「シュツットガルト・オープン」2022年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:チチパス・ベレッティーニ・フルカチ他出場

※ 決勝戦結果

シュツットガルト・オープン(ATP250)」(ボス・オープン)2022年開催。出場予定選手、トーナメント表(ドロー)、全試合結果を順次更新・紹介する。

トーナメント表(ドロー)へのジャンプ
出場選手一覧へのジャンプ

2022年は、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)、フベルト・フルカチ(ポーランド)、デニス・シャポバロフ(カナダ)などが大会への出場を予定している。
また、ステファノス・チチパス(ギリシャ)が大会ワイルドカードを獲得し、出場する。

ライリー・オペルカ(アメリカ)は欠場となった。

過去の優勝・準優勝はこちら

スポンサーリンク

「シュツットガルト・オープン」2022年トーナメント表(ドロー)結果あり

開催期間:2022年6月6日~12日 ※本選、現地時間

開催地:ドイツ シュツットガルト、グラス(芝)コート

トーナメント表全体像 クリックで表示
トーナメント表全体像(結果なし)

決勝

アンディ・マレーイギリス6-4 5-7 6-3
(2)マッテオ・ベレッティーニイタリア

準決勝

アンディ・マレーイギリス7-65 6-2
ニック・キリオスオーストラリア
オスカー・オッテドイツ7-67 7-65
(2)マッテオ・ベレッティーニイタリア

同時期開催の大会

スヘルトーヘンボス「リベーマ・オープン」2022年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:メドベデフ・Aアリアシム他出場
※ 決勝戦結果 スヘルトーヘンボス「リベーマ・オープン(ATP250)」2022年開催。出場予定選手、トーナメント表(ドロー)、全試合...

準々決勝(ベスト8)

(1) WCステファノス・チチパスギリシャ7-64 6-3
アンディ・マレーイギリス
マートン・フチョビッチハンガリー7-63 3-0 (RET)
ニック・キリオスオーストラリア
ベンジャミン・ボンジーフランス(W/O)
オスカー・オッテドイツ
(6)ロレンツォ・ソネゴイタリア3-6 6-3 6-4
(2)マッテオ・ベレッティーニイタリア

第2回戦(ベスト16)

(1) WCステファノス・チチパスギリシャ6-3 6-4
(Q)ドミニク・ストリッカースイス
アンディ・マレーイギリス6-3 7-64
(7)アレクサンダー・ブブリクカザフスタン
(3)フベルト・フルカチポーランド7-5 67-7 6-3
マートン・フチョビッチハンガリー
ニック・キリオスオーストラリア64-7 6-4 6-3
(5)ニコロス・バシラシヴィリジョージア
アルトゥール・リンダークネクフランス7-63 6-2
ベンジャミン・ボンジーフランス
オスカー・オッテドイツ7-66 7-64
(4)デニス・シャポバロフカナダ
(6)ロレンツォ・ソネゴイタリア7-62 7-64
(WC)ヤン レナード・ストルフドイツ
(Q)ラドゥ・アルボットモルドバ6-2 4-6 6-3
(2)マッテオ・ベレッティーニイタリア

第1回戦

(1) WCステファノス・チチパスギリシャ-
--
マキシム・クレッシーアメリカ62-7 7-65 7-62
(Q)ドミニク・ストリッカースイス
アンディ・マレーイギリス6-4 6-3
(Q)クリストファー・オコネルオーストラリア
デニス・クドラアメリカ7-63 7-5
(7)アレクサンダー・ブブリクカザフスタン
(3)フベルト・フルカチポーランド-
--
マートン・フチョビッチハンガリー65-7 6-3 6-4
(Q)ユーリ・ロジオノフオーストリア
イリ・レヘチカチェコ7-63 6-3
ニック・キリオスオーストラリア
ロレンツォ・ムセッティイタリア7-5 6-3
(5)ニコロス・バシラシヴィリジョージア
(8)ウーゴ・アンベールフランス4-6 7-64 6-4
アルトゥール・リンダークネクフランス
ベンジャミン・ボンジーフランス6-4 6-1
(WC)フェリシアーノ・ロペススペイン
オスカー・オッテドイツ7-62 7-64
ダニエル・アルトマイヤードイツ
---
(4)デニス・シャポバロフカナダ
(6)ロレンツォ・ソネゴイタリア7-5 6-2
ブノワ・ペールフランス
マルコス・ギロンアメリカ7-5 5-7 7-68
(WC)ヤン レナード・ストルフドイツ
(Q)ラドゥ・アルボットモルドバ6-2 7-67
ジョアン・ソウザポルトガル
---
(2)マッテオ・ベレッティーニイタリア

出場選手一覧

※ 本選への出場選手。以下に加え、予選通過者が出場する。また、予選開始以降に欠場者が出た場合は、予選最終戦での敗退者のうちランキング上位者がラッキールーザー(LL)として出場する。

シード*出場選手直前*
順位
エントリー
順位
(1)WCステファノス・チチパス(ギリシャ)4WC
(2)マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)108
(3)フベルト・フルカチ(ポーランド)1312
(4)デニス・シャポバロフ(カナダ)1516
(5)ニコロス・バシラシヴィリ(ジョージア)2425
(6)ロレンツォ・ソネゴ(イタリア)3528
(7)アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)4241
(8)ウーゴ・アンベール(フランス)4644
マルコス・ギロン(アメリカ)4960
ベンジャミン・ボンジー(フランス)5256
ダニエル・アルトマイヤー(ドイツ)5366
マートン・フチョビッチ(ハンガリー)5752
オスカー・オッテ(ドイツ)5958
マキシム・クレッシー(アメリカ)6262
ジョアン・ソウザ(ポルトガル)6383
ロレンツォ・ムセッティ(イタリア)6651
アンディ・マレー(イギリス)6769
アルトゥール・リンダークネク(フランス)6863
ニック・キリオス(オーストラリア)7678
イリ・レヘチカ(チェコ)7779
ブノワ・ペール(フランス)7865
デニス・クドラ(アメリカ)8184
(WC)ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)97WC
(WC)フェリシアーノ・ロペス(スペイン)113WC

* 「シード」は大会直前の順位をもとに決められる。シード上位4名は第1回戦免除。
* 「直前順位」は、2022年5月30日付世界ランキングで確定する。

WC: ワイルドカード、大会主催者推薦枠
PR: プロテクトランキング。怪我などでツアーを離脱した選手は離脱前の一定期間のランキングを適用することが可能であり、これをもとにエントリーを行った場合。
SE: Special Exempt。大会の予選にエントリーしているが、直前の大会に勝ち進み、スケジュール上予選に出場することができない選手に与えられる、本選出場枠。

エントリー後の変更

エントリー締切日:2022年5月9日(現地時間)

IN

ワイルドカード(最大3名)

繰り上がり

OUT

  • ロイド・ハリス(南アフリカ)
  • SE枠 2名
  • ライリー・オペルカ(アメリカ)
  • セバスティアン・コーダ(アメリカ)
  • ホルガー・ルーン(デンマーク)

過去優勝・準優勝者

※ 2000年以降

優勝準優勝
2021マリン・チリッチフェリックス・オジェ アリアシム
2020開催なし-
2019マッテオ・ベレッティーニフェリックス・オジェ アリアシム
2018ロジャー・フェデラーミロシュ・ラオニッチ
2017ルカ・プイユフェリシアーノ・ロペス
2016ドミニク・ティームフィリップ・コールシュライバー
2015ラファエル・ナダルビクトル・トロイツキ
2014ロベルト・バウティスタ アグートルーカシュ・ロソル
2013ファビオ・フォニーニフィリップ・コールシュライバー
2012ヤンコ・ティプサレビッチファン・モナコ
2011ファン カルロス・フェレーロパブロ・アンドゥハル
2010アルベルト・モンタネスガエル・モンフィス
2009ジェイミー・シャルディビクトル・ハネスク
2008フアン マルティン・デル ポトロリシャール・ガスケ
2007ラファエル・ナダルスタン・ワウリンカ
2006ダビド・フェレールホセ・アカスーソ
2005ラファエル・ナダルガストン・ガウディオ
2004ギリェルモ・カナスガストン・ガウディオ
2003ギレルモ・コリアトミー・ロブレド
2002ミハイル・ユージニーギリェルモ・カナス
2001グスタボ・クエルテンギリェルモ・カナス
2000フランコ・スキラーリガストン・ガウディオ

2021年トーナメント表(ドロー)

シュツットガルト「メルセデス・カップ」2021年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:シャポバロフ・チリッチ他出場
※ 決勝戦結果 シュツットガルト「メルセデス・カップ(ATP250)」2021年、トーナメント表(ドロー)が発表された。 ...

2019年トーナメント表(ドロー)

2018年トーナメント表(ドロー)

2017年トーナメント表(ドロー)

2022年大会スケジュール

2022年 国際大会 年間スケジュール(ATP・グランドスラム・デビスカップ)
※ 6大会追加 テニス男子シングルス、2022年の国際大会 年間スケジュールを紹介する。 スケジュールへのジャンプ 202...

最新世界ランキング

【最新】ATP世界ランキングTOP100:テニス男子シングルス
2022年10月3日付のATP世界ランキングが発表された。シングルスの最新世界ランキングを紹介する。 ランキング表へのジャンプ 2...