トップ選手大会出場予定【2018年】:錦織圭・ナダル・フェデラー他TOP50出場スケジュール

スポンサーリンク

2018年4月トップ選手大会出場予定

いよいよクレーコートシーズンが開始。
2018年4月は、「デビスカップ(国別対抗戦)」準々決勝が開催される他、ATPワールドツアー・マスターズ1000 の1大会、ATP500 の1大会、ATP250 の3大会と、4月末日から5月にかけてATP250 3大会が開催される。

また、マイアミ・オープン(ATP1000)」決勝戦は4月1日(日本時間4月2日)に開催される。※ マイアミ・オープン(ATP1000)」出場選手は2018年3月出場予定を参照

トップ50選手の出場予定【4月】一覧表へのジャンプ


4月9日~15日

  • マラケシュハッサン2世グランプリ(ATP250)」、クレーコート:ドロー
  • ヒューストンUS男子クレーコート選手権(ATP250)」、クレーコート:ドロー

4月15日~22日

  • モンテカルロRolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」、クレーコート:ドロー

4月23日~29日

  • バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」、クレーコート:ドロー
  • ブダペストハンガリー・オープン(ATP250)」、クレーコート:ドロー

4月30日~5月6日

  • エストリル・オープン(ATP250)」、クレーコート:ドロー
  • ミュンヘンBMWオープン(ATP250)」、クレーコート:ドロー
  • イスタンブールTEB BNPパリバ イスタンブール・オープン(ATP250)」、クレーコート:ドロー

マラケシュにビノラス、ヒューストンにソック、イズナーら出場

マラケシュハッサン2世グランプリ(ATP250)」には、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)、カイル・エドマンド(イギリス)、フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)、リシャール・ガスケ(フランス)などが出場を予定している。

※ ガエル・モンフィス(フランス)、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)は、マラケシュハッサン2世グランプリ(ATP250)」への出場を予定していたが、欠場となった。
ボルナ・チョリッチ(クロアチア)は、昨年マラケシュハッサン2世グランプリ(ATP250)」でキャリア初優勝を果たし、2018年連覇を目指していた。

ヒューストンUS男子クレーコート選手権(ATP250)」には、ジャック・ソック(アメリカ)、サム・クエリー(アメリカ)、ジョン・イズナー(アメリカ)、ニック・キリオス(オーストラリア)、昨年優勝のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)など、地元アメリカのトップ選手を中心に注目選手が出場を予定している。
また、ダニエル太郎(日本)も本選への出場権を獲得した。

ヒューストンUS男子クレーコート選手権(ATP250)」ニック・キリオス(オーストラリア)が出場を発表。ワイルドカードでの出場権を獲得した。

※ ケビン・アンダーソン(南アフリカ)、ヒョン・チョン(韓国)は出場を予定していたが、欠場となった。

トーナメント表(ドロー)

 

モンテカルロにナダル、ジョコビッチ、錦織圭他トップ選手集結

モンテカルロRolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」は、2018年クレーコート初のATPワールドツアー・マスターズ1000 の大会。

ラファエル・ナダル(スペイン)が、グランドスラム「全豪オープン」準々決勝以降、約3か月振りにツアーに復帰する。

さらに、錦織圭(日本)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、マリン・チリッチ(クロアチア)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、ドミニク・ティーム(オーストリア)を含め、ほとんどのトップ選手が出場を予定。最高峰のテニスが期待される。

ラファエル・ナダル(スペイン)は昨年「モンテカルロRolexマスターズ(ATP1000)」優勝。大会最多優勝記録(10回)を保持する。2018年は怪我からの復帰となり、そのパフォーマンスが注目される。
また、昨年準優勝のアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)も出場を予定している。

※ ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)は、モンテカルロRolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」での復帰を予定していたが断念。また、自身のツイッターにて、4月にひざの手術を受けたことを明かし、状態は良く、早期の復帰のに向け周囲含め前向きだと発信した。回復が待ち望まれる。

※ ガエル・モンフィス(フランス)が出場を予定していたモンテカルロRolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」への欠場を発表。 ガエル・モンフィス(フランス)は、インディアンウェルズBNPパリバ・オープン(ATP1000)」第3回戦で背中の故障により試合途中での棄権を余儀なくされて以来、大会を欠場。モンテカルロRolexモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)」直前の大会であるマラケシュハッサン2世グランプリ(ATP250)」にも開催直前に欠場を決めており、連続での大会欠場となる。状態が心配される。

トーナメント表(ドロー)

バルセロナにナダル、ティーム、錦織圭、ブダペストにプイユなど出場

バルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」には、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、ドミニク・ティーム(オーストリア)、ダビド・ゴファン(ベルギー)など多くのトップ選手が集結。錦織圭(日本)、杉田祐一(日本)も出場を予定している。

大会のセンターコートは、ラファエル・ナダル(スペイン)の名を冠した「Pista Rafa Nadal」。ラファエル・ナダル(スペイン)再度の優勝となるか、注目される。

また、昨年決勝戦ではラファエル・ナダル(スペイン)とドミニク・ティーム(オーストリア)のクレーコート王者対決が実現。両者再度の対決も期待される。

※ ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がバルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」への出場を決定。当初出場予定でなかったため、ワイルドカードでの出場権を獲得した。
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)のバルセロナ・オープン・バンコサバデル(ATP500)」への出場は、2006年以来12年振りのこととなる。
※ ケビン・アンダーソン(南アフリカ)は欠場となった。

ブダペストハンガリー・オープン(ATP250)」には、ルカ・プイユ(フランス)、ダミール・ズムル(ボスニア)、リシャール・ガスケ(フランス)、デニス・シャポバロフ(カナダ)などがエントリーし、出場を予定している。

※ フィリップ・クライノビッチ(セルビア)は、ブダペストハンガリー・オープン(ATP250)」への出場を予定していたが欠場となった。

トーナメント表(ドロー)

 

エストリルにアンダーソン、ミュンヘンにAズベレフ、杉田、イスタンブールにチリッチ出場

エストリル・オープン(ATP250)」には、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)、絶好調のジョアン・ソウザ(ポルトガル)などがエントリー。

その他、注目の若手ダニール・メドベデフ(ロシア)、フランシス・ティアフォー(アメリカ)、ステファノス・チチパス(ギリシャ)が出場を予定している。

2017年の優勝はパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)。2018年は大会連覇を目指す。
また、昨年準優勝のジル・ミュラー(ルクセンブルグ)も出場を予定。両者再度の対戦も期待される。

※ ニック・キリオス(オーストラリア)はエストリル・オープン(ATP250)」への出場を予定していたが、欠場となった。後のマドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」への欠場も同時に発表しており、状態が心配される。

※ ダビド・フェレール(スペイン)も、エストリル・オープン(ATP250)」への出場を予定していたが、欠場となった。ダビド・フェレール(スペイン)は、「デビスカップ(国別対抗戦)」準々決勝でスペイン代表としてシングルス試合に出場、最終第5試合で勝利を収め、母国を準決勝進出に導いた。しかしその後の大会には欠場。復帰が待ち望まれる。

ミュンヘンBMWオープン(ATP250)」には、地元のエースアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)に加え、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、ファビオ・フォニーニ(イタリア)、フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)、ガエル・モンフィス(フランス)、そして杉田祐一(日本)らが出場。
ヒョン・チョン(韓国)もエントリーし出場を予定している。
アンドレイ・ルブレフ(ロシア)は出場を予定していたが、欠場となった。

昨年優勝はアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)。 アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)はエントリーにあたり、”地元での連覇を目指す”と明言。活躍が期待される。
同じく地元のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)は、2016年、2012年、2007年と大会に3回優勝を果たしている。

イスタンブールTEB BNPパリバ イスタンブール・オープン(ATP250)」には、世界3位で昨年大会優勝マリン・チリッチ(クロアチア)が出場。その他、ダミール・ズムル(ボスニア)、アルヤズ・ベデネ(スロベニア)などが出場を予定している。
※ フィリップ・クライノビッチ(セルビア)、ボルナ・チョリッチ(クロアチア)、パブロ・クエバス(ウルグアイ)はイスタンブールTEB BNPパリバ イスタンブール・オープン(ATP250)」への出場を予定していたが、欠場となった。

トーナメント表(ドロー)

  

トップ選手大会出場予定【2018年4月】
世界テニス男子シングルス

順位選手4月9日4月15日4月23日4月30日
1ロジャー・フェデラー----
2ラファエル・ナダル-モンテカルロバルセロナ-
3マリン・チリッチ-モンテカルロ-イスタンブール
4グリゴール・ディミトロフ-モンテカルロバルセロナ-
5アレクサンダー・ズべレフ-モンテカルロ-ミュンヘン
6フアン マルティン・デル ポトロ----
7ドミニク・ティーム-モンテカルロバルセロナ-
8ケビン・アンダーソンヒューストン-バルセロナエストリル
9ダビド・ゴファン-モンテカルロバルセロナ-
10ルカ・プイユ-モンテカルロブダペスト-
11ジャック・ソックヒューストン---
12ノバク・ジョコビッチ-モンテカルロバルセロナ*-
13トマーシュ・ベルディヒ-モンテカルロ--
14サム・クエリーヒューストン---
15ロベルト・バウティスタ アグート-モンテカルロバルセロナミュンヘン
16ディエゴ・シュワルツマン-モンテカルロバルセロナミュンヘン
17ジョン・イズナーヒューストン---
18ファビオ・フォニーニ-モンテカルロ-ミュンヘン
19パブロ・カレーニョ ブスタ-モンテカルロバルセロナエストリル
20ニック・キリオスヒューストン*--エストリル
21スタン・ワウリンカ----
22アドリアン・マナリノ-モンテカルロバルセロナ-
23ヒョン・チョンヒューストン-バルセロナミュンヘン
24アルベルト・ラモス ビノラスマラケシュモンテカルロバルセロナエストリル
25ミロシュ・ラオニッチ-モンテカルロ--
26カイル・エドマンドマラケシュモンテカルロ-エストリル
27フィリップ・クライノビッチマラケシュモンテカルロブダペストイスタンブール
28ジル・ミュラー-モンテカルロ-エストリル
29アンディ・マレー----
30ダミール・ズムルマラケシュモンテカルロブダペストイスタンブール
31フィリップ・コールシュライバーマラケシュモンテカルロバルセロナミュンヘン
32フェリシアーノ・ロペスヒューストンモンテカルロバルセロナ-
33錦織圭-モンテカルロバルセロナ-
34アンドレイ・ルブレフ-モンテカルロバルセロナミュンヘン
35ダビド・フェレール-モンテカルロバルセロナエストリル
36ボルナ・チョリッチマラケシュモンテカルロ-イスタンブール
37リシャール・ガスケマラケシュモンテカルロブダペスト-
38ジョーウィルフリード・ツォンガ-モンテカルロ--
39フェルナンド・ベルダスコヒューストンモンテカルロバルセロナ-
40パブロ・クエバス-モンテカルロバルセロナイスタンブール
41カレン・カチャノフ-モンテカルロバルセロナ-
42ガエル・モンフィスマラケシュモンテカルロ-ミュンヘン
43杉田祐一-モンテカルロバルセロナミュンヘン
44ロビン・ハーセマラケシュモンテカルロ-エストリル
45レオナルド・メイヤー-モンテカルロバルセロナエストリル
46デニス・シャポバロフ-モンテカルロブダペスト-
47ブノワ・ペールマラケシュモンテカルロバルセロナエストリル
48アルヤズ・ベデネ-モンテカルロブダペストイスタンブール
49ジャレド・ドナルドソン-モンテカルロバルセロナ-
50ペーター・ゴヨブチック-モンテカルロバルセロナ-

※ 2018年3月19日付ATP 世界ランキング 50位までの選手の出場予定

※ いずれもエントリー時点の予定。その後、トーナメント表(ドロー)発表までの主な変更を更新している。
※ 日付は大会開始日

*: エントリー締切後に出場が決定した選手(ワイルドカード、他選手欠場による繰り上がりなど)

2018年3月トップ選手出場予定は次のページへ

大会出場予定【2018年】トップへ戻る