【最新】ATP世界ランキングTOP 50:テニス男子シングルス

スポンサーリンク

ATP世界ランキング 2018年履歴(続き)

ランキングトップに戻る

2018年3月19日

2018年3月8日~18日は、2018年初のATPワールドツアー・マスターズ1000 の大会、インディアンウェルズBNPパリバ・オープン(ATP1000)」が開催された。

大会優勝は、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)!

決勝戦で世界1位ロジャー・フェデラー(スイス)に見事勝利を収め、自身初のATPワールドツアー・マスターズ1000 初優勝!を果たした。

フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、直前の大会であったアカプルコアビエルト・メキシカーノ・テルセル(ATP500)」に引き続き優勝
世界ランキングは、世界8位から世界6位へとランクアップを達成した。2018年も活躍が期待される。

大会準優勝となったロジャー・フェデラー(スイス)は、世界ランキング1位をキープした。

インディアンウェルズBNPパリバ・オープン(ATP1000)」準決勝に進出したのは、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と21才の若手ボルナ・チョリッチ(クロアチア)。

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は怪我からの復帰後初めての準決勝進出。準決勝では、強風に苦しみフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)にストレートでの敗戦を喫した。
準決勝進出により、ランキングは世界38位から世界25位に戻した。

ボルナ・チョリッチ(クロアチア)は、同大会で急成長をみせ、初めてのATPワールドツアー・マスターズ1000 準決勝に進出。
準決勝では、世界1位ロジャー・フェデラー(スイス)と対戦、フルセットの末に敗退するが、第1セットを奪い終始試合をリードするという好プレーを披露した。
ボルナ・チョリッチ(クロアチア)の世界ランキングは、49位から世界36位へと大きくランクアップ。今後も更なる成長と活躍が期待される。

大会準々決勝に進出したサム・クエリー(アメリカ)は世界21位から世界14位フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)は世界37位から世界31位にランクを上昇させた。

同じく準々決勝進出のヒョン・チョン(韓国)は、世界26位から世界23位となりまたもや自己ベストを更新した。
21才のヒョン・チョン(韓国)は、準々決勝でロジャー・フェデラー(スイス)と対戦。ロジャー・フェデラー(スイス)の世界1位キープを懸けた戦いとなり、スーパーショットの連発で挑むが、第2セットでは2回のブレイクを許しストレートでの敗退となった。

そして、ダニエル太郎(日本)は第2回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦し、なんと勝利
大会最多記録タイ(5回)を保持する王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)のリズムを完全に崩し、フルセットの末に勝利を収めた
ダニエル太郎(日本)はその後、第3回戦で敗退となり、世界ランキングは、世界109位から世界111位へと下落した。

杉田祐一(日本)、西岡良仁(日本)は初戦敗退。
杉田祐一(日本)は、その後チャレンジャーツアーにも出場するが、初戦で敗退となった。ランキングは、世界40位から世界43位に下落した。
西岡良仁(日本)は世界255位から世界374位になった。

錦織圭(日本)は風邪のため大会に欠場。昨年準々決勝進出のポイントを失い、世界25位から世界33位へと下落した。

また、怪我により欠場となったスタン・ワウリンカ(スイス)は、昨年準優勝のポイントが剥落し、世界11位から世界21位へと大幅なランクダウンを余儀なくされた。

今回も、世界1位ロジャー・フェデラー(スイス)、世界2位ラファエル・ナダル(スペイン)、世界3位マリン・チリッチ(クロアチア)は変更なし。

3月21日から4月1日は、続けてATPワールドツアー・マスターズ1000 の大会、マイアミ・オープン(ATP1000)」が開催される。
錦織圭(日本)、ロジャー・フェデラー(スイス)、マリン・チリッチ(クロアチア)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)など多くのトップ選手が出場する。
ポイントは優勝者に1000 ポイントと大きく、引き続きランキングにも変化があり得る。
各選手の活躍に期待したい。

トーナメント表(ドロー)はこちら

「マイアミ・オープン」2018年トーナメント表(ドロー)結果あり:錦織圭・フェデラー・ジョコ出場
「マイアミ・オープン(ATP1000)」2018年!トーナメント表(ドロー)を紹介する。 大会には、錦織圭(日本)、ロジャー・...

【3月25日追記】
マイアミ・オープン(ATP1000)」にて、ロジャー・フェデラー(スイス)がまさかの初戦敗退。次回4月2日付ランキングで世界1位から世界2位に下落することが確定した。
次回4月2日付ランキングでは、世界1位ラファエル・ナダル(スペイン)、世界2位ロジャー・フェデラー(スイス)となる。
さらに、ロジャー・フェデラー(スイス)は、2017年に引き続き、クレーコート・シーズンは大会を欠場すると発表した。

2018年3月5日

2月26日~3月5日は、ATP500 の2大会とATP250 の1大会が開催された。

アカプルコアビエルト・メキシカーノ・テルセル(ATP500)」には、錦織圭(日本)、アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、ドミニク・ティエム(オーストリア)、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)など多くのトップ選手が出場。

大会を制したのは、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)!

フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、準々決勝でドミニク・ティエム(オーストリア)、準決勝アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)、そして決勝ではケビン・アンダーソン(南アフリカ)に勝利し、見事優勝を果たした。
ATP500 レベルの大会では2013年以来の優勝。フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は世界ランキング9位から世界8位へと上昇した。今後も更なる活躍が期待される。

アカプルコアビエルト・メキシカーノ・テルセル(ATP500)」準優勝のケビン・アンダーソン(南アフリカ)は、世界8位から世界9位となった。

アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)は世界5位ドミニク・ティエム(オーストリア)は世界6位をそれぞれキープしている。
また、同大会準決勝に進出した21才ジャレド・ドナルドソン(アメリカ)が世界59位から世界48位となり、自己ベストを更新した。

錦織圭(日本)は初戦敗退となったが、アンディ・マレー(イギリス)の下落により、ランキングは世界26位から世界25位へと上昇した。

ドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ATP500)」優勝は、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)!
キャリア8回目、2018年はオークランドASBクラシック(ATP250)」に続き2回目の優勝ATP500 では初めての優勝を果たした。

ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)は優勝により、世界ランキング23位から世界16位とランクアップを達成した。

ルカ・プイユ(フランス)は、直前の大会マルセイユオープン13(ATP250)」準優勝に引き続き、ドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ATP500)」でも準優勝。
ランキングは、世界15位から世界12位へと上昇し、自己ベストを更新した。

杉田祐一(日本)は、同大会準々決勝に進出し、世界42位から世界40位へとランクを戻した。
準々決勝ではルカ・プイユ(フランス)と対戦し、フルセットの末に敗退した。

サンパウロブラジル・オープン(ATP250)」優勝ファビオ・フォニーニ(イタリア)は世界20位から世界19位へ上昇、同大会準優勝のニコラス・ジャリー(チリ)は世界73位から世界61位へと大幅に上昇し、自己ベストを更新した。
ニコラス・ジャリー(チリ)は、同大会でATPツアー初の決勝進出となった。

アンディ・マレー(イギリス)は、昨年「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権(ATP500)」優勝のポイントを失い、世界21位から世界29位へと更にランクを下げた。

ラファエル・ナダル(スペイン)は、アカプルコアビエルト・メキシカーノ・テルセル(ATP500)」への出場を予定していたが、右臀部の怪我により欠場。さらに、続くインディアンウェルズBNPパリバ・オープン(ATP1000)」、「マイアミ・オープン(ATP1000)」にも欠場を決めている。

世界1位ロジャー・フェデラー(スイス)、世界2位ラファエル・ナダル(スペイン)、世界3位マリン・チリッチ(クロアチア)は変更がなかった。

2018年2月のランキング履歴は、次のページへ(フェデラー1位復活ほか)

ランキングトップに戻る