錦織圭vsティエム試合結果詳細:「全仏オープン」2018年ベスト16

錦織圭(日本)対ドミニク・ティエム(オーストリア)!2018年グランドスラム「全仏オープン」ベスト16 での対戦が実現した。

錦織圭(日本)は2018年、右手首の怪我からの復帰となるが、クレーコート・シーズンに入り、モンテカルロRolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」では準優勝を獲得。”錦織圭(日本)らしい” プレーを披露している。

昨年グランドスラム「全仏オープン」では、錦織圭(日本)は準々決勝に進出。準々決勝では当時世界ランキングNo. 1 のアンディ・マレー(イギリス)と対戦し敗退した
錦織圭(日本)2年連続の準々決勝(ベスト8)進出となるか、さらに、自身初のグランドスラム制覇を目指し、第4回戦(ベスト16)に挑む。

ドミニク・ティエム(オーストリア)は、2017年、クレーコートでラファエル・ナダル(スペイン)に勝利した唯一の選手。
2018年も、マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」ラファエル・ナダル(スペイン)に勝利しており、これまでのところラファエル・ナダル(スペイン)に勝利した選手はドミニク・ティエム(オーストリア)のみ。

現在24才、世界ランキング8位(自己ベスト世界4位)。クレーでの圧倒的な実績から、クレーコートのプリンスとも称される。
なお、昨年グランドスラム「全仏オープン」では、準決勝でラファエル・ナダル(スペイン)に敗退している。
2018年は、前述のマドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」準優勝を果たした他、グランドスラム「全仏オープン」直前の大会であり、全仏オープンと同じコート環境を再現していると定評のあるリヨン・オープン(ATP250)」では、優勝を獲得した。
好調を維持し、初のグランドスラム優勝を狙う。

錦織圭(日本)とドミニク・ティエム(オーストリア)の過去の対戦成績は、錦織圭(日本)の2戦全勝勝率100 %)。
2015年ハレ大会で錦織圭(日本)が勝利した他、クレーコートの大会であるローマBNLイタリア国際(ATP1000)」では、2016年の準々決勝にて、錦織圭(日本)がドミニク・ティエム(オーストリア)にストレートで勝利している。
今回が、両者3度目の対戦となる。

試合勝者は、準々決勝にて、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)と対戦する。

グランドスラム「全仏オープン」2018年ベスト16、錦織圭(日本)vs. ドミニク・ティエム(オーストリア)の試合結果詳細は、以下の通り。

Summary へのジャンプ

スポンサーリンク

Set 1

第1ゲーム

錦織のサーブで試合開始。錦織、キープ。

第2ゲーム

ティエム、ラブゲームでキープ。(スコア:錦織 1-1 ティエム)

第3ゲーム

錦織のサービス。ティエムが2ブレイクポイントを獲得。
ラリーとなり、錦織のショットがネットに当たりラインの外へ。
ティエムがブレイクに成功。(スコア:錦織 1-2 ティエム)

第4ゲーム

ティエム、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:錦織 1-3 ティエム)

第5ゲーム

錦織、ラブゲームでキープ。(スコア:錦織 2-3 ティエム)

第6ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:錦織 2-4 ティエム)

第7ゲーム

錦織のサービス。ティエムが3ブレイクポイントを獲得。
ラリーとなり、ティエムのショットがラインを越える。錦織が1ポイントをセーブ。
続いて、ティエムのバックハンド・ショットがラインを越え、錦織が2ポイント目もセーブ。
クロスコートでの打ち合いとなり、錦織がストレート・ショットを試みるがボールはネットに阻まれる。
ティエムがダブル・ブレイクに成功。(スコア:錦織 2-5 ティエム)

第8ゲーム

ティエムのサービス for the セット。ティエムが3セットポイントを迎える。
ティエム、センターへのエースを決める。
ティエムがラブゲームでキープ。(スコア:錦織 2-6 ティエム)

第1セットをティエムが獲得、試合は第2セットへ。

Set 2

第1ゲーム

錦織のサーブで試合再開。ティエムが3ブレイクポイントを獲得。
続いて、錦織のフォアハンドショットがネットに阻まれる。
ティエムが試合再開早々のブレイクに成功。(スコア:錦織 0-1 ティエム)

第2ゲーム

ティエム、ブレイク直後のサービスゲームをラブゲームでキープ。ティエムは時速211 km のエースを含め、2回連続でエースを決める。(スコア:錦織 0-2 ティエム)

第3ゲーム

錦織のサービス。ジュースとなり、19ショットに及ぶラリーは錦織に軍配、ティエムのショットがラインを越える。錦織がアドバンテージを獲得。
錦織のフォアハンド・ショットがネットに阻まれ、再びジュース。
ラリーとなり、ティエムのバックハンド・ショットがネットに阻まれる。錦織がアドバンテージを獲得。
ティエムがフォアハンドで強力なショット、錦織のリターンはラインを越える。3度目のジュースに突入。
錦織のフォアハンド・ショットがラインを越え、ティエムがブレイクポイントを獲得。
錦織のフォアハンド・ショット、ティエムのリターンはネットに阻まれる。4度目のジュース。
錦織のショットがネットに阻まれ、ティエムが再度のブレイクポイントを獲得。
錦織のサーブはフォルトの判定も、主審がボールマークを確認、IN に訂正する。第1サーブのやり直しとなる。
ラリーとなり、錦織がスマッシュ・ボレーを決める。5度目のジュース。
今度はティエムがボレーを決め、ゲーム3度目のブレイクポイントを獲得。
続いて、錦織のフォアハンド・ショットがラインを越える。
ティエムがダブル・ブレイクに成功。ゲーム時間15分。(スコア:錦織 0-3 ティエム)

第4ゲーム

ティエム、ブレイク直後のサービスゲームをキープ。ティエムはダブルフォルトの直後に時速213 km のサーブを決める。(スコア:錦織 0-4 ティエム)

第5ゲーム

錦織のサービス。ティエムが2ブレイクポイントを獲得。
続いて、錦織のバックハンド・ショットがネットに阻まれる。
ティエムが再度のブレイクに成功。(スコア:錦織 0-5 ティエム)

第6ゲーム

ティエムのサービス for the セット。ティエム、センターへのエースでゲームを開始。
ティエムが3セットポイントを迎える。
続いて、ティエムがセンターへのエースを決める。
ティエムがラブゲームでキープ。(スコア:錦織 0-6 ティエム)

第2セットもティエムが獲得、試合は第3セットへ。

Set 3

第1ゲーム

錦織のサーブで試合再開。錦織、キープ。

第2ゲーム

ティエム、キープ。

第3ゲーム

錦織、キープ。

第4ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:錦織 2-2 ティエム)

第5ゲーム

錦織、キープ。(スコア:錦織 3-2 ティエム)

第6ゲーム

ティエム、ラブゲームでキープ。(スコア:錦織 3-3 ティエム)

第7ゲーム

錦織、キープ。(スコア:錦織 4-3 ティエム)

第8ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:錦織 4-4 ティエム)

第9ゲーム

錦織、ラブゲームでキープ。ゲームポイントでの錦織のショットはアウトの判定も、主審がボールマークを確認、IN に訂正され、錦織のウィナーとなる。(スコア:錦織 5-4 ティエム)

第10ゲーム

ティエム、キープ。ティエムはゲームポイントでワイドへのエースを決める。(スコア:錦織 5-5 ティエム)

第11ゲーム

錦織のサービス。錦織にダブルフォルト。錦織がゲームポイントを迎えるが、錦織のネットプレーでミス、ジュースとなる。
ティエムのクロスコート・ショットがラインを越え、錦織がアドバンテージを獲得。
ラリーとなり、ベースライン前に出たティエムに対し、錦織がバックハンドでウィナーを決める。
錦織がサービスゲームをキープ。錦織はガッツポーズを決める。(スコア:錦織 6-5 ティエム)

第12ゲーム

ティエムのサービス。錦織は、ティエムのサーブを返す際、ラケットを落とし、右手首を気にする素振りを見せる。しかしその後はフォアハンドでも問題なくプレーを見せる。
ティエムにダブルフォルト、ティエムのフォアハンド・ショットでミス、錦織が1ブレイクポイント(セットポイント)を獲得する。
続いて、ティエムのフォアハンド・ショットがラインを越える。
錦織がブレイクに成功。(スコア:錦織 7-5 ティエム)

第3セットは錦織が獲得、試合は第4セットへ。

Set 4

第1ゲーム

錦織のサーブで試合再開。錦織、キープ。

第2ゲーム

ティエム、キープ。

第3ゲーム

錦織、ラブゲームでキープ。

ラファエル・ナダル(スペイン)がテレビ出演のため姿をみせ、会場で拍手が沸き起こる。
6月3日、ラファエル・ナダル(スペイン)は32才の誕生日を迎えた。

第4ゲーム

ティエム、ラブゲームでキープ。(スコア:錦織 2-2 ティエム)

第5ゲーム

錦織、ラブゲームでキープ。ティエムは幾度となく大きな声を上げ、フラストレーションを露わにする。(スコア:錦織 3-2 ティエム)

第6ゲーム

ティエム、キープ。(スコア:錦織 3-3 ティエム)

第7ゲーム

錦織のサービス。ティエムが2ブレイクポイントを獲得する。
ラリーとなり、ティエムのショットがネットに阻まれる。錦織が1ポイントをセーブ。ティエムは大きな声を上げる。
錦織のサーブ、ティエムがフォアハンドでクロスコートの強打を放つ。
ティエムがブレイクに成功。錦織はラケットを叩きつける。(スコア:錦織 3-4 ティエム)

第8ゲーム

ティエムのサービス。ティエムがゲームポイントを迎えるが、錦織がバックハンドでウィナーを決め、ジュースに突入。
ラリーとなり、錦織のショットがラインを越える。主審がボールマークを確認するが、判定はOUT。ティエムのポイントとなり、ティエムがアドバンテージを獲得。
続いてのラリーでは、錦織のバックハンド・ショットがラインを越える。
ティエムがブレイク直後のサービスゲームをキープ。(スコア:錦織 3-5 ティエム)

第9ゲーム

錦織、ラブゲームでキープ。(スコア:錦織 4-5 ティエム)

第10ゲーム

ティエムのサービス for the マッチ。ティエムが1マッチポイントを迎える。会場は大きな拍手で包まれる。
ネット際に出たティエムのクロスコート・ショットはラインを越え、ジュースに突入。
ティエムがフォアハンドでウィナーを決め、アドバンテージ(マッチポイント)を獲得。
続いてラリーとなり、錦織のフォアハンド・ショットがラインを越える。
ティエムがゲームキープ。(スコア:錦織 4-6 ティエム)

第4セットをティエムが獲得、試合に勝利(ティエム – 錦織:6-2 6-0 5-7 6-4)。2時間28分で試合終了。

ドミニク・ティエム(オーストリア)がグランドスラム「全仏オープン」2018年準々決勝進出を決めた。

準々決勝では、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)と対戦する。アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)は、ベスト16 でフルセットの末、カレン・カチャノフ(ロシア)に勝利し、準々決勝進出を決めた。
試合は、現地時間2018年6月5日の開催を予定している。

錦織圭(日本)は、第4回戦(ベスト16)敗退となった。

全仏オープン他の試合結果(ドロー)はこちら

ナダル vs. ティエム 2018年マドリッド大会準々決勝詳細

ナダルvsティエム試合結果詳細:マドリッド「ムトゥア マドリッド・オープン」2018年準々決勝
クレーキングラファエル・ナダル(スペイン)vsクレープリンスドミニク・ティエム(オーストリア)再度の対戦。 2018年5月...

ティエム vs. Aズベレフ 2018年マドリッド大会決勝戦詳細

Aズベレフvsティエム試合結果詳細:マドリッド「ムトゥア マドリッド・オープン」2018年決勝
2018年マドリッド「ムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」決勝戦は、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)対ドミニ...

Summary

錦織 2-6 0-6 7-5 4-6 ティエム
1本 エース 9本
21 ウィナー 41
1 ダブルフォルト 7
25 Unforced エラー 33
61 %
(63/102)
第1サーブ 率 68 %
(65/95)
73 %
(46/63)
第1サーブ ポイント
獲得率
84 %
(55/65)
41 %
(16/39)
第2サーブ ポイント
獲得率
56 %
(17/30)
167 km/h 第1サーブ
平均速度
190 km/h
141 km/h 第2サーブ
平均速度
154 km/h
193 km/h 最速サーブ 217 km/h
100 %
(1/1)
ブレイクポイント
成功率
54 %
(6/11)
25 %
(23/95)
リターンポイント
成功率
40 %
(40/102)
85 ポイント獲得合計 112

全仏オープン2018年トーナメント表(ドロー)

「全仏オープン」2018年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・ナダル・ジョコビッチ他トップ選手集結
グランドスラム「全仏オープン」2018年!トーナメント表(ドロー)が発表された。 クレーコート大会の最高峰。大会には、ラファエ...

全仏オープン2018年全試合スケジュール

「全仏オープン」2018年全試合スケジュール:錦織圭・ナダル・ジョコビッチ他出場予定
2018年グランドスラム「全仏オープン」!男子シングルス本選スケジュール、全試合の対戦カード、出場予定時間を紹介する。 ス...