トップ選手大会出場予定【2018年】:錦織圭・ナダル・フェデラー他TOP50出場スケジュール

スポンサーリンク

2018年8月トップ選手大会出場予定

2018年8月は、7月下旬より開催される3大会に加え、ATPワールドツアー・マスターズ1000 の大会が2大会、ATP250 が1大会、そして8月下旬からは、いよいよグランドスラム「全米オープン」がスタートする。

トップ50選手の出場予定【8月】一覧表へのジャンプ


8月6日~12日

  • トロントロジャーズカップ(ATP1000)」、ハードコート:ドロー

8月12日~19日

  • シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」、ハードコート:ドロー

8月19日~25日

  • ウィンストンセーラム・オープン(ATP250)」、ハードコート:ドロー

8月27日~9月9日

  • グランドスラム「全米オープン」、ハードコート:ドロー

※ 7月30日~8月5日開催のワシントンDCシティ・オープン(ATP500)」ロス カボスアビエルト・メキシカーノ・ロス カボス(ATP250)」キッツビューエルゼネラリ・オープン(ATP250)」への出場選手は、2018年7月予定を参照


トロントにナダル、ジョコビッチ、錦織圭他出場

ハードコート・シーズンはいよいよ本格化。8月6日~12日は、ATP ワールドツアー・マスターズ1000 の大会が開催される。

トロントロジャーズカップ(ATP1000)」には、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)、そしてマリン・チリッチ(クロアチア)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、デニス・シャポバロフ(カナダ)、錦織圭(日本)も出場を予定している。

大会直前、ワイルドカードとして本選への出場を予定していたアンディ・マレー(イギリス)が急遽欠場。
これにより、スタン・ワウリンカ(スイス)がワイルドカードを獲得し、本選に出場を決めた。
スタン・ワウリンカ(スイス)は、本選ではなく予選からの出場を予定していた。

ロジャー・フェデラー(スイス)は、トロントロジャーズカップ(ATP1000)」にエントリーしていたが欠場となった。

昨年モントリオールロジャーズ・カップ(ATP1000)」では、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)が優勝
決勝戦ではロジャー・フェデラー(スイス)にストレートで勝利
ロジャー・フェデラー(スイス)は念願のモントリオール初優勝を逃した。

そして、昨年、ラファエル・ナダル(スペイン)は、デニス・シャポバロフ(カナダ)とベスト16 で対戦し、まさかの敗戦
デニス・シャポバロフ(カナダ)は当時18才。地元選手としてワイルドカードで大会に出場。フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)にも勝利し、ブレイクスルーを果たした。

錦織圭(日本)は昨年、第2回戦でガエル・モンフィス(フランス)と対戦し敗退
錦織圭(日本)はその後、手首の怪我により長期離脱を余儀なくされ、モントリオールロジャーズ・カップ(ATP1000)」が2017年シーズン最後の大会となった。

※ 「ロジャーズカップ(ATP1000)」は、トロントとモントリオールで毎年交互に開催される。2018年男子の開催はトロント。2017年男子はモントリオールであった。

フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)、リシャール・ガスケ(フランス)、ガエル・モンフィス(フランス)はトロントロジャーズカップ(ATP1000)」への出場を予定していたが、欠場となった。

アンディ・マレー(イギリス)は、トロントロジャーズカップ(ATP1000)」本選にワイルドカードとしての出場権を獲得していたが、欠場となった。直前の大会ワシントンDCシティ・オープン(ATP500)」で勝ち進んでおり、続けての出場は難しいと判断した。

※ (ドロー発表後)フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、トロントロジャーズカップ(ATP1000)」への出場を予定していたが、手首の怪我のため、欠場となった。

トーナメント表(ドロー)

シンシナティにフェデラー、ジョコビッチ、マレー、錦織圭他出場

前週に続き、8月12日~19日にも、ATP ワールドツアー・マスターズ1000 の大会が開催される。

シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」 では、錦織圭(日本)、ロジャー・フェデラー(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アンディ・マレー(イギリス)をはじめ、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、マリン・チリッチ(クロアチア)、スタン・ワウリンカ(スイス)など、ほとんどのトップ選手が出場する。
後に開催されるグランドスラム「全米オープン」に向け、高度な試合が予想される。

昨年シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」優勝は、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)。準優勝は、ニック・キリオス(オーストラリア)であった。

ロジャー・フェデラー(スイス)は過去に7回優勝。大会最多優勝記録を保持する。
アンディ・マレー(イギリス)は、2008年と2011年に優勝。ラファエル・ナダル(スペイン)は2013年に優勝。マリン・チリッチ(クロアチア)は2016年に優勝を果たしている。
Big 4 のうちノバク・ジョコビッチ(セルビア)のみ優勝経験がないが、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の準優勝は5回を数える。

※ アンディ・マレー(イギリス)、スタン・ワウリンカ(スイス)は、シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」 にワイルドカードとしての出場権(本選)を獲得した。

※ (ドロー発表後)ラファエル・ナダル(スペイン)は、シンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」への出場を予定していたが、欠場となった。怪我などではないとしている。
Big 4 の集結は、グランドスラム「全米オープン」以降へと持ち越された。

トーナメント表(ドロー)

ウィンストンセーラムにゴファン、Cブスタ、杉田他出場

8月19日~25日は、ATP250 の1大会が開催される。

ウィンストンセーラム・オープン(ATP250)」には、ダビド・ゴファン(ベルギー)、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、マルコ・チェッキナート(イタリア)、ヒョン・チョン(韓国)、サム・クエリー(アメリカ)、そして杉田祐一(日本)、ダニエル太郎(日本)などがエントリー。

さらに、カイル・エドマンド(イギリス)、アンドレイ・ルブレフ(ロシア)がワイルドカードとして出場を予定している。

昨年「ウィンストンセーラム・オープン(ATP250)」の優勝は、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)。準優勝はダミール・ズムル(ボスニア)。
パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)は、2016年に優勝を果たしている。

※ カイル・エドマンド(イギリス)、アンドレイ・ルブレフ(ロシア)は、ウィンストンセーラム・オープン(ATP250)」にワイルドカードとしての出場権を獲得した。
ダニエル太郎(日本)は、他選手の欠場等により繰り上がりでウィンストンセーラム・オープン(ATP250)」本選への出場権を獲得した。

※ (ドロー発表後)大会第1シードでの出場を予定していたダビド・ゴファン(ベルギー)は、肩の怪我のため欠場となった。ダビド・ゴファン(ベルギー)は、直前の大会であるシンシナティウェスタン&サザン・オープン(ATP1000)」で準決勝に進出。右肩を故障し、試合途中での棄権を余儀なくされていた。回復が待ち望まれる。

※ (ドロー発表後)ダミール・ズムル(ボスニア)は、ウィンストンセーラム・オープン(ATP250)」への出場を予定していたが、欠場となった。ダミール・ズムル(ボスニア)が昨年、キャリア初の準優勝を果たした大会。状態が心配される。

トーナメント表(ドロー)

全米オープンにBig4、錦織圭他トップ選手集結

そして、8月27日~9月9日にかけて、2018年シーズン最後のグランドスラム、「全米オープン」が開催される。

グランドスラム「全米オープン」では、Big 4ラファエル・ナダル(スペイン)、ロジャー・フェデラー(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アンディ・マレー(イギリス)がいよいよ集結。
さらに、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、マリン・チリッチ(クロアチア)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、スタン・ワウリンカ(スイス)など、ほぼ全てのトップ選手が出場する。
日本人選手は、錦織圭(日本)に加え、杉田祐一(日本)、ダニエル太郎(日本)、西岡良仁(日本)が既に本選への出場を決めている。

昨年グランドスラム「全米オープン」の優勝は、ラファエル・ナダル(スペイン)!準優勝は、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)。
ラファエル・ナダル(スペイン)は2010年、2013年に続き、大会3回目の優勝を飾った。

ロジャー・フェデラー(スイス)は2004年~2008年まで5連続優勝を果たしており、オープン化以降の大会最多優勝記録(5回)とともに最多連続優勝記録(5連続)を保持する。
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、2011年、2015年に優勝。
フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は2009年、アンディ・マレー(イギリス)は2012年、マリン・チリッチ(クロアチア)は2014年、スタン・ワウリンカ(スイス)は2016年に優勝を果たしている。

アンディ・マレー(イギリス)は、2018年、プロテクトランキングでの出場。
スタン・ワウリンカ(スイス)は、ワイルドカードとしての出場権を手にした。怪我からの完全復活を目指す元王者の両者。活躍が注目される。

※ スタン・ワウリンカ(スイス)が2018年グランドスラム「全米オープン」にワイルドカードとしての出場権を獲得。本選への出場を確定させた。
スタン・ワウリンカ(スイス)はひざの怪我により、2017年シーズン途中でツアーを離脱。2018年8月15日現在世界ランキングは151位にまで落としている。復活を懸け、グランドスラムの大舞台へ挑む。

トーナメント表(ドロー)

全米オープン試合スケジュールはこちら

「全米オープン」2018年全試合スケジュール:BIG4・錦織圭他・全選手出場予定
グランドスラム「全米オープン」2018年いよいよ開催!男子シングルス本選スケジュール、全試合全選手の出場予定時間を紹介する。...

トップ選手大会出場予定【2018年8月】
世界テニス男子シングルス

順位選手8月6日8月12日8月19日8月27日
1ラファエル・ナダルトロントシンシナティ-全米オープン
2ロジャー・フェデラートロントシンシナティ-全米オープン
3アレクサンダー・ズべレフトロントシンシナティ-全米オープン
4フアン マルティン・デル ポトロトロントシンシナティ-全米オープン
5ケビン・アンダーソントロントシンシナティ-全米オープン
6グリゴール・ディミトロフトロントシンシナティ-全米オープン
7マリン・チリッチトロントシンシナティ-全米オープン
8ドミニク・ティームトロントシンシナティ-全米オープン
9ジョン・イズナートロントシンシナティ-全米オープン
10ノバク・ジョコビッチトロントシンシナティ-全米オープン
11ダビド・ゴファントロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
12ディエゴ・シュワルツマントロントシンシナティ-全米オープン
13パブロ・カレーニョ ブスタトロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
14ファビオ・フォニーニトロントシンシナティ-全米オープン
15ジャック・ソックトロントシンシナティ-全米オープン
16カイル・エドマンドトロントシンシナティウィンストンセーラム*全米オープン
17ロベルト・バウティスタ アグートトロントシンシナティ-全米オープン
18ニック・キリオストロントシンシナティ-全米オープン
19ルカ・プイユトロントシンシナティ-全米オープン
20錦織圭トロントシンシナティ-全米オープン
21ボルナ・チョリッチトロントシンシナティ-全米オープン
22マルコ・チェッキナートトロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
23ヒョン・チョントロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
24ダミール・ズムルトロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
25フィリップ・コールシュライバートロントシンシナティ-全米オープン
26アドリアン・マナリノトロントシンシナティ-全米オープン
27デニス・シャポバロフトロントシンシナティ-全米オープン
28リシャール・ガスケトロントシンシナティ-全米オープン
29サム・クエリートロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
30ミロシュ・ラオニッチトロントシンシナティ-全米オープン
31フィリップ・クライノビッチトロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
32ステファノス・チチパストロントシンシナティ-全米オープン
33フェルナンド・ベルダスコトロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
34スティーブ・ジョンソントロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
35カレン・カチャノフトロントシンシナティ-全米オープン
36レオナルド・メイヤートロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
37ガエル・モンフィストロントシンシナティ-全米オープン
38ロビン・ハーセトロント*シンシナティ-全米オープン
39ジル・シモン--ウィンストンセーラム全米オープン
40アルベルト・ラモス ビノラストロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
41ジョアン・ソウザトロント*-ウィンストンセーラム全米オープン
42フランシス・ティアフォートロントQシンシナティ*-全米オープン
43ジェイミー・シャルディトロント*--全米オープン
44ペーター・ゴヨブチックトロントシンシナティウィンストンセーラム全米オープン
45ミーシャ・ズベレフトロントQシンシナティ-全米オープン
46アンドレイ・ルブレフトロントシンシナティウィンストンセーラム*全米オープン
47マクシミリアン・マーテラー---全米オープン
48アンドレアス・セッピトロント-ウィンストンセーラム全米オープン
49マートン・フチョビッチトロント*-ウィンストンセーラム全米オープン
50ジョン・ミルマントロントQ-ウィンストンセーラム全米オープン
201スタン・ワウリンカトロント*シンシナティ*-全米オープン*
838アンディ・マレートロント*シンシナティ*-全米オープン

※ 2018年7月23日付ATP 世界ランキング 50位までの選手及びスタン・ワウリンカ(スイス)、アンディ・マレー(イギリス)の出場予定

※ いずれもエントリー時点の予定。その後、トーナメント表(ドロー)発表までの主な変更を更新している。
※ 日付は大会開始日。

*: エントリー締切後に出場が決定した選手(ワイルドカード、他選手欠場による繰り上がりなど)

テニス国際大会カレンダー

2018年 国際大会カレンダー(ATP・グランドスラム・デビスカップ)
2018年世界テニス男子シングルス、国際大会スケジュールをカレンダー形式で紹介する。 カレンダーへのジャンプ 2018年シー...

2018年7月トップ選手出場予定は次のページへ

大会出場予定【2018年】トップへ戻る