【最新】ATP世界ランキングTOP100:テニス男子シングルス

スポンサーリンク

ATP世界ランキング 2021年履歴(続き)

世界ランキング TOPへ戻る

2021年1月25日・2月1日

世界男子テニスでは、開幕の大会デルレイビーチ・オープン(ATP250)」アンタルヤ・オープン(ATP250)」終了後、ATPツアーレベルの大会は開催されていない。

次の大会開催は2月1日開始のメルボルン1マレー リバー・オープン(ATP250)」及びメルボルン2グレート オーシャン ロード・オープン(ATP250)」、そして2月2日開始の国別対抗戦「ATPカップ
結果は、大会終了後の月曜日である2月8日に反映される。

このため、2021年1月25日付・2021年2月1日付世界ランキングについては、上位選手のランキングに大きな変更はない。

2021年1月25日付・2021年2月1日付世界ランキングいずれも、世界1位 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、世界2位 ラファエル・ナダル(スペイン)、世界3位 ドミニク・ティーム(オーストリア)、世界4位 ダニール・メドベデフ(ロシア)、世界5位 ロジャー・フェデラー(スイス)で変更なし。

錦織圭(日本)も世界41位をキープした。

2021年1月18日

ATPワールドツアー開幕!2021年1月7日~13日は、ATP250 の2大会が開催された。

「デルレイビーチ・オープン」2021年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:ガリン・イズナー他出場
※ 決勝戦結果 2021年シーズン開幕! 「デルレイビーチ・オープン(ATP250)」トーナメント表(ドロー)が発表された。...
「アンタルヤ・オープン」2021年トーナメント表(ドロー)結果あり・全出場選手:ベレッティーニ・ゴファン・フォニーニ他出場
※ 決勝戦結果 2021年シーズン開幕! シーズン最初の大会である「アンタルヤ・オープン(ATP250)」のトーナメント表(...

デルレイビーチ・オープン(ATP250)」優勝を果たしたのは、フベルト・フルカチ(ポーランド)!

フベルト・フルカチ(ポーランド)は、大会に第4シードとして出場。
全試合でストレート勝ちを収め、堂々の優勝。ツアー2度目のタイトルを獲得した。

フベルト・フルカチ(ポーランド)は初戦の第2回戦でわずか59分、決勝戦も68分で勝利し、好調ぶりをみせつけた。

フベルト・フルカチ(ポーランド)の世界ランキングは、世界35位から世界29位に上昇した。
最高のシーズンスタートを切った23才、今後の更なる活躍が注目される。

大会準優勝はセバスティアン・コーダ(アメリカ)。

2000年生まれ20才の新星、ATPワールドツアーでは初めての決勝戦進出となった。

セバスティアン・コーダ(アメリカ)は、準々決勝でジョン・イズナー(アメリカ)に勝利。準決勝ではキャメロン・ノーリー(イギリス)にも勝利を果たした。

セバスティアン・コーダ(アメリカ)のランキングは、世界119位から世界103位へと大きく上昇。自己ベストの更新を達成した。

また、ジョン・イズナー(アメリカ)は、世界25位から世界24位に上昇した。

アンタルヤ・オープン(ATP250)」優勝は、アレックス・デ ミノール(オーストラリア)!

21才、ツアー4度目のタイトルを獲得した。

アレックス・デ ミノール(オーストラリア)は大会準々決勝でニコロス・バシラシヴィリ(ジョージア)にストレートで勝利、準決勝ではダビド・ゴファン(ベルギー)に勝利を果たし決勝戦へと進出した。

決勝戦は、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)の怪我のため、開始7分で終了となった。

アレックス・デ ミノール(オーストラリア)のツアー決勝は8回目。今回を含め、全て屋外でのハードコート大会となった。

アレックス・デ ミノール(オーストラリア)の世界ランキングは、世界23位をキープした。
母国開催のグランドスラム「全豪オープン」を控え、ますますの活躍が期待される。

大会準優勝はアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)。
決勝の舞台へと進出するも、右足首の怪我のため無念の途中棄権を余儀なくされた。

アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)は、準々決勝で大会第1シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)にストレート勝ちを収め、準決勝で好調ジェイミー・シャルディ(フランス)に勝利。
しかし、準決勝の試合中に右足首を痛め、決勝戦では途中棄権という結果に終わった。
右足首は捻って故障したと語っている。早期の回復を祈りたい。

ランキングでは、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)は世界49位から世界45位へと上昇。自己ベスト更新を達成した。

その他、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)は世界10位をキープ。
ダビド・ゴファン(ベルギー)は、世界16位から世界14位に上昇した。

2021年1月18日付世界ランキングも、世界1位 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、世界2位 ラファエル・ナダル(スペイン)、世界3位 ドミニク・ティーム(オーストリア)、世界4位 ダニール・メドベデフ(ロシア)、世界5位 ロジャー・フェデラー(スイス)は変更なし。

錦織圭(日本)も世界41位をキープしている。

2021年1月4日~2021年1月11日

2020年シーズンのATPツアーは、ATP ワールドツアー・ファイナルNitto ATP ファイナルズ)」をもって全ての大会が終了。オフシーズンに入った。

新型コロナウイルス(COVID-19)世界的流行によりスケジュールが変更となり、ツアー2021年のツアー開幕は、1月7日開始のデルレイビーチ・オープン(ATP250)」アンタルヤ・オープン(ATP250)」を予定している。

このため、上位選手の順位は、2020年11月23日付世界ランキングから大きな変更はない。
※ 2021年1月より、ランキングの計算方法は直近24ヶ月・最高19大会+αに変更となった。

2021年1月4日・1月11日付世界ランキングいずれも、世界1位 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、世界2位 ラファエル・ナダル(スペイン)、世界3位 ドミニク・ティーム(オーストリア)、世界4位 ダニール・メドベデフ(ロシア)、世界5位 ロジャー・フェデラー(スイス)。

錦織圭(日本)も、世界41位をキープした。

【2020年】ランキング履歴はこちら

2020年最終発表ATP世界ランキングTOP50:テニス男子シングルス
※ 2020年ランキング履歴追加 2020年テニス男子シングルス、年末ATP世界ランキングとランキング履歴を紹介する。 2020...