(スペイン)は当初出場予定ではなかったが、急遽出場を受諾。ワイルドカードでの出場権を獲得した。

photo credit: Marianne Bevis IMG_4975 via photopin (license)

トルコ イスタンブール開催のTEB BNPパリバ イスタンブール・オープン(ATP250)」は、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ、写真)、マリン・チリッチ(クロアチア)、パオロ・ロレンチ(イタリア)、ビクトル・トロイツキ(セルビア)に加え、4月にマラケシュハッサン2世グランプリ(ATP250)」に優勝し初タイトルを獲得した若干20才、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)らが出場の予定。

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は、「デルレイビーチ・オープン(ATP250)」準決勝でひざ後ろの腱を痛め、以降の主要な大会を欠場。出場しても途中で欠場するなど、怪我に悩まされていた。しかし、グランドスラム全豪オープン」以降、出場した試合には全て勝利し、その強さを失っていない。完全復活が待ち望まれる。

※ マリン・チリッチ(クロアチア)は当初出場予定ではなかったが、急遽参戦。ワイルドカードでの出場権を獲得した。

トーナメント表(ドロー)

  

マドリッド、ローマに錦織圭、マレー、ジョコビッチなど多くのトップ選手が集結

2017年5月7日~14日は、ATP 1000 の1大会が開催される。

  • マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」

続く2017年5月14日~21日にも、ATP 1000 の1大会が開催される。

  • ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」

ATP 1000 の大会はランキング30位までの選手に出場義務があるため、マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」、ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」には多くのトップ選手が集結する。

世界1位アンディ・マレー(イギリス)、世界2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、世界3位スタン・ワウリンカ(スイス)、錦織圭(日本)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、ラファエル・ナダル(スペイン)をはじめほとんどのトップ選手が出場を予定している。

ロジャー・フェデラー(スイス)は出場を見送った。

photo credit: ThoamsB Kei Nishikori via photopin (license)

マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」の前回優勝者はノバク・ジョコビッチ(セルビア)。
2015年優勝はアンディ・マレー(イギリス)、2013~2014年はラファエル・ナダル(スペイン)が2連続で優勝した。

錦織圭(日本、写真)は前回準決勝に進出するも、後の優勝者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦し敗退している。

フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、祖父の不幸のため欠場となった。

全仏オープン前哨戦とも呼ばれるローマBNLイタリア国際(ATP1000)」

前回優勝者はアンディ・マレー(イギリス)。2014~2015年の優勝はノバク・ジョコビッチ(セルビア)。クレーコート王者のラファエル・ナダル(スペイン)は過去に7回優勝と大会最多優勝記録を保持する。

錦織圭(日本)は2016年準決勝に進出するも、マドリッドムトゥア マドリッド・オープン」と同じくノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦し敗退。再度の対戦も期待される。

※ ガエル・モンフィス(フランス)は怪我のため欠場となった。

多くのトップ選手が集結する中、熾烈な戦いが予想される。

トーナメント表(ドロー)

  

ジュネーブに錦織圭、ワウリンカ、イズナー、リヨンにラオニッチ、キリオスが出場

2017年5月21日~27日は、ATP 250 の2大会が開催される。

  • ジュネーブ・オープン(ATP250)」
  • リヨン・オープン(ATP250)」

スイス ジュネーブで開催のジュネーブ・オープン(ATP250)」には、ビッグサーバー ジョン・イズナー(アメリカ、写真)、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)、スティーブ・ジョンソン(アメリカ)、サム・クエリー(アメリカ)らが出場を予定。

スティーブ・ジョンソン(アメリカ)とサム・クエリー(アメリカ)は昨年「ジュネーブ・オープン」にてダブルスのタッグを組み、ダブルス優勝を果たしている。

※ 当初出場予定ではなかった錦織圭(日本)、スタン・ワウリンカ(スイス)も「ジュネーブ・オープン(ATP250)」への参戦を表明した。活躍が期待される。
スタン・ワウリンカ(スイス)は前回「ジュネーブ・オープン」優勝者である。

フランス リヨン開催のリヨン・オープン(ATP250)」には、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)、ニック・キリオス(オーストラリア)、ブノワ・ペール(フランス)などが出場。

※ フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)も参戦を発表。フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は当初出場予定ではなかったため、ワイルドカードとしての出場権を獲得した。

リヨン・オープン」はクレーコートの大会としては2017年が初めての開催となる。(1987年~2009年にはハードコート大会として開催されていた。)
記念すべき初開催とあって、グランドスラム「全仏オープン」直前の日程でありながら、多くのトップ選手が参戦を予定している。

トーナメント表(ドロー)

 

全仏オープン開催、トップ選手集結

2017年5月28日~6月11日にかけて、遂にグランドスラム(4大大会)「全仏オープン」が開催される。

  • グランドスラム「全仏オープン」(2000 ポイント)

photo credit: Marianne Bevis IMG_6054 via photopin (license)

クレーコート・シーズンのクライマックスは、グランドスラム「全仏オープン」

世界1位アンディ・マレー(イギリス)、世界2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、スタン・ワウリンカ(スイス)、錦織圭(日本)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、ラファエル・ナダル(スペイン)など、トップ選手が集結し、熾烈な戦いが予想される。各選手最高のプレーが期待される。

※ 出場予定であったロジャー・フェデラー(スイス、写真)は、欠場を発表した。ロジャー・フェデラー(スイス)は、「マイアミ・オープン(ATP1000)」優勝以降、休息が必要と判断し大会を欠場。2017年のクレーコート大会はグランドスラム「全仏オープン」のみに出場することとしていた。
長くプレーを続けるため、2017年は全仏オープンも欠場し、芝およびハードコートの大会に専念する。

参考: 2017/5/16 フェデラー、全仏を欠場しグラスコート、ハードコートに専念(英語、公式サイト)

昨年優勝者はノバク・ジョコビッチ(セルビア)。ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、昨年の「全仏オープン」優勝により、生涯グランドスラムを達成した。
決勝戦では、ライバルであり友人のアンディ・マレー(イギリス)に勝利した後、コートにハートを描いて寝転がった。

2015年の優勝者はスタン・ワウリンカ(スイス)。2010~2014年はラファエル・ナダル(スペイン)が5連続優勝を果たしている。ラファエル・ナダル(スペイン)は過去9回優勝大会最多優勝記録を保持する。

トーナメント表(ドロー)

トップ選手大会出場予定【2017年5月】
世界テニス男子シングルス

(ATP 世界ランキング 50位までの選手の出場予定)

※ いずれもエントリー時点の予定

順位選手5月1日5月7日5月14日5月21日5月29日
1アンディ・マレー-マドリッドローマ-全仏オープン
2ノバク・ジョコビッチ-マドリッドローマ-全仏オープン
3スタン・ワウリンカ-マドリッドローマ-全仏オープン
4ロジャー・フェデラー----全仏オープン
5錦織圭-マドリッドローマ-全仏オープン
6ミロシュ・ラオニッチイスタンブールマドリッドローマリヨン全仏オープン
7ラファエル・ナダル-マドリッドローマ-全仏オープン
8マリン・チリッチ-マドリッドローマ-全仏オープン
9ドミニク・ティエム-マドリッドローマ-全仏オープン
10ジョーウィルフリード・ツォンガ-マドリッドローマリヨン全仏オープン
11グリゴール・ディミトロフ-マドリッドローマ-全仏オープン
12トマーシュ・ベルディヒ-マドリッドローマ-全仏オープン
13ダビド・ゴファン-マドリッドローマ-全仏オープン
14ジャック・ソック-マドリッドローマ-全仏オープン
15ニック・キリオスエストリルマドリッドローマリヨン全仏オープン
16ガエル・モンフィスミュンヘンマドリッドローマ-全仏オープン
17ルカ・プイユ-マドリッドローマ-全仏オープン
18ロベルト・バウティスタ アグートミュンヘンマドリッドローマ-全仏オープン
19パブロ・カレーニョ ブスタエストリルマドリッドローマ-全仏オープン
20アレクサンダー・ズべレフミュンヘンマドリッドローマ-全仏オープン
21イボ・カルロビッチ-マドリッドローマ-全仏オープン
22リシャール・ガスケエストリルマドリッドローマ-全仏オープン
23ジョン・イズナー-マドリッドローマジュネーブ全仏オープン
24アルベルト・ラモス ビノラスエストリルマドリッドローマジュネーブ全仏オープン
25スティーブ・ジョンソン-マドリッドローマジュネーブ全仏オープン
26サム・クエリー-マドリッドローマジュネーブ全仏オープン
27パブロ・クエバス-マドリッドローマ-全仏オープン
28ジル・ミュラーエストリルマドリッドローマ-全仏オープン
29ファビオ・フォニーニミュンヘンマドリッドローマ-全仏オープン
30フィリップ・コールシュライバーミュンヘンマドリッドローマ-全仏オープン
31フェルナンド・ベルダスコ-マドリッドローマ-全仏オープン
32ジル・シモン-マドリッドローマ-全仏オープン
33ダビド・フェレール-マドリッドローマ-全仏オープン
34フアン マルティン・デル ポトロエストリルマドリッドローマ-全仏オープン
35ミーシャ・ズベレフミュンヘンマドリッドローマ-全仏オープン
36ジョアン・ソウザエストリルマドリッドローマジュネーブ全仏オープン
37パオロ・ロレンチイスタンブールマドリッドローマジュネーブ全仏オープン
38ビクトル・トロイツキイスタンブールマドリッドローマジュネーブ全仏オープン
39フェリシアーノ・ロペス-マドリッドローマ-全仏オープン
40ブノワ・ペールエストリルマドリッドローマリヨン全仏オープン
41ディエゴ・シュワルツマンイスタンブールマドリッドローマ-全仏オープン
42ドナルド・ヤングミュンヘン-ローマリヨン全仏オープン
43バーナード・トミックイスタンブールマドリッドローマ-全仏オープン
44ダニエル・エヴァンス-マドリッド--全仏オープン
45カイル・エドマンドエストリル---全仏オープン
46ロビン・ハーセ-マドリッドQ-ジュネーブ全仏オープン
47ニコラ・マウ-マドリッドQ-リヨン全仏オープン
48フロリアン・マイヤーミュンヘンマドリッドQ--全仏オープン
49ボルナ・チョリッチイスタンブールマドリッドQ-リヨン全仏オープン
50ライアン・ハリソンエストリル--ジュネーブ全仏オープン

「>次」で26位以下選手の出場予定を表示。

※ 順位は2017年4月17日付世界ランキング順位

※ エストリル・オープン(ATP250)」出場予定であったニック・キリオス(オーストラリア)、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)は欠場を発表した。
一方、ダビド・フェレール(スペイン)は当初出場予定ではなかったが、急遽参戦。ワイルドカードでの出場権を獲得した。

イスタンブールTEB BNPパリバ イスタンブール・オープン(ATP250)」では、マリン・チリッチ(クロアチア)が当初出場予定でなかったものの、直前に参戦を表明。ワイルドカードでの出場権を獲得した。

マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」に出場予定であったフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、祖父の不幸のため欠場となった。

ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」に出場予定であったガエル・モンフィス(フランス)、スティーブ・ジョンソン(アメリカ)、ジル・ミュラー(ルクセンブルグ)、パオロ・ロレンチ(イタリア)は欠場となった。

ジュネーブ・オープン(ATP250)」に、当初出場予定ではなかった錦織圭(日本)が参戦。錦織圭(日本)は、ローマBNLイタリア国際(ATP1000)」第3回戦ベスト16でフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)に敗退した翌日、「ジュネーブ・オープン」への出場を正式に発表した。

※ ジュネーブ・オープン(ATP250)」に前回優勝者であるスタン・ワウリンカ(スイス)が出場を発表。第1シード、ワイルドカードでの出場となる。

リヨン・オープン(ATP250)」フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が参戦を発表。当初出場予定ではなかったため、ワイルドカードとしての出場権を獲得した。

グランドスラム「全仏オープン」に出場予定であったロジャー・フェデラー(スイス)は欠場を発表。今シーズンはクレーコート大会には出場せず、芝およびハードコートの大会に専念するとした。
参考: 2017/5/16 フェデラー、全仏を欠場しグラスコート、ハードコートに専念(英語、公式サイト)

年間スケジュール

2017年 国際大会 年間スケジュール(ATP、グランドスラム、デビスカップ)
テニス男子シングルス、2017年の国際大会 年間スケジュールを確認したい。グランドスラム(4大大会)全て、ATP マスターズ1000/ ATP 500/ ATP 250 全て、ATP ワールドツアー・ファイナル、NextGen ATP ファイナル、デビスカップ(国別対抗戦)の大会開催スケジュールは、次の通り。

全豪オープン2017年トーナメント表(ドロー)

「全豪オープン」2017年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭、フェデラー他トップ選手が集結
世界テニスの一大イベント、グランドスラム(4大大会)「全豪オープン」2017年のトーナメント表(ドロー)を紹介する。結果は随時更新。 ...