ロジャー・フェデラー年間大会出場予定スケジュール

photo credit: Lucky B 28927334 via photopin (license)

※ フェデラー、マドリッドは欠場
※ ジュネーブ、全仏オープン出場

ロジャー・フェデラー(スイス)の2021年の年間国際大会出場予定(シングルス)を紹介する。

2020年、ロジャー・フェデラー(スイス)はひざを2回にわたり手術。多くの大会への欠場を余儀なくされ、2020年の大会出場は1月グランドスラム「全豪オープン」のみとなった。

2021年初めは、グランドスラム「全豪オープン」への出場を見送り回復に専念した。

そして、2021年3月ドーハカタール・エクソンモービル・オープン(ATP250)」での復帰が決定!
ロジャー・フェデラー(スイス)が、1年1ヶ月振りにプレーを披露する。

今後の予定についてはドーハカタール・エクソンモービル・オープン(ATP250)」でのパフォーマンスを踏まえ、考えたいとしている。

順調な復帰が叶えば、グランドスラム「ウィンブルドン」、「東京オリンピック」、ハレノベンティ・オープン(ATP500)」、バーゼルスイス・インドアーズ・バーゼル(ATP500)」、ATPワールドツアー・マスターズ1000 大会などにも出場が想定される。

スポンサーリンク

ロジャー・フェデラー【2021年】
年間大会出場スケジュール

日程大会名ポイントサーフェス開催地
3月8日~13日カタール・エクソンモービル・オープンATP250ハードドーハ(カタール)
3月14日~20日ドバイ・デューティフリー・テニス選手権 欠場ATP500ハードドバイ(アラブ首長国連邦)
3月24日~4月4日マイアミ・オープン 欠場1000ハードマイアミ(アメリカ)
5月2日~9日ムトゥア マドリッド・オープン 欠場ATP1000クレーマドリッド(スペイン)
5月16日~22日ジュネーブ・オープンATP250クレージュネーブ(スイス)
5月30日~6月13日全仏オープン2000クレーパリ(フランス)

【2021年4月19日追記】
ロジャー・フェデラー(スイス)が自身のツイッターで5月「ジュネーブ・オープン(ATP250)」、そしてグランドスラム「全仏オープン」への出場を発表!
ジュネーブ・オープン(ATP250)」へは初めての出場となる。
フェデラーのツィートはこちら

また、出場を予定していたマドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」には欠場となった。
ロジャー・フェデラー(スイス)の復帰は、母国開催の「ジュネーブ・オープン(ATP250)」になる。

【2021年4月14日追記】
グランドスラム「全仏オープン」の出場選手が発表になり、ロジャー・フェデラー(スイス)のエントリーが公表された。
ロジャー・フェデラー(スイス)は、クレーコートでは、2021年マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」への出場を予定しており、翌週のローマBNLイタリア国際(ATP1000)」には欠場を決めている。

【2021年4月9日追記】
マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」は、2021年4月6日(現地時間)、ロジャー・フェデラー(スイス)の2021年大会エントリーを公表した。
出場が実現すれば、2021年3月ドーハカタール・エクソンモービル・オープン(ATP250)」以来のツアー出場となる。
クレーコート大会への出場は、2019年グランドスラム「全仏オープン」以来。
2019年は、マドリッドムトゥア マドリッド・オープン(ATP1000)」にも出場し準々決勝に進出した。ロジャー・フェデラー(スイス)は、大会で過去3回の優勝(2006年、2009年、2012年)を果たしている。

【2021年3月12日追記】
ロジャー・フェデラー(スイス)は、2021年3月ドーハカタール・エクソンモービル・オープン(ATP250)」でツアーに復帰。405日振りにプレーを披露し、復帰の試合、第2回戦(ベスト16)で勝利を果たした。
その後の準々決勝(ベスト8)ではフルセットの末に敗退。試合後、ロジャー・フェデラー(スイス)は、”トレーニングに戻ることがベストだと考える。” とツィート。翌週ドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ATP500)」への欠場を報告した。

【2021年3月3日追記】
マイアミ・オープン(ATP1000)」ロジャー・フェデラー(スイス)の欠場を発表した。
マイアミ・オープン(ATP1000)」後は、クレーコート・シーズンに入ることから、ハードコートの大きな大会は開催されず、ロジャー・フェデラー(スイス)の出場可能性は低いと推測られている。
6月以降、グラス(芝)コート大会への出場が期待される。

【2021年2月25日追記】
ロジャー・フェデラー(スイス)がマイアミ・オープン(ATP1000)」にエントリー。怪我からの回復次第ではあるものの、出場が予定されている。

【2021年2月16日追記】
ドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ATP500)」ロジャー・フェデラー(スイス)の大会出場を発表した。ロジャー・フェデラー(スイス)は大会第2シードとしての出場を予定する。
ただし、ロジャー・フェデラー(スイス)は、大会出場予定について、復帰の大会となるドーハカタール・エクソンモービル・オープン(ATP250)」でのパフォーマンスを踏まえ考えたいとしており、今後、変更の可能性はある。

【ラファエル・ナダル】出場スケジュール

ラファエル・ナダル年間大会出場予定スケジュール
※ ナダル、マイアミ欠場 ラファエル・ナダル(スペイン)の年間国際大会出場予定(シングルス)を紹介する。 202...

【アンディ・マレー】出場スケジュール

アンディ・マレー年間大会出場予定スケジュール
※ マレー、マイアミ欠場 2021年シーズン、アンディ・マレー(イギリス)の大会出場予定を紹介する。 2021年...

ロジャー・フェデラー【2020年】
年間大会出場スケジュール

2020年、ロジャー・フェデラー(スイス)は、1月グランドスラム「全豪オープン」に出場しシーズンのスタートを開始するが、その後の2020年2月20日(日本時間)、ロジャー・フェデラー(スイス)は右ひざの手術を行った。

手術以降は大会を欠場し、グラス(芝)コート・シーズンでの復帰を予定していたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行によりテニス大会は中止となった。

2020年6月10日、ロジャー・フェデラー(スイス)は自身のツィターで、数週間前に再度の手術を行ったこと、そして2020年シーズンの終了を発表した。
怪我からの回復が想定より芳しくなく再手術を決断したこと、100% の状態で復帰したいと綴った。

ロジャー・フェデラー(スイス)の2020年シーズンは、グランドスラム「全豪オープン」のみへの出場となった。
怪我からの回復、2021年の復活が待ち望まれる。

年間大会出場スケジュール【2020年】

日程大会名ポイントサーフェス開催地
1月20日~2月2日全豪オープン2000ハードメルボルン(オーストラリア)
9月20日~10月4日ドバイ・デューティフリー・テニス選手権ATP500ハードドバイ(アラブ首長国連邦)
3月12日~22日BNPパリバ・オープン 中止ATP1000ハードインディアンウェルズ(アメリカ)
3月25日~4月5日マイアミ・オープン 中止ATP1000ハードマイアミ(アメリカ)
6月15日~21日ノベンティ・オープン 中止ATP500ハレ(ドイツ)
6月29日~7月12日ウィンブルドン 中止2000ロンドン(イギリス)
7月25日~8月2日東京オリンピック 中止-ハード東京(日本)
8月16日~23日ウェスタン&サザン・オープンATP1000ハードシンシナティ(アメリカ)
8月31日~9月13日全米オープン2000ハードニューヨーク(アメリカ)
9月20日~10月4日全仏オープン2000クレーパリ(フランス)
9月25日~27日レイバーカップ 中止-ハード(室内)ボストン(アメリカ)
10月11日~18日上海マスターズ 中止ATP1000ハード上海(中国)
10月26日~11月1日スイス・インドアーズ・バーゼル 中止ATP500ハード(室内)バーゼル(スイス)

【2020年2月20日追記】

2020年2月20日(日本時間)、ロジャー・フェデラー(スイス)は、右ひざの関節鏡視下手術(関節内に内視鏡を挿入して行う手術)を受けたことを発表。
しばらくの間右ひざの怪我に悩まされており、ドクター、チームと相談し、スイスでの手術を決断した。
手術は2020年2月19日に行われ、成功したこと、ドクターからは完全に回復するだろうと言われたことも明かした。

これにより、ロジャー・フェデラー(スイス)は、出場を予定していたドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ATP500)」インディアンウェルズBNPパリバ・オープン(ATP1000)」、「マイアミ・オープン(ATP1000)」、グランドスラム「全仏オープン」に欠場する。
ロジャー・フェデラー(スイス)の2020年シーズン前半は、公式大会にはグランドスラム「全豪オープン」のみの出場となった。

復帰は、グラス(芝)コート・シーズン、2020年6月15日~21日開催のハレノベンティ・オープン(ATP500)」を予定している。
※ その後、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行により、大会開催が見送られた。

【2020年3月20日追記】
ATPツアーレベルの大会は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、2020年3月8日以降2020年6月7日まで開催されないことが決まった。

また、グランドスラム「全仏オープン」は時期が延期され、2020年9月20日~10月4日に開催の予定となった(当初予定5月24日~6月7日)。
グランドスラム「全仏オープン」はその後再度延期され、2020年9月27日~10月11日の開催を予定している。

【2020年3月24日追記】
東京オリンピック」は延期となった。

【2020年4月2日追記】
グランドスラム「ウィンブルドン」が中止を発表。ATPツアーは7月13日までの全大会の開催中止を発表した。
これに伴い、ロジャー・フェデラー(スイス)の復帰時期についても、少なくとも7月13日以降に延期されることとなった。

【2020年4月17日追記】
レイバーカップ」が2020年の開催中止、2021年への延期を発表した。
ロジャー・フェデラー(スイス)は、発表において、「延期を余儀なくされたことは残念だが、現在の状況を鑑みると正しい判断だと思う。」とコメントを寄せた。

【2020年5月16日追記】
ATPツアーは、新型コロナウイルス(COVID-19)流行のため、大会の開催中止を延長し、2020年7月末までは開催されないことが決まった。

【2020年6月11日追記】
ロジャー・フェデラー(スイス)は、2020年6月10日(現地時間)、数週間前に再度の手術を行ったこと、そして2020年シーズンの終了を発表した。

ロジャー・フェデラー(スイス)の怪我からの回復、そして復活を祈りたい。

【2020年】テニス国際大会カレンダー

2020年 国際大会カレンダー(ATP・グランドスラム・オリンピック・デビスカップ)
2020年世界テニス男子シングルス、国際大会スケジュールをカレンダー形式で紹介する。 カレンダーへのジャンプ 2020年シー...

ロジャー・フェデラー 2019年の出場スケジュールは次のページへ